page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港ツアー 羽田」の見どころ情報

香港ツアー 羽田に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港ツアー 羽田」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


成田空港出発ロビー
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
プレミアムフライデーが始まると、金曜日の15:00に退社、続けて土、日と連休になります。せっかくなので、どこかに旅行に出かけたくなりますね。しかも海外までも、旅行先の視野に入ってきそうです。考えられるのは、金曜日の夜便を利用し、日曜日の夜、あるいは月曜日の早朝までに帰国する。機中泊の可能性もありますが、海外旅行が十分可能になるのです。そこで、首都圏の羽田、成田両国際空港を利用するとして、どんな国に行けるのか、調べてみました。ヒットしたのが、韓国、台湾、中国、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの各国です。短期なので手荷物だけで十分ですから、預け荷物に別途料金がかかる格安航空会社(LCC)を使っても、さほど不便はないでしょう。食事と飲み物のサービスは有料で、しかしさほど高くないですし、足元はやや狭くなりますが、長時間のフライトではないので、心配するほどではありません。

この記事の続きを見る


羽田空港の6階に位置。エントランスから優雅だ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2014年12月9日、キャセイパシフィック航空は羽田空港・国際線ターミナルに「キャセイパシフィック・ラウンジ」を開設した。場所は114番ゲート近くで羽田空港に国際線を乗り入れる日系以外の航空会社として自社ラウンジを設けるのはこのキャセイが初めてとなる。「キャセイパシフィック・ラウンジ」の総床面積は990で、キャセイのハブとなる香港以外の自社ラウンジとしては羽田が最大級となる。たしかにゆったりとした空間で今後はファーストおよびビジネスクラスの乗客、ザ・マルコポーロクラブ会員(シルバー以上)、ワンワールドのエメラルド、サファイアステイタスのゲストが利用可能となる。

この記事の続きを見る


真っ赤なドラゴンが目印。1988年から日本の地方都市に就航する歴史を持ち、今も日本〜香港〜アジアを結ぶ。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
香港から中国を中心にアジア各都市44ヶ所を結び、日本から直行便のないアジア各都市への旅行に頼りになる香港ドラゴン航空。日本からは沖縄と福岡から香港へ直行便を運航するほか、親会社となるキャセイパシフィック航空とつなげれば羽田、成田、大阪、名古屋、札幌といった主要都市から香港経由で就航都市までスムーズにアクセス可能。また2013年3月から順次、新ビジネスクラス及び新エコノミークラスを導入、新開発エンターテイメントシステムStudioKA も採用される。1月25日には中国本土の温州に運航を開始、3月28日にはベトナムのダナンへ就航予定と、さらにネットワーク&サービスを広げている。

この記事の続きを見る


次世代機ボーイングB777-300ERを随時、導入。現行のB747-400、エアバス340-300から移行、最新性を向上させる予定に。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
高さ490mという世界で一番高い位置にあるザ・リッツ・カールトン、香港が3月にオープンなど、話題性で再び、注目の香港。所要およそ4時間で行ける身近な海外旅行スポット。そのかけはしとなるのが香港を拠点にするキャセイパシフィック航空。震災後は減便、運休などが若干、あるものの羽田、成田、関空、名古屋、福岡、千歳と日本全国から香港への直行便を運航。まさに香港の顔といえるエアラインだ。また、ヨーロッパの各都市、オーストラリア、南アフリカなど世界中へ香港経由で行く、幅広いネットワークでも知られる。

この記事の続きを見る


出国ゲートの自動チェックイン機は全エアライン共通。限りなくバリアフリー設計が施され、スーツケースの重さを測る際も持ち上げる必要がない。モノレールなどの交通機関、国内線への乗り換えの動線も優秀!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
海外旅行を愛するみなさん、お待たせしました!ついに羽田・新国際線ターミナルが開業しました。今までは路線も限定されていたけれど、新国際線ターミナルが誕生し、早朝から深夜便まで24時間体制でネットワークが拡大。2011年1月末までの就航予定都市は、中国(北京、上海、香港)、韓国(ソウル)、タイ(バンコク)、台湾(台北)、シンガポール、マレーシア(コタキナバル)、アメリカ(ニューヨーク、デトロイト、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ホノルル)、フランス(パリ)、カナダ(バンクーバー)と世界9ヶ国15の都市と、国内49都市を結ぶことになる。

この記事の続きを見る


イエローカラーが南国気分のセブ・パシフィック。フィリピンのビジネスファミリーが経営。マニラを起点にフィリピン国内だけではなく香港、上海、マレーシアなどに就航
  • テーマ:
  • エアライン・空港
羽田や成田の発着枠の増加もあり、日本にも続々と登場か?とウワサされるのが、LCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安航空会社の存在。アジアやヨーロッパでの台頭は著しく、片道たった1ユーロ(約120円)などという激安、というかタダみたいな料金を打ち出すなど、驚きのプライスで大手エアラインに勝負をかけている。実は日本にもすでにLCCは就航している。そのひとつが、セブ・パシフィック。1995年に誕生したLCCで、2008年に関空からマニラ直行便を運行中だ。

この記事の続きを見る


「香港ツアー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

バスタブが部屋の中にいきなり置いてあるレイアウトも(ホテルワンダーラスト、シンガポール)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行初心者さんにとっては、準備中も旅行中も、すべてが初めてのことばかり。無事帰宅するまで緊張の連続ですよね。“初めての海外旅行マニュアル”的な読み物は、いろいろな媒体で読むことができます。それらはやはり現地で体験しないと実感できないことがほとんどですが、それでも心づもりをしておくに越したことはありません。今回は「ホテル」、その中でもとくに「バスルーム」にテーマを絞ってちょっとしたアドバイス。ガイドブックには書いていない、本当にちょっとした小さなトピックをあえて選んでみました!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港ツアー 羽田に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介