page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港 北京ダック 香港島」の見どころ情報

香港 北京ダック 香港島に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港 北京ダック」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


北京楼が誇る、こんがり黄金色に輝く北京ダック
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
新年が明けても旧正月を迎えるまでは、香港ではまだまだ新年とは言えません。でも、その新暦と旧暦の新年に挟まれた時期はすでにお祝いムードが漂って、なんとも心躍る華やかな時期なんです。そんな旧正月の足音を聞きながら、美味しい北京ダックで特別な時間を過ごすのはいかがでしょう?今回ご紹介するのは、在港日本人の間でも有名な『北京楼』。ふっくらと焼けた北京ダックが本当に美味しいんですよ。接待でもよく使われる要予約の名店で、尖沙咀店なら風景を眺めながら食事を楽しめる特等席も。たまにはお洒落して上品中華と美味しい北京ダックを味わいに出かけてみませんか?

この記事の続きを見る


皮、皮とお肉、お肉のみにさばかれた北京ダック。ネギ、キュウリ、砂糖、おろしニンニクを添えて
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
中華の定番、そして料理が来るとワッと場が華やぐ、そんな中華の華の一品と言えば北京ダック。黄金色にローストされた北京ダックがやって来ると、否が応にも興奮してしまいますよね。北京ダックはパリッとした皮、その皮がついたお肉、そしてお肉だけの部分の3つにさばいてサーブされます。皮は砂糖をつけてパリパリの食感とコクを味わい、皮とお肉、そしてお肉だけの部分は薬味(ネギ、キュウリ)と甜麺醤(甘い赤ミソ)も一緒に薄餅で巻き、そのハーモニーを楽しむのが定番のようです。そんな美味しい北京ダック、『京菜鹿鳴春飯店』など老舗の有名店があるのですが、今回は新し目のお店2店をご紹介致します!

この記事の続きを見る


北京ダックが運ばれてくると、つい歓声をあげてしまう人って結構いませんか?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
先日、花の都パリに20年以上も住む幼なじみがシンガポールに遊びにきました。限られた滞在期間、何を食べに行こうかといつものように思いを巡らしていましたが、到着後、彼女は開口一番“北京ダックが食べたい!“と宣言したのです。パリにはチャイナタウンもあるし、冒険好きの彼女にとってはシンガポールならではのローカル色の強い料理が珍しくて喜ばれるかなと勝手に考えていたので一瞬面喰いましたが、確かに名店で本格派の中華料理に舌鼓を打つ優雅なひとときは何にも変えがたい至福の時間です。

この記事の続きを見る


「香港製造」と書いてあるだけで、もう立派なお土産アイテム!自分もしっかり楽しめるスーパーでのお土産探し
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
お土産は、日本人なら必ずと言っていいほど持って帰らねばならぬもの。でも、「せっかくの旅行なんだから昼間はめいっぱい自分の時間を楽しみたい!」、「お土産探しは面倒くさい」。そう思っている人も多いのでは? 職場のお土産なら空港で何か買えばいいけれど、友達にはちょっと変わった地元のものをあげたいですよね。そんなアナタにオススメの簡単お土産探しスポットが、何を隠そうスーパーマーケット。香港のスーパーは夜遅くまで開いているので(場所によっては24時間営業もアリ)、最終日にハタと気づいて「何も買ってない!」という人も、スーパーへ行けばきっと何か見つかるハズですよ!

この記事の続きを見る


高級感ある店内で食べる飲茶は格別♪ 北京ダックはスタッフが目の前でサーブしてくれます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイといえば辛くてスパイシーなタイ料理がメインですが、中華料理のレベルもかなり高いことをご存知ですか!? とくに中華系の人が多く住んでいるバンコクには中華料理屋さんがあちこちに点在。中国本土や香港に比べたらメニュー数は少ないものの、飲茶メニューも充実していて、かなりお得に飲茶が食べられる隠れた飲茶天国なんです♪♪お昼時ともなればあちこちの中華料理店が飲茶ランチを実施。出来立てアツアツの本格点心が1皿30バーツ(約90円)〜と激安プライスで食べられちゃうのだから、コレはぜひ食べなきゃもったいない!!

この記事の続きを見る


「香港 香港島」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2店舗目の入り口は、淡いブルーが印象的
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のコーヒー文化は、ここ10年ほどですっかり様変わりした感があります。スペシャルティコーヒーを出すカフェは、日本でも何年か前に「サードウェーブコーヒー」としてもてはやされましたが、流行も一段落。香港中心部では、小規模なカフェの姿はもうすっかり街並みに溶け込んでいます。そんな中で、ひときわユニークな存在なのが「Brew Bros Coffee」。香港にある数あるカフェでも強くおすすめしたいお店です。

この記事の続きを見る


ただビルが建っているだけなのに、ここはどうしてこんなに高揚感があるんでしょう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「永遠の観光地・香港の「ビクトリア・ピーク」は何度行っても素敵だと再確認!」前編からの続きです。ご存知かと思いますが、「ビクトリア・ピーク」と一般的に呼ばれているのは、本当の山頂ではありません。ピークトラムというケーブルカーの山頂駅一帯の総称です。ここにピークタワーやピークギャレリアなどの施設が建っています。ビクトリア・ピークのエリア内で最も見晴らしがいいのは、ピークタワーの有料展望台「スカイテラス428」です。他にも展望スポットはいくつもありますが、このエリアで最も海抜が高いのはここです(428メートル)。加えて、360度の眺望をたっぷり楽しめるのはここだけ。さすが、有料なだけのことはあります。

この記事の続きを見る


みんな大好き、ピークトラム
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
数えきれないほど香港に行っていても、やっぱり足が向いてしまうのが「ビクトリア・ピーク」。なぜ何度も行きたくなるのでしょう? その魅力については、以前、このたびナレに書きました(記事はこちら→ https://www.ab-road.net/asia/hong_kong/hong_kong/guide/sightseeing/10574.html)。しかし先日、私はまたしてもビクトリア・ピークに登り、あらためて前に書いた三つの魅力を再確認してきました。それに加え、今までは気づかなかった新たな魅力も知りましたよ!

この記事の続きを見る


右側には南国らしくヤシの木。左側にあるのは香港文化中心の建物。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港は行くたびに風景が変わっている、忙しい町です。ホテルもレストランもショップも、どんどん建ってはどんどん潰れたり移転したり拡張したり。そんな町では、昔ながらの建築物を見かけると、それだけでなんとなくホッとします。初めて香港に来た時、自然と目が吸い寄せられたものがありました。尖沙咀(チムサーチョイ)側のスターフェリー乗り場のすぐ前に立つ、「前九広鉄路鐘楼(尖沙咀鐘楼、クロックタワー)」です。

この記事の続きを見る


チムサーチョイから見た風景。少し、ビームが出ています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港の夜景はつとに有名ですが、「シンフォニー・オブ・ライツ」を見たことのある人は、どれくらいいるのでしょう? これは2003年に香港政府観光局がスタートさせた、ビクトリアハーバーを舞台とする「光と音のショー」です。毎晩、午後8時から13分間、香港島に建ち並んだ高層ビルからレーザービームやサーチライトが放たれるというものでした。2005年12月からは九龍半島側のビルも参加し始め、さらにネオンサインや花火なども加わっていきました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港 北京ダック 香港島に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介