page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港 糖朝 香港島」の見どころ情報

香港 糖朝 香港島に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港 糖朝 香港島」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


様々な人が行き交う尖沙咀
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
西洋と東洋が混在する印象が強い香港島と比べて、「アジアの香港」の顔も色濃く見せてくれるのが九龍サイド随一の繁華街、尖沙咀。また、ここは中国への玄関でもあるため、「中国の一都市としての香港」もより強く感じることができるでしょう。香港住人の間では、ビルの明かりで光り輝く100万ドルの夜景を持つ香港島側を「ブライトサイド」、九龍側を「ダークサイド」と冗談で呼ぶことがありますが、九龍側も香港島に負けず劣らず彩り鮮やかに光り輝く姿を見せてくれることは皆さんご存知の通り。という訳で、今回はディープな九龍側の玄関・尖沙咀をざっとエリアごとにご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


香港必食の人気スイーツ「牛乳プリン」
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港スイーツといえば、みなさんはまず最初に何を思い浮かべますか? ほとんどの方が香港発祥のマンゴープリンを思い浮かべるのではないでしょうか。日本にも進出している香港スイーツ専門店「糖朝」は、香港でも行列が絶えない人気店です。マンゴースイーツをはじめ、今香港で人気の中洋フュージョン系スイーツも提供しています。香港に行ったら立ち寄りたいお店のひとつです。一方で、もうひとつ注目したい人気の香港スイーツがあります。それが「牛乳プリン」です。

この記事の続きを見る


九龍サイドの目玉はやっぱり夜景。夜を楽しむためにも、朝はゆっくり始めよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
今回は趣向を変え、2回に渡って九龍編・香港島編の簡単なツアープランをお届けします! 初回は九龍側のみを楽しんで頂くものですが、次回の香港島プランと合わせると、多少モレはあっても香港観光は大体押さえた事になるハズです。プランの所々をかいつまんで頂くもヨシ、お好きな様にご利用ください。では早速、朝の九龍から参りましょう!香港の朝、私はゆっくり過ごすことをオススメします。もちろん、張り切って朝早く九龍公園やハーバー沿いを散歩するのもオススメですが、買物目的であれば、店が開くのは大体11時から。ならば朝くらいゆっくり過ごしましょう! 香港の夜は長いのです。

この記事の続きを見る


「香港 糖朝」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

香港発祥の絶品スイーツ!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
日本でも人気のマンゴープリン、香港が発祥の地ということをご存知でしょうか? 香港のレストランで提供を始めたことをきっかけに、台湾や中国、日本へと広がりました。トロピカルでスッキリとした味わいは、中華料理、エスニック料理など、アジアの油っこい料理のデザートに最適です。今や杏仁豆腐と並んで、世界的にもポピュラーな中華スイーツとなりました。従来は、フィリピンでペリカンマンゴーが多く採れる4月から9月ごろまでのシーズン限定デザートでした。しかし、生産技術や冷凍技術が進んだことで、今では1年中食べることができるようになりました。そんなマンゴープリンですが、やはり本場香港で食べる美味しさは格別です。

この記事の続きを見る


コーズウェイベイの新ランドマーク、Hysan
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
銅鑼湾に、また新たなランドマークが誕生しました。その名も、Hysan Place(ハイサン・プレイス)。ここはずっと以前は三越だったんですが、6年かけてこの大型ショッピングモールが建設され、2012年8月に満を持してオープンしました。36階のうち、1〜10Fがショップで11〜14Fまでがフードフロア。そして4Fには空中庭園(スカイガーデン)という広々としたオープンスペースもあります。オープン初日はものすごい人が集まり、モール内にもなかなか入れないほどのにぎわいを見せましたが、ようやく少し落ち着いてきたので、今が入りどきです。(笑)では、早速ご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


ドライアイスでひんやり冷えたイチゴの豆腐花
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
『糖朝』と言えば、香港のガイドブックには常連の店。今や日本・台湾・上海にも進出し、香港デザートを楽しめるお店としてよく知られているのでは? 本場香港の糖朝は、街歩きでちょっと小腹が空いたり甘いものが欲しくなった時に、フラッと入れる気楽な雰囲気。香港のローカル喫茶&レストランである茶餐店に比べると値段は多少は高めになりますが、1000円以下で楽しめるメニューがいっぱい。食材・味・見た目にも独自のこだわりを持ったデザート・点心・一品料理は、老若男女問わず幅広い人気を誇っています。

この記事の続きを見る


「香港 香港島」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2店舗目の入り口は、淡いブルーが印象的
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のコーヒー文化は、ここ10年ほどですっかり様変わりした感があります。スペシャルティコーヒーを出すカフェは、日本でも何年か前に「サードウェーブコーヒー」としてもてはやされましたが、流行も一段落。香港中心部では、小規模なカフェの姿はもうすっかり街並みに溶け込んでいます。そんな中で、ひときわユニークな存在なのが「Brew Bros Coffee」。香港にある数あるカフェでも強くおすすめしたいお店です。

この記事の続きを見る


ただビルが建っているだけなのに、ここはどうしてこんなに高揚感があるんでしょう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「永遠の観光地・香港の「ビクトリア・ピーク」は何度行っても素敵だと再確認!」前編からの続きです。ご存知かと思いますが、「ビクトリア・ピーク」と一般的に呼ばれているのは、本当の山頂ではありません。ピークトラムというケーブルカーの山頂駅一帯の総称です。ここにピークタワーやピークギャレリアなどの施設が建っています。ビクトリア・ピークのエリア内で最も見晴らしがいいのは、ピークタワーの有料展望台「スカイテラス428」です。他にも展望スポットはいくつもありますが、このエリアで最も海抜が高いのはここです(428メートル)。加えて、360度の眺望をたっぷり楽しめるのはここだけ。さすが、有料なだけのことはあります。

この記事の続きを見る


みんな大好き、ピークトラム
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
数えきれないほど香港に行っていても、やっぱり足が向いてしまうのが「ビクトリア・ピーク」。なぜ何度も行きたくなるのでしょう? その魅力については、以前、このたびナレに書きました(記事はこちら→ https://www.ab-road.net/asia/hong_kong/hong_kong/guide/sightseeing/10574.html)。しかし先日、私はまたしてもビクトリア・ピークに登り、あらためて前に書いた三つの魅力を再確認してきました。それに加え、今までは気づかなかった新たな魅力も知りましたよ!

この記事の続きを見る


右側には南国らしくヤシの木。左側にあるのは香港文化中心の建物。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港は行くたびに風景が変わっている、忙しい町です。ホテルもレストランもショップも、どんどん建ってはどんどん潰れたり移転したり拡張したり。そんな町では、昔ながらの建築物を見かけると、それだけでなんとなくホッとします。初めて香港に来た時、自然と目が吸い寄せられたものがありました。尖沙咀(チムサーチョイ)側のスターフェリー乗り場のすぐ前に立つ、「前九広鉄路鐘楼(尖沙咀鐘楼、クロックタワー)」です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港 糖朝 香港島に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介