page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「航空券 検索」の見どころ情報

航空券 検索に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「航空券 検索」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果16

1 2 末尾 次へ


検索サイトは24時間、いつでも航空券を探すことができる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空券を探すときに多く利用されているのが航空券検索サイトである。日程、目的地などを入力すれば、さまざまなルートの航空券が提示され、安い順や所要時間の短い順などに並べ替えられることができ、「複数都市の周遊」「直行便のみ」「航空会社指定」「時間帯指定」などもできる。さらに「この航空会社以外」といった表示もでき、かなりカスタマイズして航空券検索ができるようになっている。運賃も燃油サーチャージ、諸々の空港での保安料の類も含められているので、総額で表示される。 検索サイトは航空会社や旅行会社のサイトとリンクしていて、いわば検索サイトは航空券を探すだけで、検索サイトと契約して航空券を購入するわけではない。予約をクリックすると、その航空券を扱っている航空会社や旅行会社のサイトへ移動する仕組みになっている。 1円単位の総額表示であるが、空港の保安料などは外貨建てのものを日本円に換算しているので、実際に予約をすると、若干の数字の誤差は生じる場合はある。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


意外と簡単なインド国内線航空券購入
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
筆者はインドの国内線航空券を自分でネット購入するのは、ハードルが高そうに思っていました。しかしながら最近、自分で購入してみて、コツさえ掴めば、意外と簡単なことがわかりましたよ。インドの国内線は、同じ日に同じ行き先でもフライト時刻により、運賃に大きな差があります。一日のうちに値段が変動することも珍しくなく、また、一ヶ月以上前に買えば、かなりお得なお値段で買えます。その辺を考慮したインド国内航空券をかしこく手に入れる方法をご紹介します。

この記事の続きを見る


日系企業の多いデリーINよりもムンバイINしてみよう!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
インドへ行くとなると、大抵の場合、首都であるデリーから入る方が多いと思います。筆者もずっとそうでした。しかし、前回初めてANAで成田〜ムンバイ間を移動したのですが、同じくANAの成田〜デリー間と比べて、空席が多かったんです。もちろん、シーズンや曜日にもよるかと思いますが、今までANAで成田〜デリー間に何回か搭乗しましたが、ほぼ満席でした。インドに進出している日系企業の約90%以上が、デリーにオフィスを構えていると言われています。ですので、デリー便の方がムンバイ便よりも混んでいるのではと推測しました。

この記事の続きを見る


インド、ネパール両国を旅する新ルート発見
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
筆者は、インド、ネパールを共に訪れることが多く、今までに色々な航空会社で様々なルートで旅してきました。そして、今回利用したANAとインドの航空会社ジェットエアウェイズのコードシェア便の新ルートが良かったので、ご紹介致しますね。筆者は今年の2018年6月から7月にかけて日本からネパール、インドを訪れ、日本に戻る予定になっています。わかりやすいようにその例を使います。2018年2月現在、ANAのホームページで2018年6月から7月にかけての航空券を購入するとこのようになりますというシミュレーションです。まず、往路は成田12:30発でムンバイ17:45着で、こちらはANA便になります。そして、翌朝のムンバイ8:10発、カトマンズ11:10着の便はジェットエアウェイズの運航ですが、ANAとのコードシェア便です。そして、帰路はカトマンズ15:50発、ムンバイ18:30着のジェットエアウェイズ便に乗り、ムンバイでトランジット。ムンバイ20:20発で成田翌朝8:40着のANA便にて日本に戻ります。

この記事の続きを見る


イエローナイフで見るオーロラ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/イエローナイフ 
オーロラの聖地ともいえるカナダのイエローナイフ。一度は行ってみたいと思う方も多いのでは。ですが、たどり着くまでがなかなか大変。添乗員つきのパッケージツアーでしたら、親切な添乗員さんが連れて行ってくれますが、個人旅行ではハードルが高かったことは事実です。今までは、エアカナダを利用してカルガリーまで飛び、そこでイエローナイフ便に乗り継ぎをするのがベストな方法でした。ただし、このイエローナイフ便、機材が小さいので、繁忙期には席がないことも。もしかしたら、席がなくてイエローナイフ行きを諦めた方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事の続きを見る


モントリオールに直行便でGO!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
日本の紅葉も見事なものですが、カナダの紅葉も見事なものです。特に紅葉の名所として、ローレンシャン高原はとても有名。写真でご覧になった方も多いのでは? カナダが誇る観光の道、メープル街道でも一番人気です。メープル街道とは、カエデの木にちなんだ名前です。あのメープルシロップがとれるメープルですよ。このあたりは山あり湖ありのリゾート地。リゾートホテルや別荘もたくさんあります。日本の旅行者には、ローレンシャン高原というと秋の紅葉シーズンのイメージが強いですが、スキー場もあり、夏場も様々なアクティビティで楽しめるということで、オールシーズンOKの世界的なリゾート地です。今回は、そのローレンシャン高原とその周辺についてお話しましょう。

この記事の続きを見る


バンコクの中心部の凄まじい交通渋滞
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
(その1より続く)数年前まで、東南アジアツアーといえば、ガチガチのパックツアーが割安でした。例えば、タイ4日間で、バンコクの水上マーケットやエメラルド寺院を見学、アユタヤでは世界遺産の遺跡見学、若干のフリータイムのほか、移動途中ではお土産屋に立ち寄りショッピング。三食食事付きで、ホテルは中級クラス以上で快適。こんなツアーのいいところは、日本の空港まで行けば、あとは係員が荷物出しなど手伝ってくれ、現地では現地ガイドと専用バスがあり、何も困ることなく旅ができるのです。しかも往復航空券を買うより格安で旅行ができたものです。しかし最近は、料金は4日間で10万円弱と、とくに格安でもなくなり、数も少なくなっています。ネットで調べる時は「タイ観光付きツアー」で検索してください。一般的なツアーというより、2番手のツアーになっているのです。

この記事の続きを見る


繁忙期の海外旅行の予約はいつからOK?
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
有給休暇がまとめてとれたらいいのですが、会社員の休暇は、どうしてもゴールデンウィークや夏休みになってしまいますね。ようやく休みの日程か決まり、さっそく旅行会社に連絡するとすでに飛行機がいっぱい……。そんな経験はありませんか? 出遅れてしまった感いっぱいで残念ですよね。結局、どこにも出かけなかったとか、近場でガマンしたとか、そんな話をよく聞きます。今回は、海外旅行の予約のタイミングのコツをご伝授しましょう!

この記事の続きを見る


ここまで表示が出るのに買えない航空券
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 中南米/コロンビア/サンタフェデボゴタ 
南米への旅行では、日本から南米までのフライトは丸1日以上かかるため、旅先の移動も時間節約を考えて飛行機を使いたいものですよね。現地のLCCを利用すれば費用が抑えられてお得なのですが、私が利用した中で購入に一癖ある航空会社がありました。それはコロンビアのLCC「Viva Colombia」です。その理由と攻略(?)方法を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。航空券 検索に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介