page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「青瓦台」の見どころ情報

青瓦台に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「青瓦台」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アートな絵が印象的な「新沙洞577」。水槽には刺身用の魚が入っています。
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
最近では日本でもおいしいマッコリが飲めるようになりましたが、雰囲気といい味といい、やはり本場のマッコリのおいしさにはかないません(たぶん……)。普通の食堂には瓶マッコリしか置かれていないので、生マッコリを愛する私は時々、マッコリバーに行きます。マッコリは昔から、畑仕事や山登りなど体を使った後に飲むお酒として、年配の方に愛されてきました。最近では、おしゃれなイメージとともに20代の女性にも受け入れられるようになり、スタイリッシュなバーも増えています。お酒好きの私にはうれしい限りです。「雨の降る日はチヂミにマッコリで1杯」というのが定番。私も雨の日に行ってみました。

この記事の続きを見る


まさか青瓦台の中に一般の人が入れる日が来るとは思わなかったと参加した韓国人から驚きと興奮の感想が漏れ聞こえてきます。ほんの数年前までトップシークレットとされていた場所だけに見学ツアーは大人気です
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルの中心に青瓦台(チョンワデ・せいがだい)と呼ばれている場所があります。ここは日本の首相官邸にあたり、大統領が仕事や生活をする「官邸」となる場所です。この青瓦台ですが、ほんの数年前まで地図に表記することや航空写真にすらその存在を記すことができなかっただけでなく、一般市民がその敷地に近寄ることすらできない韓国のトップシークレットとされていました。しかし、この青瓦台が一般人に開放され、外国人でも見学ができるようになったというのでこれは行かなくてはなりません。

この記事の続きを見る


大統領府のシンボルマークも誇らしい「8000」番のバス。ソウルの新名所“青瓦台”まで行くバスですが、このように一般バスが大統領府に乗り入れ可能になったのは建国以来はじめてのことです
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
韓国大統領府・青瓦台(チョンワデ)といえば、日本では“せいがだい”と呼ばれ、この名称をニュースなどで耳にする機会も多いですよね。そんな青瓦台は、韓国政治の中心の場としながら、韓国で最も閉鎖的な場所として警備体制が敷かれており、その場所を地図に掲載することも、その周辺道路を通行することさえできませんでした。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

コロンビアの国際郵便局を示すマーク
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/コロンビア/サンタフェデボゴタ 
旅行の記念に現地の民芸品を買ったりすると思いますが、旅行している気分をお土産にしてみませんか。私は旅行先の国々で必ずハガキを友達へ送っています。日本から遠く離れた国を旅行している雰囲気や気持ちを綴りやすいので、その感想が薄れることなく伝えることができますし、各国の写真やイラスト、切手がついたハガキは唯一無二のお土産ではないでしょうか。南米を旅行中、ハガキを送る際に何点か驚いたことや困ったことがありましたので、紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


イグアスの滝の上流にある巨大発電所
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/イグアス 
世界三大瀑布のひとつであるイグアスの滝の上流は、「パラナ川」につながっています。この川はブラジルとパラグアイの国境であり、そこには世界第2位の出力(1400万キロワット)を誇る水力発電所「イタイプー・ダム」があります。この発電所は2か国共同で運営され、それぞれの国側にビジターセンターがあります。今回私はブラジル側のイタイプー・ダム・ビジターセンターへ行ってみました。場所はイグアスのバスターミナルからバスで1時間ほどです。

この記事の続きを見る


評判の悪いパラグアイ発サンタクルス行の夜行バス
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/パラグアイ/アスンシオン 
パラグアイの首都アスンシオンからボリビアのサンタクルスへ向かうバスのチケットを購入するため、バスターミナルへ行くと客引きに声をかけられ、説明された値段も時間も宿泊先で聞いていた通りだったので、即決しました。ところが購入したチケットには3つのバス会社の名前が書かれ、そのうちの1つが今夜バスターミナルに来ると伝えられました。チケットオフィスの人でもどのバスで乗客を運ぶのかを把握できないようです。

この記事の続きを見る


ギネス記録もある国際バスは南米の移動に欠かせない
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/パラグアイ/アスンシオン 
南米には国と国を結ぶ国際バスが、何路線も走っています。「クルス・デル・スル」社では、ベネズエラの首都カラカスからコロンビアの首都ボゴタ、エクアドルの首都キト、ペルーの首都リマを経由してチリの首都サンチアゴまでと、最も長距離を走行するバスのギネス記録を持っています。国際バスは太平洋沿岸の国だけでなく、南米内陸にもあります。ちなみにアルゼンチンの首都ブエノスアイレスとペルーの首都リマを結ぶバス路線があり、所要時間は3日だそうです。

この記事の続きを見る


好きな人にはたまらない!南米の国で販売されている炭酸飲料はどんな味? その2
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/オウロ プレット 
日本で売っている炭酸飲料のファンタは「オレンジ」、「グレープ」の2フレーバーがありますが、最近では「アップル」と「イチゴ」が新たに登場しています。全世界でオレンジフレーバーのファンタはありますが、グレープは全ての国で販売されているわけではありません。南米の国ではコロンビアとブラジルだけ、グレープのファンタが販売されていました。ここから私が南米の国で見つけた、日本には売られていない他のフレーバーのファンタを紹介していきましょう。

この記事の続きを見る


アルゼンチンのサルタに眠る生贄にされた子供のミイラ。死亡後も何かを語る幼い姿
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
標高1200mのアルゼンチン北部の町サルタは、チリ、ボリビア、パラグアイの国境に近い場所にあります。南米の町には様々な博物館が数多くありますが、そこでは陳列されたものを見るだけなので、私は見物疲れをしてしまいます。しかしこのサルタの高山考古学博物館には、非常に関心がありました。そこには目を疑うような展示物があるのです。それは「子供のミイラ」です。研究により、この子供たちは生贄にされ、幼いまま土中に埋められたことが明らかになっています。

この記事の続きを見る


アルゼンチンのサルタ出身の英雄の命日は、すごい騎馬行進で盛大なお祭りが!
  • テーマ:
  • 乗馬
アルゼンチン北部の町サルタは、標高1200mの、チリ、ボリビア、パラグアイの国境に近い場所にあります。このサルタは、アルゼンチン独立戦争の英雄であるグエメス将軍の故郷でもあります。1810年、スペイン王室に忠実な王党派からの独立を求めたアルゼンチンの独立戦争がありました。地元の人々はその功労者であるグエメス将軍の功績を讃え、町には、将軍の記念碑、公園、博物館など、彼の名前をいたるところで見ることができます。彼の命日である6月17日には、年に一度の大きなお祭りが行われます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。青瓦台に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介