page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「路線図」の見どころ情報

路線図に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「路線図」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果34

1 2 3 4 末尾 次へ


カオサン通りに近いバンランプー地区からチャイナタウンに行くなら、チャオプラヤーエクスプレスが一番早い
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
決してきれいな川とは言い難いですが、その川を運行するボートの上から「暁の寺」と言われる「ワットアルン」が見えてくると、不思議なほどタイ旅行を満喫している気分になれます。これはバンコク中心部を流れるチャオプラヤー川を運行しているチャオプラヤーエクスプレスと呼ばれるボートです。旅行者向けの路線ボートですが、乗るたびに多くのタイ人乗客と一緒になります。行先は限られますが、本当に便利。バンコクは非常に渋滞が多いところ。チャオプラヤーエクスプレスに乗れば、渋滞知らずで目的地まで着けます。おすすめ理由はそれだけではないんですが、とにかく乗ってみましょう!

この記事の続きを見る


デリーメトロ女性専用車両内の様子
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドの首都ニューデリーは、慢性的な渋滞に悩まされる地区です。そこで、限られた時間で効率良く観光するために、デリーメトロを利用してみませんか。日本の援助で建設されたデリーメトロは、乗り方や乗り換えも日本と同様にわかりやすく、車内も清潔です。インドでメトロに乗るのはハードルが高そうに感じますが、一度コツをつかめば簡単です。今回は、特にメトロに乗れるかなと不安を持っている女性向けに書いてみます。

この記事の続きを見る


ブダベストで人気ナンバー1の観光スポット、国会議事堂
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
すでに海外でGoogleの地図検索機能を使っていらっしゃる人は、なんだ、そんなことは常識! と思われるかもしれませんが、今回はまだ海外でスマートフォンのネット接続はWi-Fiフリーのところだけ、という人のために、ご紹介します。今年10月、初めてハンガリーのブタペストを訪問。海外でも常時スマホのWi-Fiが繋がっていないと不安という友人と旅したときのこと。「鈴木さん、昨年10月、台風一過の翌日に電車が計画運転をしていた時、早朝タクシーで成田を目指したんですけど、運転手さんからGoogle経路検索はどこより信頼できる、と言われて、そこでググって動いている電車で成田まで行けたのです。その後、私は海外でもGoogle経路検索して観光しています」。そんな彼女と初ブダペストを観光するとき、ほとんどGoogleで、スイスイ、迷うことなく、1日で10か所以上も行きたい観光地やお店を巡ることができたのです。

この記事の続きを見る


ウィーンの中心部の繁華街。市内は地下鉄や路面電車などの公共交通機関が発達している
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
観光客にとってのウィーン中心部となるのは、かつての城壁を壊して作った環状道路「リンク」の内側です。1.5km四方のこのエリアは徒歩圏ですが、この地区以外にも宮殿や博物館、美術館、名所などが市内各所に点在しており、徒歩では行けないものもあります。幸いウィーン市内には、路面電車の「シュトラーセバーン」、地下鉄の「Uバーン」、近郊列車の「Sバーン」、市バスなどの公共交通機関が発達しており、たいていの見どころはそれを使って行くことができます。乗車券はすべて共通、乗り換えもできます。また運賃は一律で、1駅も10駅も同じです。まずは路線図を手に入れるか、スマホをオンラインにして地図が使えるようにしておきましょう。

この記事の続きを見る


世界で唯一の都会の中にある熱帯雨林のジャングルであり、マレーシア最古の森林保護区でもある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアの首都クアラルンプールの中心部ブキッ・ナナス(Bukit Nanas)の丘にあるKLフォレストエコパーク(KL Forest Eco Park)は1906年に国によって定められたマレーシア最古の森林保護区です。以前はブキッ・ナナス森林保護区と呼ばれていたエリアで、熱帯雨林の木々や植物が太古の昔からそのまま保全保護されている世界で唯一の都会の中にあるジャングルなのだそうです。かつては17.5ヘクタールもの広さがありましたが、1990年代の土地開発や丘の頂上ににそびえるKLタワー(KL Tower)の建設などで現在は約9ヘクタールにまで減少。それでも身近に本物のジャングルを体験できる貴重な場所として人気スポットとなっています。

この記事の続きを見る


タリスやICEなど高速国際列車の切符も購入できます。切符購入の際はチャット・電話サポートも利用できます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
『NS Reisplanner』はオランダ鉄道(NS)が運営する、オランダとヨーロッパ圏の鉄道ルート検索サイトです。出発駅と到着駅、日付、希望の時間帯を入力すると、発着時刻、所要時間、乗換回数、運賃を確認できます。電車の種類(特急/普通)や車両数、Wifiやトイレ、サイレンス・ゾーン(お喋り禁止車両)の有無、座席予約が必要かどうかも調べられます。車両の外観や乗換のプラットホーム、途中駅を事前に確認できるので、乗換の際の不安も軽減されます。オプションで「座席予約不要」や「アクセシブル・トリップ」も指定できます。国内線・国際線ともに「Book now」からeチケットを購入できるのも便利です。◆NS Reisplanner https://www.ns.nl/en/journeyplanner◆iPhoneアプリhttps://apps.apple.com/nl/app/ns-reisplanner-xtra/id370362301◆Androidアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=nl.ns.android.activity

この記事の続きを見る


アルプスの少女ハイジが出てきそうな風景
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/サンモリッツ 
「欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅3/スイスの世界遺産、山岳鉄道アルブラ線」からの続きです。翌朝は快晴。雪山に抱かれたサンモリッツの町と、真っ白に凍ったサンモリッツ湖に別れを告げ、11時48分、再びレーティッシュ鉄道のもうひとつの世界遺産ベルニナ線R1641に乗り込みました。ここからイタリアのティラーノ(Tirano)までの約2時間10分は、おそらく一生涯心に刻まれるであろう風景の連続です。なんとベルニナ線の座席テーブルには、この路線図が描かれ、現在走っている場所がわかるようになっています。さすが人気の観光列車ですね。

この記事の続きを見る


車内に必ずある路線図。地下鉄は赤・青・緑に色分けされています
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/キエフ 
「キエフの地下鉄に乗ってわかったこと(前編)」からのつづきです。車内には路線図があるので、その近くに立って確認しながら乗っていると安心です。ただ混んでいるとそれも見えづらかったりします。私は念のため、ネットで探した路線図をプリントアウトして常に持ち歩いていましたが、とても役立ちました。ホームの案内板には停車する駅名が羅列してあるのですが、各線の「終点駅」がわかると、案内板の最後の文字だけ見ればいいので、どちらのホームに行くべきかわかりやすいのです。また、乗り換え駅の名称が路線によって異なるのも注意。同じ駅に2つの名前があるので、乗り換えの際は把握しておきましょう。それをチェックするのにも、手元の路線図は便利でした。路線図では、色分けされた3つの路線にそれぞれM1、M2、M3と記号も表示されているので、案内板を見るときはそれも目印になります。

この記事の続きを見る


2018年に訪れると、MGロード駅と連絡するビルに派手なペインティングが!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
「パープルラインが全線開通したベンガルールのメトロ」その1からの続きです。2007年から工事が始まったメトロですが、計画は度々変更され、予算は当初に比べて2倍以上に膨れ上がり、路線の一部が開通したのはようやく2011年になってからでした。しかも開通したのは地上高架部分だけで、旅行者が使いたい鉄道駅やバスステーション、市内中心部を走る地下部分はまだでした。つまり、東西と南北に走る一本の線が交差する、肝心な真ん中の1〜5駅分がまだ未開通だったのです。そのため、最近まで一般旅行者がメトロを使うことはごく稀でした。その地下部分が開通したのが2016年4月のこと。今回、2018年3月、私はベンガルールに行く機会があったので、早速開通した地下部分に乗ってみました!

この記事の続きを見る


重慶北駅南広場。切符に表示されている広場が北か南かをしっかり確認してから行こう!
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/重慶(チョンチン) 
いつもよりゆっくり目に来ましたが、発車時間には余裕で間に合うはず。重慶北駅の入り口で切符とパスポートのチェックを受けた時、「あなたが乗る駅は、ここではないよ。北広場」と言われ、一瞬、意味がわかりませんでした。「重慶北駅って、ここでしょ?」。「ここは重慶北駅南広場。あなたが乗るのは、北広場」と言われ、思わず、切符を見直しました。すると、切符の右上に小さく「検票口:北広場」の文字が!「北広場って、どこですか!」と叫ぶように尋ねると、「あそこから663路バス」と言われました。血相を変えて走って来た私を見て、タクシーの運転手が数人集まってきました。とりあえず「北広場!」と言って、ドアがあいたタクシーに飛び乗りました。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。路線図に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介