page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「飲酒 アメリカ」の見どころ情報

飲酒 アメリカに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「飲酒 アメリカ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果19

1 2 末尾 次へ


この日はバイカーたちの集会があったのか、バイクが大集合!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
メンフィスのビール・ストリート、その2からの続きです。このビール・ストリート、アメリカでは珍しく、通りでのビールや酒の持ち歩き飲みがOKなんですよ。なので、観光客の皆さん、店から漏れる音楽を聴きながら、ビールを片手にふらふら歩いていています。人が多いのは週末の19〜24時ぐらいでしょうか。歩行者天国となっている通りの両端にはパトカーが停まり、ポリスが巡回しています。そしてお客年齢層はけっこう高いです。きっと50代が平均でしょうか(笑)。3日間通ったのですが、うち1日、バイカーたちが集まっている日がありました。アメリカ映画に出てくるような、大きなバイクがゾロリと通りに停められている姿は壮観でしたよ。

この記事の続きを見る


学生におすすめの旅行先〜アメリカで気をつけたい飲酒と法律違反
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
いよいよ学生旅行シーズンが到来、学生のみなさんは春休みにどちらへ出かけますか? せっかくの長期休みですから、普段行けないところへ行ってみたいものですよね。韓国や台湾など、学生には嬉しい激安旅行も魅力的です。一方で、長期休みだからこそ行ける遠方の国も選択肢として十分にあり得るのではないでしょうか。今からアルバイトを頑張れば、まだまだ間に合いますよ。しかし、そうした国へ行くには旅費がどうしても高くつきます。現地での飲み代などは、極力抑えたいところですよね。そんなときは、コンビニやスーパーなどでお酒を買うことが多くなると思います。今回はアメリカ旅行で注意したい、お酒の購入方法と気をつけたい飲み方をご紹介します。

この記事の続きを見る


天気の良い日にフラリと散策はいかが? テネシー川のほとりの「クーリッジ・パーク」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/アトランタ 
アトランタから車で北西へ走ること約2時間、テネシー州にある風光明媚な都市、チャタヌーガへ旅行しました。宿泊したのは、ダウンタウンに位置するとあるホテル。そしてチェックインした後、ダウンタウンの周りをフラリと散策してみることにしました。テネシー川のほとりを歩いていたら、向こう岸に緑豊かな公園を発見。しかも大勢の人たちでにぎわっています。せっかくなので、ちょっと寄ってみることにしました。

この記事の続きを見る


2016年世界のイベント〜まるで正月のようなアメリカの独立記念日
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
日本では正月は大切なイベントとして、多くの会社が休みになり家族が集まる日として認知されています。別に書いたカウントダウンの記事では、「アメリカはクリスマスが中心、で正月という概念はあまりない」ということを書きました。しかし、アメリカでいう正月のようなイベントは、違う時期にあります。

この記事の続きを見る


歩きながらの飲酒が禁止!? アメリカの飲酒に対する法律
  • テーマ:
  • お酒・バー
仕事帰りに歩きながらの缶ビール、サラリーマンにとっては至福のひとときと思います。かくいう私も、仕事帰りの一本が楽しみでなりません。最近は渋谷で過ごすことが多いのですが、コンビニで購入したお酒を持った若者が目立ちます。特にセンター街は、路上で飲酒している人や酔っ払って騒いでいる人がたくさんいます。激安居酒屋が激戦区の渋谷ですが、外で飲むお酒は格別とはいえ、この様子にはいつも驚かされています。このように日本では当たり前になっている路上でのお酒も、アメリカでは禁止されていることをご存知でしょうか?

この記事の続きを見る


ランチタイムはビジネスマン・ウーマンが公園に座ってランチを楽しむ姿が。
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダと言ったら大自然を思い浮かべませんか?バンフにあるカナディアンロッキーや紅葉が絶景のロレンシャン高原など自然があふれています。そしてもちろん、経済も発展しているため、都会に行けば東京などと同様、高層ビルで忙しく働くビジネスマン、ウーマンの姿が見られます。そんな忙しい都会ライフのなかにも、至るところに公園があるモントリオール。モダンな建物がたくさんあっても、公園や緑がたくさんあり、自然とのバランスがとてもいい!今回はモントリオールでおすすめの公園をご紹介します!

この記事の続きを見る


あこがれのマチュピチュ遺跡に行きたいが、高山病が心配な人へおすすめの行き方
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/マチュ ピチュ 
南米随一の観光地、マチュピチュ。マチュピチュ山とワイナピチュ山に挟まれた、この天空の都市をぜひ訪れたい方もいるでしょう。マチュピチュ遺跡は標高2400m、観光の基点となるふもとのマチュピチュ村(旧名アグア・カリエンテス)は標高2000mとそう高くはありません。しかしこのマチュピチュに行くには、まず標高3400mにある古都クスコまで飛行機かバスで行き、そこからバスと列車を乗り継いで行くのが一般的です。日本からのツアーの大部分は、ペルーの首都リマから、飛行機でクスコへ向かい、そこで一泊してからマチュピチュに向かいます。いきなり飛行機で高地に入り、激しい頭痛や吐き気など、高山病になってしまう人も少なくありません。

この記事の続きを見る


まるでパリの街角のようなモントリオールのダウンタウン。フランス系移民が多いモントリオールの街並みはプチパリ!?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
夏から秋にかけて旅行ベストシーズンとなるモントリオール。夏はモントリオール国際ジャズフェスティバルなど大規模なイベントが立て続けに開催され、秋にはケベック州全域が美しい紅葉に染まり、世界中の観光客を魅了します。カナダ第2の都市、モントリオール。この街を観光しようと思ったらおそらく1週間以上はかかるでしょう。そして海外旅行の魅力はやはり観光や名所めぐり。異国の観光はエキサイティングでもありますが、日本と異なるマナーやその国々での決まり事もあり、旅行時に知っておきたい大切なこともあります。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-17
サンティアゴの旧市街。特に夜間の旧市街アルマス広場周辺は治安が悪くなるので絶対に行かない様にしましょう。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
■治安チリは南米の中でも治安の良い国ですが、特にサンティアゴの旧市街や世界遺産の町として知られるバルパレイソを出歩く時には昼間でも注意が必要です。鞄は前に抱える様にして持ち、カメラやスマートフォンなどは鞄から外に出したまま歩いていると、ひったくりされる可能性があるので撮影などを済ませたらすぐに鞄の中にしまいましょう。また、旧市街やバルパレイソでの夜間の出歩きは危険ですのでやめましょう。■トラブルに巻き込まれた時トラブルに巻き込まれた場合は、すぐに警察に連絡しましょう。警察 133番、消防132番、救急131番■マナーや宗教・チップレストランやカフェで食事をした場合チップは代金の10%を置いていくのが基本です。クレジットカードで支払いの場合支払い料金から10%を足した値段で請求される場合が多いです。・喫煙や飲酒レストランやカフェやバーなど店内での喫煙は禁止されています。また、路上や野外公園など外での飲酒は法律で禁止されています。

この記事の続きを見る


カリフォルニアワインの中心地、ナパ・バレーでワイナリー巡りを楽しむ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/サンフランシスコ 
ヨーロッパのワイン生産地と比べると、その歴史は浅いアメリカやオーストラリア、南アフリカといった国々ですが、”ワインツーリズム”という点では、フランスやイタリアなどのワイン伝統国より進んでいることが多いようです。ひとつのエリア内で複数のワイナリーを巡りながら、ワインを試飲し、購入し、食事をして、宿泊もする”ワインツーリズム”。諸説ありますが、1970年代に地域として最初に整備を行ったのは、アメリカのカリフォルニア州にあるナパ・バレー周辺だと言われています。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。飲酒 アメリカに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介