page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「韓国映画ロケ地」の見どころ情報

韓国映画ロケ地に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「韓国映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


清渓広場はライトや噴水があります
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルを代表する川といえば、もちろん「漢江(ハンガン)」。ソウル中心部を東西に横切って流れる、悠々たる川です。しかし、ソウル中心部で漢江の北岸にあたる地域を流れ、地元の人たちに愛されている川は? それなら「清渓川(チョンゲチョン)」で決まりでしょう。「清らかな渓流」という美しい名前を持つこの川は、激動の歴史を経て、現在の姿を見せているんですよ。「たかが川」といわず、清渓川の歴史をふりかえりながら散歩してみませんか。

この記事の続きを見る


映画好きには要注意!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
韓国のソウルまでの機内、みなさんはどのように過ごしますか? 東京から約2時間半の空の旅は、何かをするにはちょうどいい時間です。読書をするもよし、座席に設置された映像プログラムを見てもいいでしょう。また、時間的にもひと眠りするには最適な時間かもしれません。私は座席シートに挟まれた海外雑誌に目を通しながら、音楽サービスを利用するのがお気に入りです。しかし、ほとんどの場合は、パソコンを開いて仕事をしてしまうのが現実だったりします。飛行機に乗っている間ぐらいは、ゆっくりとしたいものですね。一方で、2時間半という時間は、映画を1本見るにはちょうどいい時間と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、これがちょっとした注意が必要なんです。

この記事の続きを見る


南揚州総合撮影所で撮影された映画やドラマはこんなにたくさん。「王の男」や「家門の栄光」「チェオクの剣」など、日本でも知られている作品はここで撮られたのですね。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルから車で約40分。京畿道の美しい自然の中、40万坪もの敷地に造られた「南揚州総合撮影所」は韓国版映画村ともいえる場所。ここにあるのは単なるセットだけではありません。衣装や小道具、編集スタジオのほか宿泊施設まであって、「シナリオさえあれば撮影から後半作業までワンストップで製作できるアジアで唯一の映画撮影スタジオ」なのです。韓国映画ファンの間では知られた存在。韓国に行ったら、ぜひ一度は寄ってみたい場所です。

この記事の続きを見る


スナイパーの潜んでいたビルから見おろした清渓川
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
イ・ビョンホン主演の韓国ドラマ『アイリス』がTBS系列で4月21日から始まった。日本でテレビのゴールデン・タイムに外国のドラマが放送されるのは久しぶりのことになる。韓国映画の主演級俳優が4人出演しており、総制作費も15億円という大作。内容を大ざっぱに言えば、韓国と北朝鮮の情報部が激突し、そこへ謎の組織がからむサスペンス・アクションドラマで、同時に進行するイ・ビョンホンをめぐるロマンスからも目が離せない。

この記事の続きを見る


ピカソの「無題」
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
歴代韓国映画のベストテンに入るといわれる名作『イルマーレ(韓国タイトル、時越愛)』がアメリカでリメイクされた。キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック主演の『イルマーレ(アメリカでのタイトルはレイク・ハウス)』。湖のほとりに建つキアヌ・リーブスの家のポストにサンドラ・ブロックからの手紙が入っていて、そこには2年後の日付が記されていた。不審に思いながらも返事を書いてポストに入れたキアヌ・リーブスだったが、それにはまた2年後のサンドラ・ブロックからのメッセージが返ってきた。そしてふたりは不思議なポストを通じて時を越えた手紙のやり取りを始めることになる。やがてキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックはある日付と場所を指定して、そこで会う約束をするが・・・

この記事の続きを見る


路面電車
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
日本でも欧米系大手洋画配給会社を通じて公開された韓国映画「ブラザーフッド」。チャン・ドンゴン、ウォンビンの兄弟は朝鮮戦争という大きな歴史の渦に飲み込まれて運命を狂わされ、チャン・ドンゴンの婚約者イ・ウンジュも不幸な最期をとげる。大規模な戦闘シーンは特別に作られた野外セットや広い牧場などで撮影されたが、ソウルの近くにある富川(プチョン)ファンタスティック・スタジオでも重要な場面が撮影された。

この記事の続きを見る


ハリウッド系の映画のほとんどはアジアの中でも韓国がいちばん早く公開されるそうですよ。話題作やシリーズ物をいち早く見たい人には朗報ですね
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
韓国人は映画が大好きです。その様子は週末になれば一目瞭然。各映画館には朝から深夜まで多くの人が駆けつけ、家族連れや週末の定番デートコースとして楽しんでいます。そんな韓国のひとたちに混ざって韓国の映画館で話題の映画を見てみませんか?韓国の映画は1000万人映画時代というキャッチフレーズのもとに、日本よりも上映数が多いのが特徴です。韓国語を勉強している人はもちろん、映画好きなら誰でも気軽に楽しめることをお約束しますよ。

この記事の続きを見る


写真館セット跡のガレージ
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「八月のクリスマス」は不治の病に冒された写真館の青年ハン・ソッキュと駐車違反取締員シム・ウナとの愛を描いた韓国映画の名作。ハリウッド作品並みのスケールを持ったアクション映画「シュリ」と並んで韓国映画の存在を日本の映画ファンに知らしめた作品と位置づけられている。舞台はソウルという設定になっているものの、少し昔の風景を求めて撮影のほとんどは韓国中南部の地方都市クンサン(群山)で行なわれている。この町は日本への米の積出港として栄えた歴史を持っている。映画は群山市のウォルミョンドン(月明洞)を中心にしたエリアで撮影されている。ハン・ソッキュとシム・ウナの物語が実話だったのではという錯覚を覚えるほど映画そのままの風景が広がっていた群山のロケ地も製作から10年以上もたった今はほとんど姿を変えてしまった。

この記事の続きを見る


韓国レストラン「雲山」の雲の間
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「甘い人生」はイ・ビョンホン主演、キム・ジウン監督による韓国映画。ふたりの美学が反映され、スタイリッシュな本格的ノワールものに仕上がっている。ストーリーは組織のボスに信頼され、将来を約束されていた若者がほんの一瞬の心の揺れから思いもよらなかった人生をたどることになってしまうというもの。

この記事の続きを見る


釜山タワーから見た釜山港
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
2001年に作られたこの映画は当時の観客動員記録を塗り替える大ヒットになった。また、いわゆる韓流四天王のひとりチャン・ドンゴンがルックスだけでなく演技で評価されることにもなった映画で、彼はアラン・ドロンから多くのことを学んだと言っている。プサンで育ったおさななじみ4人のうち、チャン・ドンゴンとユ・オソンはそれぞれ対立する暴力団の構成員となり、お互いを避けて通れない道を歩むことになる。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。韓国映画ロケ地に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介