page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港 アンティーク時計購入」の見どころ情報

香港 アンティーク時計購入に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


朝食は野菜たっぷり。中国粥や豆腐も
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/中国/瀋陽(シェンアン) 
瀋陽は観光資源の豊富な町なので、できれば連泊してたくさんのスポットを訪れたいものですね。ホテルの数も多く、宿泊に困ることはありません。中でも私がおすすめなのは、「ホテル ジェン・瀋陽」です。ホテル ジェンは日本には進出していませんが、高級すぎず安っぽくならない、使いやすい価格帯が魅力。香港の「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」の廉価ブランドです。2014年からスタートした新ブランドでもあります。

この記事の続きを見る


落ち着いた雰囲気の一軒家レストラン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
ARROZはBTSトンロー駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街にある一軒家レストラン。車の交通量が多く、常に賑やかなトンロー通りから一本奥に入った通りにあるため、喧騒は全く感じられません。レストランの落ち着いた雰囲気は在住日本人のあいだでも人気を集めており、会食の場に使用する人も少なくないそう。いつ訪れてもスタッフの気配りが素晴らしく、何度でも利用したいと思えるレストランです。

この記事の続きを見る


PappaRich
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールグルメを食べにやってきたのは、パパリッチ。オーチャードエリアにあるNOVOTEL HOTEL(ノボテルホテル)の一階にある店舗です。

この記事の続きを見る


「Gem
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールで何を食べましょうか?中華系の人が7割以上を占める国ですから、中華料理がおいしいものが多いです。グルメにシビアな中華系の人々が連日行列している中華レストラン「プーティエン(Pu Tien、甫田)」へ行ってみませんか。ここは、シンガポールのミシュランで一つ星を獲得しているレストランです。シンガポール国内に13店舗(2019年現在)を展開し、マレーシア、上海、香港、北京、台湾など世界各地にも精力的に進出しているんですよ。

この記事の続きを見る


勝手がわからない海外の空港については、あらかじめネットなどで詳細を調べておくと安心
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての海外旅行でも、一人旅でも、出発は勝手知ったる日本の空港。日本語が通じますし、掲示板の案内も日本語です。しかし、帰国便は海外の空港からです。基本的な流れは日本でも海外でもほぼ同じですが、細かいところに違いがある場合も。そこで、今回は帰国便搭乗までの手続きについてプロセスと注意事項をご紹介します。

この記事の続きを見る


ギネスのシンボルはハープ
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アイルランド/ダブリン 
日本からダブリンへは直行便が就航していないため、ヨーロッパかアメリカ、もしくは香港経由になります。アイルランドといえばギネスビール。1756年にアーサー・ギネス氏によって創業されたビール醸造所の敷地内にミュージアムがあります。ちなみに世界一の記録を集めたギネスブックも1956年からここが刊行しています。チケット料金にはギネスビール一杯分も含まれますが、子どもの場合はソフトドリンク。ギネスの歴史を学んだあとは最上階の眺めのいいバーで飲むことができます。大人はギネスの注ぎ方を教えてもらい、実際に自分が飲むギネスを注ぎます。注ぐ角度や泡の量などの審査に見事に合格したら、認証書が発行され、旅のいい記念になるはず。詳細は https://www.guinness-storehouse.com/en(日本語はありません)オンラインで事前チケット購入をしておくと便利です。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


ヴァンゴッホ
  • テーマ:
  • ショッピング
ヴァンゴッホのお土産ショップ、「VAN GOGH SENSES GIFTS」へ。店内はギャラリーのようで通りすがる人をひきつけます。早速中へ入りましょう。

この記事の続きを見る


ディスカバリーベイについて
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のリゾート地であるディスカバリーベイは、ディズニーランドがあるランタオ島の東側にロケーション。海や山、大自然に囲まれたビーチリゾートです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港 アンティーク時計購入に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介