page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「阪急交通社 トラピックス ルーマニア・ブルガリア」の見どころ情報

阪急交通社 トラピックス ルーマニア・ブルガリアに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ルーマニア・ブルガリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ドナウデルタはどんなところか?
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ルーマニア/トゥルチャ 
ドイツの南西部、黒い森地方の南に位置するドナウエッシンゲンには、ドナウ川の源流とされている美しい泉があります。ドナウ川はドイツからオーストリア、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナと10カ国の沿岸を通って、黒海に流れ出ています。総距離は2860キロ。日本列島が約3000キロと言われていますので、それに匹敵する長さです。そしてこのドナウ川は、黒海に流れ出る前に壮大なデルタ地域を形成しています。その広さは3446平方キロメートルと、北海道の面積の4割弱もあるのです。デルタの多くは湿地帯で、沼地と森林に覆われています。ここに生息するのは、45種の淡水魚、300種の鳥類、1200種以上の植物です。人間はほとんど住んでおらず、まったく手つかずの大自然が今に残されているのです。観光の拠点となるのが、ルーマニアのトゥルチャです。首都のブカレストから列車で6時間です。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

【おすすめコース】憧れのシベリア鉄道に、ちょっとだけでも乗りたいあなたへ
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ウラジオストック 
2017年8月1日から、ロシアのウラジオストックがノービザで行けるようになりますが、旅行日程が8日間以内で、ウラジオストック以外の町への移動は許されていません(2017年4月現在)。ですから、ウラジオストック駅からシベリア鉄道に乗ってみたいと計画中のみなさんは、これまで通りロシアビザが必要になります。ではシベリア鉄道の予約はどうすればよいのでしょうか? やはり従来どおり、旅行会社に依頼したほうがいいのでしょうか。最近はネットでも予約可となっていますが、クレジットカード決済ができないなど、今一つ不確かです。最も安くチケットを買う方法は、ウラジオストック駅に出向いて、欲しいチケットを紙に書いて窓口で買い求める方法です。短期旅行の場合、まず最初にチケット予約をするために、駅に行ったほうがいいでしょう。

この記事の続きを見る


日本から近いロシア/ウラジオストックにある、おすすめ観光地を紹介!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ウラジオストック 
ウラジオストックの町が造られたのは、日本の幕末、帝政ロシア時代の1860年です。帝政ロシアの最後の時期に、帝国の力を総動員して造られた町は、サンクト・ペテルブルグと並ぶ西欧風の町に仕上がりました。軍港が置かれ、シベリア鉄道の終着駅となります。そして日本との貿易も盛んになり、大正中期には、日本人街ができあがるほどで、在留邦人は6000人にも達したそうです。しかし旧日本軍のシベリア撤退以降、日本人在住者は減少します。そして戦後、1958年から1991年まではソ連国内の人を除いて立ち入りが禁じられ、閉鎖都市となり、我々日本人の記憶の中からも、まぼろしの町となっていくのです。しかし2017年8月から予定されている、「ウラジオストックに限りノービザ渡航がOK」により、いま注目されつつあります。成田空港からわずか2時間半で行けるヨーロッパの町。それがウラジオストックなのです。では、その見どころをご案内していきましょう。

この記事の続きを見る


釜山の魚市場
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本の下関と韓国の釜山が初めて航路で結ばれたのは、1905年のことです。関釜フェリーの始まりでした。1910年に日韓が併合されると、さらに重要度は増し、当時の鉄道省は壮大な計画を描きます。それが大東亜縦貫鉄道です。日本は島国なので、併合した韓国の釜山を基点に、南はシンガポールに達する路線、ロシア経由でシベリア鉄道を使ってドイツのベルリンに達する路線を考えていたのです。しかし日本が先の大戦で敗戦すると、大東亜縦貫鉄道どころか、関釜フェリーも廃止されてしまいました。復活したのは25年後の1970年です。「ポッタリチャンサ」と呼ばれる、担ぎ屋のおばちゃんたちが、常時100人以上は乗船し、韓国からは食品や雑貨を、日本からは電化製品やバナナなどを運んでいたのです。バナナは日本では安く買えても、韓国では病気にならないと食べられない時代が80年代くらいまで続いていたそうです。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その4)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ノボシビルスク 
イルクーツクを出発すると、次の目的地はいよいよ最終駅のモスクワです。そこまで3泊4日、約5200km。イルクーツクを出てしばらくすると、これまで見かけなかった風景が現れてきます。畑です。これまでは荒野ばかりでしたが、黒い土をした広々とした耕作地があるのです。それはいかにも肥沃な土の色で、ここ西シベリアはもう不毛のシベリアではありません。沿線に生えている木々もシラカバばかりではなく、太く背が高い木が混じり、村や町の規模も徐々に大きくなっていくのがわかります。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その5)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
さあ、いよいよ列車はシベリアの大地を走り抜けてウラル山脈にさしかかります。ウラルの東側がシベリアで、西側はヨーロッパのロシアです。つまり、ウラル山脈がアジアとヨーロッパの境目ということになります。その境界を示すオベリスクが線路脇に立っています。これは絶対に見逃したくありません。ウラル山脈の平均標高は900〜1200mとそれほど高くはありませんが、列車はゆるい勾配をゆっくりと上っていきます。オベリスクまでもうすぐ。モスクワまで1778kmを指す道標が見えたところで、車窓の左側に白いオベリスクが見えてきます。高さ2mほどの白い塔が一瞬にして車窓を過ぎ去っていきます。ここから列車はヨーロッパに入ったのです。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その1)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ウラジオストック 
極東アジアからヨーロッパ・ロシアまで、広大なシベリアの大地を駆け抜ける9300kmの鉄道旅行は、多くの旅人を誘う夢の鉄道旅行です。そのシベリア鉄道の旅をご紹介したいと思います。ルートは、日本を出発して、極東の大都市ウラジオストックへ。ここからシベリア鉄道の旅が始まります。古都ハバロフスク、バイカル湖のイルクーツクに立ち寄って、終点のモスクワへ。さあ、6泊7日の大鉄道旅行に出発しましょう。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その2)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ハバロフスク 
ウラジオストックを出発した列車はゆっくりと北上していきます。窓からは粗末な木造の小屋が数多く見えます。昔のシベリア鉄道の旅行記を読むと、このような小屋があると書いてありますが、今でもそれは変わらないようです。さらに変わらないのがシラカバの木です。ロシアといえばシラカバが有名ですが、シベリアにはずっとこのシラカバの木々が生い茂っています。シラカバと湿原が広がる極東の大地を、列車はゆっくりと走り続け、24時間後にハバロフスク駅に到着です。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その3)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/イルクーツク 
列車は次の目的地イルクーツクへ近づいていきます。すると右側の車窓から真っ白に凍結した湖が見えてきました。バイカル湖です。深さ1600m。世界で最も深い湖として有名なバイカル湖は、鉄道を造る際に最も難工事だったことで知られています。鉄道ができる前は船で渡っていました。しかし、冬は厚い氷が張るので船は運航できません。それで氷の上に線路を敷いたこともあったそうです。1年を通して大量の物資を運ぶためにはどうしても鉄道が必要でした。それでこのバイカル迂回線と呼ばれる260kmを、約3年かけてようやく造りあげたのです。ここができることで全シベリア鉄道が開通することになりました。

この記事の続きを見る


ハワイのサンゴ礁を再現した大きな水槽。色とりどりの魚に目を奪われます。
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
海はハワイの魅力の一つですが、まだ幼い子供達にとっては、スノーケリングなどで海の中の生物を観察するのは、難しいときがあります。ハワイの海洋生物を楽しく学ぶのに、ワイキキ水族館は最適。ワイキキよりダイヤモンドヘッド側の海沿いにあります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。阪急交通社 トラピックス ルーマニア・ブルガリアに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介