page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「近畿日本ツーリスト タイツアー 評判」の見どころ情報

近畿日本ツーリスト タイツアー 評判に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイツアー 評判」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ラプター・リッジ・ワイナリー創業者のScott
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
「ラプター・リッジ・ワイナリー(Raptor Ridge Winery)」は、ポートランドの南西、オレゴン州随一のワインの産地ウィラメット・ヴァレー内チュヘイラム・マウンテンズ(Chehalem Mountains)地域にあるワイナリー。渋滞がなければダウンタウンから車でたった30分ほどで、美しい農園に囲まれたテイスティングルームに到着することができます。テイスティングルームからは、180度のぶどう畑、そして天気の良い日は、その後ろにフッド山、アダムズ山、セント・ヘレンズ山、レニア山と美しい山々を見ることができます。このワイナリーを1995年に創業したスコット(Scott Shull)さんは、自らをホリスティックな「ワイングロウラー(Winegrower)」、つまり「ワインを育てる人」と呼び、葡萄畑の手入れからワイン醸造やブレンドまで、ワイン造り全般に関わり、毎日忙しく働いています。

この記事の続きを見る


「彰藝坊」一階店内様子
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾で、廟のお祭りの時などに観劇できる人形劇「布袋劇」。その人形を作る工房が地下にある「彰藝坊」。一階の入口から布袋劇の人形が所々に飾ってあります。その人形の衣装に使ったはぎれを使って、オーナー陳さんが作り始めた布バッグが、キッチュで可愛いと外国人観光客にも評判。店内には、人形作りで培ったセンスが光る花布や台湾市場バッグの生地を組み合わせて作ったバッグや小物が所狭しと並びます。永康公園から徒歩5分程の閑静な住宅街の一角にある同店は、台湾文化を感じながら、台湾らしく、且つ独創的なバッグやファブリック雑貨が手に入る唯一無二のお店と言えるでしょう。外のオープンエリアで近所の老若男女が集まって観る布袋劇は、近年台北ではなかなかお目にかかれなくなった台湾の素晴らしい文化のひとつ。日本の方にも少しでも興味を持つきっかけになってほしいです。

この記事の続きを見る


在住日本人のあいだで人気のビュッフェ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回紹介するのは、トンローエリアにある「ホテルニッコーバンコク (Hotel Nikko Bangkok)」で楽しめる「おばんざいビュッフェ」。ホテル1階の和食店「飛翔」でランチタイムに開催されており、そのお得度の高さから在住日本人のあいだでも人気の高いビュッフェです。飛翔ではランチタイムに焼き魚やとんかつ等、計10種類のメイン料理が提供されているのですが、このなかから1品注文すると、追加料金無しでおばんざいビュッフェも楽しむことができるんです。

この記事の続きを見る


丘の上から望むゼムンの町
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都、ベオグラード中心部の見どころを楽しんだら、サヴァ川の西岸にある地区、ゼムンに行ってみませんか?ここは18世紀から20世紀初めまでハプスブルク帝国下にあり、西欧的な雰囲気が濃いエリア。レンガ色の屋根がびっしり並ぶ風景が美しく、散歩にぴったりの観光スポットとなっています。私と友人はベオグラード中心部、ゼレニ・ヴェナツからバスで行きました。20〜30分くらいなのですぐです。川を渡ってしばらく進み、街なかに入ってきたら郵便局前で下車するとちょうどいいです。

この記事の続きを見る


シェーンラテルン通りの名前の由来となった外灯
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンほど街全体が美しい都市は珍しい。どこを歩いても風情があり、あちらこちらに観光スポットがある。旧市街の真ん中にシュテファンス広場があり、ウィーンのシンボル聖シュテファンス大聖堂が聳えている。かつて中心部を取り巻いていた市壁は19世紀後半に取り払われ、そこに幅の広い環状道路リングが建設された。リングを飾る建物として最初に建設されたのがオペラ座である。このオペラ座脇からシュテファンス広場までの歩行者専用ケルントナー通りが最も賑やかで観光客が多い。人の流れはそのままグラーベン、そしてコールマルクトへと続き、王宮前のミヒャエル広場まで途切れることがない。このコースが一般的な観光ルートだ。しかし、もう一か所、是非足を延ばして頂きたい場所がある。シュテファンス広場の北側にあるシェーンラテルン通りだ。

この記事の続きを見る


日本人居住地域にひっそりと佇むカフェ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介する「Truly Scrumptious(トゥルーリー スクランプシャス)」は、バンコクのなかでも特に日本人が多く居住するエリア、プロンポンにある一軒家パティスリーカフェ。通りから少し奥まった場所にあるからか、どこか隠れ家的な雰囲気が漂う店です。元々はオンラインでの注文販売からスタートしたそうですが、人気の高まりを受けて2019年2月に実店舗をオープン。その後もグルメ好きなタイの人々のあいだで更なる評判を集め、休日ともなれば多くの人が集まる人気店として知られています。

この記事の続きを見る


カールス広場でスケートリンクを囲みながらライトアップされた古城を満喫する人で大賑わい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハイデルベルク 
ドイツでもひときわ人気の高い古城や国内最古の大学、ゲーテをはじめ多くの文豪や哲学者に親しまれた古都ハイデルベルクは、季節を問わず訪問客を魅了します。これから始まるクリスマスマーケットは古城が見守る旧市街の本通りを中心に繰り広げられ、この通りに6つのマ-ケットが設置されます。時間の限られた来客にとって、これほどうれしいことはありません。本通りを散策するだけで、すべてのクリスマスマーケットを楽しむことが出来るからです。しかも頭上にはハイデルベルク古城も時々顔を見せ、中世の街並みはロマンチックそのものです。本通りに設置された140の屋台からはクリスマスならではのホットワインやソーセージ、グリル肉やワッフルなどのたまらない香りが漂ってきます。地元産のはちみつやフルーツリキュール、キャンドルやクリスマスオーナメントなどを販売する色鮮やかな屋台は、ついつい立ち寄りたくなってしまうほど。お土産やクリスマスプレゼントを買いあさるのも楽しみです。もちろん見るだけでも心が躍るに違いありません。ここでは大学広場、マルクト広場、カールス広場のクリスマスマーケットを紹介しましょう。

この記事の続きを見る


いかにも地元御用達という感じがするポンプラバート温泉内のマッサージ屋さん
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンライ 
足の筋肉をグイグイ押されて、めちゃくちゃ痛かったはずなのに、気が付くと、うとうと寝てしまっていました。施術師の先生の「うつぶせ」という声で目が覚めました。久しぶりに受けたタイ古式マッサージはやっぱり気持ちいい。終わると体が不思議なほど軽くなっていました。今回、私がタイマッサージを受けたのは、タイ最北のチェンライです。チェンライは、チェンマイからバスで約3時間。13世紀に栄えたラーンナー王朝の最初の都があった場所です。チェンマイより小さな落ち着いた町なので、長期滞在の外国人の人気が高いところ。私が行ったのは、チェンライ空港に近いバンドゥーにある「PONG PHARABAT HOT SPRINGS」と書かれた敷地内のマッサージ屋さんです。

この記事の続きを見る


ビリニュスの旧市街を歩く地元の少女たち。お店は旧市街の路地にあります。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/リトアニア/ビリニュス 
19世紀のリトアニアで凄腕料理人として名をとどろかせた女性シェフの料理がいただけるレストランが、首都ビリニュス旧市街にあり人気を博しています。その名は「ミコロ 4」。ヴィンセンティナ・ザワツカ(Vincetyna Zawadzka)さんは、1824年、印刷所を営む家の娘としてリトアニアの首都ビリニュスに生まれました。彼女は大きな貴族の屋敷で料理人として勤め、主人を満足させるためにフランス、イタリア、ポーランドなどいろいろな国の宮殿へ行き食事をして、そこで食べた素材やレシピをリトアニア人の口に合うようにアレンジ。自分でも料理を大いに楽しみ、そのレシピ本「リトアニアの料理人」が1858年に出版されました。ちなみに、1800年代はリトアニアはロシア領でしたが、彼女は教養もありポーランド語を話したのでヨーロッパ中を旅してさまざまなことを学べたそうです。

この記事の続きを見る


小さめのカフェですが、外からもカラフルで可愛らしい雰囲気がよくわかります。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコ、プラヤ・デル・カルメンは、10年以上前には文化的な場所がほとんどない静かな町でした。しかし、今では水族館や美術館、シアターなどが建てられ始め、観光客だけでなく地元のメキシコ人も大喜びしています。プラヤ・デル・カルメンのダウンタウンに数年前にできた美術館もその1つ。しかも、この美術館は「3D MUSEUM OF WONDERS」と呼ばれる3Dアートの美術館なので、お子さんも飽きることなく楽しめます。美術館は建物の2階にありますが、その真下には小さいながら可愛らしいカフェがあります。カフェは美術館とコラボしているため、カフェのお客さんは美術館への割引がきき、通常の30米ドルよりも安く入場できます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。近畿日本ツーリスト タイツアー 評判に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介