page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港 ポーピンチャウ」の見どころ情報

香港 ポーピンチャウに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港 ポーピンチャウ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


絶景・香港ジオパークで原始の大自然の姿に感動……!(その2)
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
西貢の船着き場からは、近くの離島へ渡る船がたくさん発着しています。離島の海水浴場目当ての海水浴客が長蛇の列を成している桟橋を尻目に、私と連れ(夫)はジオパークを海から見るツアーのボートを物色していきました。ホテルのフロントマンが言っていたように、小型の観光船はずらりと船着き場に並んでおり、それぞれ少しずつ設定料金が異なっていました。歩きながら比べてみると、コース(乗船時間)によって何種類かに分かれているようです。ボートはチャーターになっており、一人で乗っても、乗り合いなどで満席になっても同料金のようです。

この記事の続きを見る


絶景・香港ジオパークで原始の大自然の姿に感動……!(その3)
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
そもそも香港ジオパークに関心を持ったのは、この破邊洲(ポーピンチャウ)の写真を見たことがきっかけでした。もとは島の先端だった部分が、海蝕によって一つの小島となって独立しているのです。もとの島と、屏風を立てたように向かい合う小島の壁は、傾斜80°ほどの絶壁。しかも、30mほどあるその絶壁には、見事な六角柱状節理が上から下までずらりと立ち並んでいるのです。こんな荒々しい絶景が香港にある……そのことに何よりもグッときました。

この記事の続きを見る


「香港」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

バスタブが部屋の中にいきなり置いてあるレイアウトも(ホテルワンダーラスト、シンガポール)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行初心者さんにとっては、準備中も旅行中も、すべてが初めてのことばかり。無事帰宅するまで緊張の連続ですよね。“初めての海外旅行マニュアル”的な読み物は、いろいろな媒体で読むことができます。それらはやはり現地で体験しないと実感できないことがほとんどですが、それでも心づもりをしておくに越したことはありません。今回は「ホテル」、その中でもとくに「バスルーム」にテーマを絞ってちょっとしたアドバイス。ガイドブックには書いていない、本当にちょっとした小さなトピックをあえて選んでみました!

この記事の続きを見る


90年代の南翔饅頭店。この頃から階によって、値段が分かれていた。1階は安く、2階以上が高くなる。写真は1階と思われる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
昨日の晩ごはんは、水餃子とキャベツの中国酢炒め。新型コロナ流行による自粛生活にメリハリをつけたくて、中華にしてみました。ぷくっとふくらんだ水餃子を黒酢のタレで食べていると、無性に小籠包子が食べたくなってきました。冷凍水餃子のように近所のスーパーで買えないからかもしれません。私が初めて小籠包子を食べたのは、1986年頃。初めての海外旅行の上海です。有名な「南翔饅頭店」で人生初の小籠包子!れんげの上にのせた小籠包子をほんの少しだけかじります。生地の穴かられんげにあふれ出た、こってりスープをすすってから、小籠包子をしょうが入りのお酢につけて食べました。こんなに美味しいものが中国にあったなんてと感動! それから中国、台湾、香港で見つけると食べるようになりました。

この記事の続きを見る


スナック、バナナ、ミネラルウォーターがすべてサービスでうれしかった(ホテルシティスター、インド デリー)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行初心者の方にとって、心配なことはなんでしょうか? 個人ブログやガイドブックに書かれた注意事項や失敗談をいくら読んでも、実際に行ってみなければ実感しづらいですね。私も毎年6回ずつは海外に行っていますが、毎回何かしら失敗します。今回は海外の「ホテル」、その中でも「客室」で生じそうな疑問やトラブルについて、ガイドブックに載りそうもない小さなアドバイスを。覚えておけば、役立つこともあるかも?

この記事の続きを見る


高層ビルがいっぱい、躍進する深セン
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • アジア/中国/シンセン 
子供が小さいころは頻繁に家族旅行に行っていたご家族も、子供の成長とともに、だんだん行かなくなるものですね。部活、勉強、バイト、友達との旅行など、子供には子供の予定ができてきますから。とはいえ、家族の仲がよく(これがなにより肝心)、全員が旅好きで旅慣れているなら、工夫次第で家族旅行は実現できます。我が家は子供3人の5人家族で、やはり上記のような理由でずっと全員そろった家族旅行ができませんでした。しかし、全員が成人してからはこんな形で家族旅行を継続しています。

この記事の続きを見る


タイなどは早くに旅行が再開されそうな候補国だ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
外務省は、海外旅行する際に、安全な国、危険な国などを分けていて、レベル1「十分気を付けてください」、レベル2「不要不急の渡航はやめてください」、レベル3「渡航中止勧告」、レベル4「退避勧告」の4段階がある。しかし、2020年6月1日の時点ではレベル1の国はなく、たとえば相互に交流が旺盛だった台湾でもレベル2という状況である。つまり、海外旅行ができない状態が続いている。 5月の時点でも日本を発着する国際定期便が飛んでいる地域もあるが、おもに貨物需要から飛んでいる。国際貨物は貨物便だけでなく、普段から旅客便の床下は貨物が積まれているので、貨物需要のために飛ばさなくてはならないからだ。6月あたりからは国際定期便を再開させる航空会社もあるが、おもに業務渡航需要のためで、各国とも観光が再開されるのは秋以降といったところになるであろう。 現在はコロナ終息後の旅に向けての準備期間ととらえたい。

この記事の続きを見る


台湾名物の牛肉麺。高菜漬けを入れて食べるお店が多い
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
関空からなら台北まで約3時間、格安航空のキャンペーンなどを利用すれば、片道1万円以内で行けることもあります。台湾好きな日本人にとって、台北は沖縄に行くのと同じようなのり?そんな台湾リピーターに人気の台湾名物の麺と言えば、「牛肉麺」です。台湾を代表する麺には「麺線」と呼ばれる、とろっとしたスープで食べる細麺があります。牛肉麺は、麺線とは異なり、手打ちの太麺が主流。「紅焼」という醤油煮込みにした牛バラ肉が麺の上にゴロンゴロン入った豪華麺です。ほとんど肉が入っていない麺線に比べ、牛肉がたっぷり入った牛肉麺は、お値段も高め。牛肉麺1杯の値段で麺線が2、3杯は食べられます。

この記事の続きを見る


花火と聞くと血が騒ぐ……というのが日本人かと。実は日本以外の国でもかなり花火イベントは多く、花火ファンに垂涎の大会も多数
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
日本の夏といえば花火。夏場だけでなく、日本で開催される花火大会の数は世界でもダントツに多いところをみると、日本人は花火好きといってもいいかもしれません。そんな花火大好きな国民性(?)なら、世界の花火師が腕を競う花火大会なんて、とても興味がそそられるのでは。残念ながら日本では現在開催されていませんが、ドイツのハノーファー、カナダのモントリオール、そしてマカオが“世界三大国際花火大会”といわれています。

この記事の続きを見る


宮殿みたいなインテリアです
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「韓国旅行でどうしてフランス料理を?」たしかに、韓国はなんといっても韓国料理が最高においしいですからね。けれどもそのレストランが「ピエール・ガニェール」なら話は別。世界各国でフレンチレストランを展開している大物シェフです。彼の料理の特徴は、正統なフレンチでありながら、その国の食材や調理法を積極的に取り入れているということなんですよ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港 ポーピンチャウに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介