page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「胡椒 パラオ」の見どころ情報

胡椒 パラオに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「胡椒」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


土鍋料理に弱い人なら絶対にはまる砂鍋。写真は「丸子砂鍋(ワンズシャーグオ)」と呼ばれ、牛肉だんご入り
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
2年ぶりの西安で最初に食べたのは、砂鍋(シャーグオ)!これは、豆腐、野菜、春雨、肉がぎゅうぎゅうに入った一人鍋です。まずはスープを一口。思いっきり胡椒味!ああ、これが西安の味。西安に帰ってきたという実感がわいてきました。西安の人は、胡椒味が大好きな人が多いようです。とにかくスープに胡椒をきかせます。国土があまりにも広大すぎて、大陸の東西南北で好みの味が全く違う中国で、どの地方の中国人も「美味しい!」と絶賛するのが西安グルメです。これには私も全く同感!西安は、胡椒をはじめ、スパイシーな料理が好きな人なら、何を食べても美味しい町です。

この記事の続きを見る


チェーン店だけど、、、
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回紹介したい筆者のおすすめコーヒーショップは、チェーン展開するLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)です。チェーン展開されていても各店舗ごと、フードクオリティや店舗・空間デザインがしっかりしていてどこに行ってもハズレがない印象が強いブランドカフェです。またフードに使用されているものは、塩胡椒やはちみつ、ジャムに至るまで全てオーガニックにこだわったオーガニックカフェとしても有名です。ジャムやはちみつは、店頭でも購入可能ですよ。元々はベルギーでスタートしたカフェですが、今ではイタリア、スイス、フランス、オーストラリア、カナダ、クウェート、ロシア、スペイン、トルコ、イギリス、アメリカ(都市部のみ)で展開されているそうです。テイクアウトも充実していますが、今回はイートインしてきました!

この記事の続きを見る


スペキュラースの名前の由来は、聖ニコラスを意味するラテン語のspeculatorや、スパイスを意味するオランダ語のspecerijなど諸説あります。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
スペキュラース (speculaas) はキャラメルの香ばしさのなかに、生姜やシナモン、ナツメグなどのスパイスがふんわり香る、オランダ伝統のスパイスクッキーです。スペキュラースが生まれた17世紀のオランダでは、オランダ東インド会社の香辛料貿易によって豊富なスパイスが流通していました。スペキュラースの生地には、クローブ、アニス、カルダモンなど、様々なスパイスが練りこまれています。スペキュラースはもともと、聖ニコラスの日 (12月5日に祝うオランダのクリスマス) のために焼かれていたクッキーで、シンタクラース (Sinterklaas) や侍従のズワルト・ピート (Zwarte Piet) など、クリスマスにちなんだ押し型で作られていました。現在ではスーパーでも手軽に購入でき、風車型のスペキュラースはオランダのお土産としても人気です。一年中食べられるスペキュラースですが、クリスマスシーズンに向けて家庭での手作りもお勧めです。

この記事の続きを見る


ワルシャワ中心部にある料理教室「Polish
  • テーマ:
  • おケイコ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
みなさんはポーランド料理というと何を思い浮かべるでしょうか?先日、旦那さんがスペイン人というポーランド人の奥さまと話をした時、彼女はスペイン料理が素材を活かして味付けが素朴な料理が多いのに対し、ポーランド料理は火をじっくりと通して煮込んだり、ソースをかけたりするものが多いと言っていました。確かに旅先で出会ったポーランド料理は、スープ、煮込み、ソースが印象的。あとはソーセージやジャガイモ、パンが美味しく感じました。さて、そんなポーランド料理の中でも比較的よく知られており、旅行中に食べる機会もあると思うのが「ピエロギ」です。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾は、言わずと知れたグルメ天国ですね。そこで初めての台湾で、味わいたい料理をご紹介していきます。朝食からいきましょう。まずは、「豆漿(ドウジアン)」と「鹹豆漿(シエンドウジアン)」です。豆漿は豆乳、鹹豆漿はおぼろ豆腐風スープで、豆乳に酢、干しえび、ザーサイなどを加えたものです。こちらは、豆乳にあまり馴染みがない人でも食べやすい一品です。豆乳や鹹豆漿に揚げパンである「油條(ヨウジアン)」を浸して食べるのが、台湾流です。また、卵入りの厚めのクレープ状の「蚕餅(ダンピン)」、釜で焼いたパンにねぎの入った卵焼きをはさんだ「厚餅夾蛋(ホウピンジャータン)」も人気です。これらが味わえるおすすめのお店は、「阜杭豆漿 (フーハンドゥジャン)」です。行列のできる人気店ですので、早起きしていくのがおすすめです。

この記事の続きを見る


見どころいっぱいの台北を楽しもう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
気候は温暖で食べ物も美味しい台湾へは、日本から約3時間半のフライトで行けて、時差は1時間です。手頃な値段のパックツアーもあり、週末の2泊3日でも楽しめる人気の旅行先です。台湾は、地下鉄やバスなどの乗り方もわかりやすく、親日家も多いので、初めての海外旅行先にも適しています。台湾の首都である台北には、見どころがたくさんありますが、まずは訪れたいトップ5をご紹介しますね。

この記事の続きを見る


写真はカチン料理店ムーアイ(下記参照)の料理。ザルの上に様々な総菜がのっている
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
ミャンマー料理は、全体にこってり&濃厚なのが特徴。重過ぎるかも、と言う人がいるのもわかります。でもそれは、人口の7割近くを占めるビルマ族の料理の話で、実はミャンマーは135もの民族を擁する多民族国家。最大都市ヤンゴンでは、趣きを異にする様々な少数民族の料理も味わえます。かつては少数民族料理店といえばシャン族とラカイン族のものくらいしか目に付きませんでしたが、2016年頃からの少数民族料理店ブームで、いまや選択肢が拡大。ここでは定番店ではなく、比較的最近オープンしたニューフェースをご紹介します。

この記事の続きを見る


オランダのドロップは日本語のドロップの語源とされています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
【前編】の続きです。オランダのスイーツのうち、最もユニークな見た目と味を持つのがドロップ (drop) です。リコリスと塩化アンモニウムで味付けされ、北欧ではサルミアッキと呼ばれます。生薬としても使われるリコリスには抗炎症作用等があり、ドロップには咳を鎮める効果もあります。オランダでは子供から大人まで幅広く愛されているスイーツですが、外国人の間では「世界一まずい」と話題になることもしばしばです。カーボンブラックで着色された真っ黒な見た目、強い塩味とアンモニア臭、タイヤのような食感は、美味しい!といただくことが難しいです。ただし、色々な種類を食べ比べているうちに、美味しいと思えるドロップが見つかったり、次第にそのクセのある味にはまったり、ドロップには奥深い魅力があります。とりあえずは「世界一まずいキャンディー」として日本に持ち帰り、「やっぱりまずい!」と皆で笑ってお土産話に花を咲かせるのも楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


大胆に広く開け放たれたレストランの窓
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
そのレストランはアラチャトゥから3キロほど南のアラチャトゥ・ポート(港)にあるという。港へ近づくに連れて海沿いには真っ白で大きな館が、そしてそこかしこにプール付きの大きなホテルが現れた。それら全てが、今までトルコでは見たことのないゴージャスな建物ばかり。この辺り一帯に何ともセレブな雰囲気が漂っていている。ここはトルコなのか?いや、これがトルコなのかも知れない。そして目指すレストラン・ラガダは海に突き出たハーバーの上に建っていた。たくさんのヨットがレストランから乗り込めるほど近くに停泊している。海に面した1枚ガラスのテラスウィンドウは開け放たれ、爽やかな風が入ってくる。抜群の環境、素晴らしい景色。エーゲ海の、海の真上で食事をするみたいな、この上ない贅沢。

この記事の続きを見る


フレンチトースト×ブラックペッパー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
お茶の時間だったので、おやつとコーヒーを注文しました。まずはフレンチトースト!一見するとよく見慣れたフレンチトーストですが、食べてみると…。甘いパンにふわっとペッパーが香ります!これが違和感なく不思議とマッチするんです。一緒についてきたソースはチョコレートとハニー。チョコレートにもふんだんにブラックペッパーが使われていました。チョコの甘さの中でペッパーの風味とほんのりとしたスパイシーさが感じられ、甘・辛のリズムが楽しいお味でした。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。胡椒 パラオに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介