page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「韓国 旧正月 お店」の見どころ情報

韓国 旧正月 お店に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「韓国 旧正月 お店」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


鶏を豪快に1羽丸ごと煮込んだ料理
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
タッカンマリは、鶏を丸ごと鍋で煮込む水炊きのような料理です。タッカンマリという料理の名前は直訳すると「鶏一羽」という意味です。このタッカンマリをソウルで食べるなら、ショッピングで人気のエリアである東大門(トンデムン)にある「東大門タッカンマリ通り」がおススメです。細い路地にタッカンマリ専門店が軒を連ねています。なかでも私のお気に入りが「東大門明洞タッカンマリ始祖店」というお店です。行くたびに日本人の観光客の方がたくさんいらっしゃいますが、それでも日本人好みに味を変えたり、価格を高くしたりしていない、現地の味を楽しめるお店です。

この記事の続きを見る


台北駅から片道1時間半もあれば、行けるというお手軽さも魅力
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
この数年、大流行りと言われる平渓線だけあって、猴トン駅に入ってきた列車は、朝のラッシュ時のような混み具合。ちょうど台湾の大学が夏休みに入った時期と重なり、平日なのに週末みたいです。猴トンの次の目的地は、「十分(シーフェン)」です。十分は、平渓線の最大の駅でもあり、線路が町のど真ん中を走っていることでも知られています。また、日本風に言うなら昭和な町並が残っている十分は、映画やドラマのロケ地としても有名です。そのせいか台湾人カップルが訪れる人気のデートスポットにもなっているそうですよ。

この記事の続きを見る


お店は開いているの? 日本から近い韓国で年末年始を過ごすと
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
みなさんは年末年始をどのように過ごしますか? せっかくの長いお休みですから、お正月を海外で過ごそうと考えている方も多いことと思います。一方、海外でお正月を過ごしたくても、仕事の都合で長い休みがとれない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に意外とオススメなのが、日本から近い「韓国」です。

この記事の続きを見る


漢字とハングルの看板が並ぶ町の風景。きれいで華やかなチャイナタウンではないけれど、現地のにおいが感じられて楽しい。ディープな場所に行きたい人にはぴったりです。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウル東部に位置する九老区加里峰(カリボン)洞は、中国吉林省延辺(えんぺん)出身の朝鮮族が多く暮らしている町です。もともとこの地域は工業団地でした。工場や建設現場に出稼ぎに来た朝鮮族が定着し、自然発生的にチャイナタウンが誕生したのです。韓国では「朝鮮族タウン」や「延辺通り」などと呼ばれています。アジアンパワーあふれる町で、朝鮮族の経営する商店や料理店、スナックなどが軒を連ねていて、まるで中国にいるよう。街の公用語も中国語。韓国語をまったく話せない人も大勢働いています。

この記事の続きを見る


「韓国 旧正月」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

明るい雰囲気でテンション上がります
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
地下街のショッピングセンターといえば地下鉄3号線「高速バスターミナル」駅に連結している「Go to mall」が有名です。規模も大きく600以上もの店舗が建ち並んでいて、一日いても飽きない場所でしょう。かくいう私も「ちょっとだけ買い物」と思って昼ごろに行き、気づくと夜の8時、なんて経験が何度も。買い物好きには危険すぎる場所です。ということで、本当にお手軽なお買い物を楽しみたい方には、地下鉄2号線「江南」駅の江南の地下街がオススメです。

この記事の続きを見る


アバイとは「年を取った男性」を意味する咸鏡道の方言。男性が多かったのだそう。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/束草 
ソウルからバスで2時間。江原道の束草にアバイという村があります。1950年に勃発した朝鮮戦争のとき、北朝鮮の咸鏡北道から避難してきた人が集団で住んでいる珍しい場所です。少しの間、ここで待っていればいつか故郷に戻れるだろうという希望を持って、家を建てるのも大変なこの砂州で暮らしていました。しかし結局、韓国と北朝鮮はひとつになることなく、38度線が軍事境界線となってしまったのです。ここアバイ村は38度線よりも北にあるのだとか。北朝鮮にいる家族と離ればなれになってしまった「失郷民」と呼ばれる人たちの悲しみも感じながら見学してみて。

この記事の続きを見る


季節ごとの韓国の料理を知ろう
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
清渓川(チョンゲチョン)と言う、ソウルを流れる小川の横にK-Style Hubはあります。清渓川は散策ができるように整備されており、観光客がよく訪れる場所の1つです。おすすめの韓食展示館は3階で、大きく3つのテーマに分けられており、「節気と歳時風俗」「発酵、貯蔵の科学」「韓食に込められた知恵」となっています。日本にも四季がありますが、韓国も同じく四季があるため、24節気の解説とそれに合わせた一年の料理が展示され、日本語でも名前がちゃんと書いてあります。最近では作られていない料理もありますが、旧正月に食べるトックッ(餅スープ)など韓国文化に親しい方ならお馴染みの料理も目にすることができます。

この記事の続きを見る


外国人に人気の秘密は立地の良さ
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「南山(ナムサン)コル韓屋(ハノク)マウル」では、韓国の伝統家屋・韓屋を見ることができます。レプリカではなく、実際にあった韓屋を移転したものというから本格的。ソウルの地下鉄3号線と4号線が通る忠武路(チュンムロ)駅の目の前にあります。隣駅は明洞(ミョンドン)駅なのですが、明洞は韓国旅行の代表的人気スポットで、ショッピングを楽しめるたくさんのお店やエステ、そして免税店などがあり、とくに女性旅行者が多く訪れます。

この記事の続きを見る


マッコリとおいしいお食事で旅の雰囲気もアップ。日本語メニューもあるので安心。
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
マッコリを飲みながらチジミを食べる……。それが韓国での正しい雨の日の過ごし方です。雨音がチジミを焼く音に似ているからとか、湿気の多い日は嗅覚が敏感になり油の嗅覚が味覚を刺激するからとか、さまざまな説があります。最も濃厚な説は、雨が降ると畑を耕せないからマッコリを1杯やっていたという文化が現代にまで残っている、というもの。何はともあれ、韓国人の心理的、情緒的にマッコリとチジミはぴったり合うのでしょう。朝鮮民族の昔からの友だったマッコリを、おいしく安心して楽しめるレストランを紹介します。

この記事の続きを見る


朝から贅沢にフグチリを楽しむ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
その韓国料理は、韓国語ではポックッというフグ料理です。直訳するとフグ汁。朝からフグなんて贅沢ですが、お得な価格で食べることができるんです。海雲台にはフグのおいしいお店がいくつかあるのですが、今回はその中の1つ「草原ポックッ」に行ってきました。朝ごはんとしておすすめのメニューは、ポッチリというフグチリです。サバフグやシマフグなど種類が豊富で1人1万ウォンから2万5千ウォンの中から好きなものを選べます。ちなみにどのフグを選んでも、辛いメウンタンという料理方法も選べるのですが、朝ごはんとしておすすめなのはチリの方なので注意してください。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。韓国 旧正月 お店に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介