page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「蘇州 土産」の見どころ情報

蘇州 土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「蘇州 土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


買い物をしたい、博物館をまわりたい、夜景が見たいなど、旅の目的に合わせて賢くホテルは選びたい。
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
ホテルは旅の目的に合わせて選ぶのがポイントです。上海も狭いようで広いですから、お買い物をメインにするならこのホテル、夜景をたっぷり楽しむならあのホテルとオススメするホテルも変わってきます。そこで、今回は上海から水の都杭州や、東洋のベニス蘇州、またそれよりももっと遠い地方都市へと考えていらっしゃる方には特にオススメのホテルをご紹介したいと思います。勿論上海市内へのアクセスも抜群ですから、ご期待下さい。

この記事の続きを見る


朱家角は上海からの半日観光にはちょうどいい距離。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/朱家角 
「江南」とは私がご紹介している上海やその周辺(蘇州・無錫など)を指しますが、この地域は湿地帯であるため、多くの水郷があることでも大変有名です。その中でも特に有名な杭州は上海からバスで約3時間、蘇州は2時間程度かかり、じっくり観光しようと思うと、最低でも1日から2日はかかります。観光のメインは上海だけど、水郷にも足を運びたいと言う方に、今回は半日観光でも十分本格的な水郷を満喫できる水郷古鎮朱家角をご紹介します。

この記事の続きを見る


一人ではなかなか足を運ぶ事が難しい小さい水郷ですが、最近では日本からのツアーでも日程が組まれているようです。ちょっとコアな水郷は、必見のスポットです。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海周辺の水郷といえば、蘇州や杭州がとても人気が高く有名ですが、江南地方には他にも小さな水郷が数多くあります。小さな水郷はアクセスが少し不便なため、個人旅行ではなかなか行く事が難しいのですが、そのぶん風情のある町並みとゆったりとした人の流れが残っていて、海外ツアー客だけではなく、上海の方々にも人気があるようです。今回ご紹介する烏鎮は、上海と杭州のちょうど中間地点にある小さな水郷で、杭州に行くついでに足を運ぶ人たちも増えている注目のスポットです。

この記事の続きを見る


ライトアップされた水郷・蘇州の山塘街。昼間とは全く違う風景が広がり、観光客は勿論地元の方々も多く訪れ賑わっている。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘇州 
中国鉄路高速CRHの開通で、上海からのアクセスがますます便利になった蘇州は、寒山寺や留園、また拙政園など有名な観光スポットが沢山あり、上海観光とあわせて是非立ち寄って頂きたい都市のひとつです。蘇州は水と緑の美しい街で、別名「東洋のベネチア」とも呼ばれています。その名の通り、街のいたるところに水路があり、水郷独特の景色が広がっています。今回はそんな水郷の中でも夜景がとっても美しい山塘街をご紹介します。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2010-03-19
茶の量り売りの風景
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
3月に入ると、浙江省、福建省など、中国のお茶どころでは茶摘みが始まります。お茶は、摘む直前の天候が大事なので、急に寒くなったりしないか、雨が多くないか、お茶好きの人たちは、天候を気にしながらそわそわする毎日。中国のお茶にはいろいろな種類がありますが、まずそのトップを切って茶摘みが始まるのは「緑茶」。浙江省杭州でとれる、平たい形の葉が特徴の「龍井」、江蘇省蘇州でとれる小さくまるまった葉が特徴の「碧緑春」などが代表です。3月下旬から4月中旬にかけて茶摘みが行われ、特に4月上旬の「清明節」の前に摘まれたものは、「明前茶」と呼ばれ、緑茶のなかでは極上とされます。こうした茶が店頭に到着すると、「新茶上市」と店内に札が貼られたりもします。

この記事の続きを見る


水の都、江南地方独特の風景。水面に映る白壁がとても美しい。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
日本から上海へいらっしゃった方に、「上海まで来たら是非近くの水郷にも足をのばしたい」とよく言われます。各ツアーでも、上海と一緒に蘇州や無錫、古都杭州などを巡る旅が多くありますね。一言に水郷と言っても、上海の周りには沢山あって、交通の便がいいところや、そうではないところ。観光地化されている場所から、ほぼ手つかずの水郷まで様々です。その中でも今回は比較的上海から行きやすく、昔のままの生活が残っている水郷をご紹介します。

この記事の続きを見る


新茶の入荷をつげるお茶屋さんの貼紙
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
春は、北京のお茶好きにとって、そわそわと落ち着かない季節。3月中旬から緑茶の茶摘みが始まり、3月下旬から4月上旬にかけて、その一番摘みのお茶がお店に出てくるからです。緑茶に続いて、初夏にかけては加工期間の長いウーロン茶や、ジャスミン茶、プーアール茶の新茶が出てきますが、一年のお茶のトップバッターは緑茶。長い冬があけた喜びが感じられる飲み物なのです。また、茶摘みの前のちょっとしたお天気の変化で、味も値段も大きくかわってしまうデリケートな緑茶、2009年の出来具合は、いったいどうなのか、お茶好きとしては、気になって仕方がない気分になってしまいます。

この記事の続きを見る


お菓子類を中心にさまざまな食料品がならぶ「稲香村」の店内
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
この夏、訪れる観光客がどっと増えそうな北京。食の大国ですから、食事にも期待している方がおおいですよね。食文化といえば、レストラン以外に、一つの観光ポイントとしても楽しめる、北京の古い食料品店の老舗にいってみるのはどうでしょう。北京では食料品店の老舗といえば、なんといっても「稲香村」が圧倒的な定評があります。創業はなんと、1773年。もとは中国の南部、雅びな文化で知られる蘇州で、蘇州風のお菓子類を作っていた老舗でした。

この記事の続きを見る


七宝古鎮の橋上からの風景。まるでタイムスリップしたかのよう。ちなみに夜はライトアップされて、昼間とはまた異なる雰囲気を味わえるとのこと
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海周辺に点在する、情緒漂う水郷の街。例えば蘇州や周荘。行ってみたいけれど上海からの移動が大変そうだし、2泊3日程度の旅行であれば、それだけで丸一日潰れちゃうのは厳しい。そこで上海市内にあり、サッと行けてプチ水郷気分を味わえる、穴場の観光スポットをお教えします!それは市の郊外にある「七宝古鎮」。市の中心部からタクシーor地下鉄で約40分と近いため、行き帰りの時間を含めても半日もあれば充分観光することが可能。小規模ながら実は千年もの歴史を持つ由緒ある古鎮。そして風景以外にも実は見どころがいっぱいなんです!

この記事の続きを見る


「蘇州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

北京や西安とは比べようもないぐらい賀州は小さな地方都市。カルスト地形特有の風景がおもしろいところ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/賀州 
「どうして賀州が、お年寄り向きの旅行先に選ばれるのだろう」と、不思議な気持ちでその記事を読みました。その記事と言うのは、6月上旬、中国のニュースサイト「今日頭条」で見つけた「父の日にお父さんをどこに連れて行く準備をしてる? お年寄りにぴったりの中国の5つの場所」です。中国にも父の日はあります。6月の第三日曜日です。それはさておき、父の日を過ぎても、年をとった両親を連れて行くのにぴったりな中国の観光地を知っていれば、別の機会に連れて行くこともできます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。蘇州 土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介