page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港島」の見どころ情報

香港島に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港島」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果76

1 2 3 4 5 末尾 次へ


2店舗目の入り口は、淡いブルーが印象的
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のコーヒー文化は、ここ10年ほどですっかり様変わりした感があります。スペシャルティコーヒーを出すカフェは、日本でも何年か前に「サードウェーブコーヒー」としてもてはやされましたが、流行も一段落。香港中心部では、小規模なカフェの姿はもうすっかり街並みに溶け込んでいます。そんな中で、ひときわユニークな存在なのが「Brew Bros Coffee」。香港にある数あるカフェでも強くおすすめしたいお店です。

この記事の続きを見る


ただビルが建っているだけなのに、ここはどうしてこんなに高揚感があるんでしょう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「永遠の観光地・香港の「ビクトリア・ピーク」は何度行っても素敵だと再確認!」前編からの続きです。ご存知かと思いますが、「ビクトリア・ピーク」と一般的に呼ばれているのは、本当の山頂ではありません。ピークトラムというケーブルカーの山頂駅一帯の総称です。ここにピークタワーやピークギャレリアなどの施設が建っています。ビクトリア・ピークのエリア内で最も見晴らしがいいのは、ピークタワーの有料展望台「スカイテラス428」です。他にも展望スポットはいくつもありますが、このエリアで最も海抜が高いのはここです(428メートル)。加えて、360度の眺望をたっぷり楽しめるのはここだけ。さすが、有料なだけのことはあります。

この記事の続きを見る


みんな大好き、ピークトラム
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
数えきれないほど香港に行っていても、やっぱり足が向いてしまうのが「ビクトリア・ピーク」。なぜ何度も行きたくなるのでしょう? その魅力については、以前、このたびナレに書きました(記事はこちら→ https://www.ab-road.net/asia/hong_kong/hong_kong/guide/sightseeing/10574.html)。しかし先日、私はまたしてもビクトリア・ピークに登り、あらためて前に書いた三つの魅力を再確認してきました。それに加え、今までは気づかなかった新たな魅力も知りましたよ!

この記事の続きを見る


右側には南国らしくヤシの木。左側にあるのは香港文化中心の建物。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港は行くたびに風景が変わっている、忙しい町です。ホテルもレストランもショップも、どんどん建ってはどんどん潰れたり移転したり拡張したり。そんな町では、昔ながらの建築物を見かけると、それだけでなんとなくホッとします。初めて香港に来た時、自然と目が吸い寄せられたものがありました。尖沙咀(チムサーチョイ)側のスターフェリー乗り場のすぐ前に立つ、「前九広鉄路鐘楼(尖沙咀鐘楼、クロックタワー)」です。

この記事の続きを見る


チムサーチョイから見た風景。少し、ビームが出ています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港の夜景はつとに有名ですが、「シンフォニー・オブ・ライツ」を見たことのある人は、どれくらいいるのでしょう? これは2003年に香港政府観光局がスタートさせた、ビクトリアハーバーを舞台とする「光と音のショー」です。毎晩、午後8時から13分間、香港島に建ち並んだ高層ビルからレーザービームやサーチライトが放たれるというものでした。2005年12月からは九龍半島側のビルも参加し始め、さらにネオンサインや花火なども加わっていきました。

この記事の続きを見る


プレミアムフライデーで海外へ!(その5:香港、マニラ、バンコク、クアラルンプールの楽しみ方)
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
(その4より続く)海外といっても、上海までなら4時間程度のフライト時間で行けますが、香港やマニラだと、4時間半から5時間、バンコクなら7時間、クアラルンプールだと7時間半かかります。香港やマニラは、その日か、翌日の深夜に到着できる便もありますので、ホテルでぐっすり眠れます。ただ、バンコクやクアラルンプール(以下KL)だと、翌土曜日の早朝着です。また最大で、帰りは日曜の深夜便利用、月曜早朝帰着となり、そのまま会社へ直行です。こうなると、そうまでして海外へ行く必要があるかということになります。普通は無理せず、香港、マニラくらいまでが許容範囲となるでしょう。それでもバンコクに行きたい、KLに行きたいという人がいても、僕は少しも変だとは思いません。なぜならバンコクにはバンコクの空気が流れ、KLにはKLの匂いがするからです。その空気や匂いを吸った瞬間、日本とは違う異国の空気を感じられるのです!

この記事の続きを見る


ひたすらカッコいい、ホテルのメインエントランス
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港の夜遊びスポットといえば、昔も今もランカイフォン! 今や香港島側も九龍半島側も、香港のいたるところでナイトライフを楽しめますが、ランカイフォンはその草分け的存在です。かくいう私もランカイフォンが大好き! 近年、頭角を現し始めた注目スポットよりも、在住の欧米人向けのこなれた雰囲気がいいんです。香港ではさまざまなエリアのホテルに泊まってみていますが、今回は夜遊び優先で、ランカイフォンのど真ん中の高級ホテルに泊まってみました。

この記事の続きを見る


遠くからでも目立っています!
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のキリスト教会を訪問したことがありますか? 香港は、長らくイギリスの植民地だったため、イングランド国教会の系統である「聖公会」がおもに信仰されています。香港各地にはいくつものキリスト教会が建っていますね。日本の常識では考えられないほどの高層ビルがぎっしり並ぶ香港で、その谷間に建つ教会は、そこだけ別の時間が流れているように感じられることでしょう。そんな香港の教会の中でも、とびきりユニークな存在感を誇る教会が、「中華様式のキリスト教会」です。現在、香港には3ヶ所あるそうです。

この記事の続きを見る


香港の朝食は、やっぱりお粥?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
プレミアムフライデーを利用して、週末に香港旅行へ行きませんか? 香港へは、LCCを含む各航空会社から、往復深夜便が就航しています。深夜便を使えば、国内旅行の感覚で香港へ旅立てますよ。たとえば羽田空港から金曜の深夜に出発し、土曜の早朝に香港に到着して、土曜日はまる1日、観光やグルメを。土曜の深夜便で帰国すればゼロ泊旅行です。もう少しゆとりのある旅をしたいあなたなら、香港に一泊して、帰国は日曜日中の便に。さらにタフなあなたは、日曜の深夜発、月曜の早朝に東京に到着してお仕事へどうぞ!

この記事の続きを見る


そのお店のエビワンタン麺。ぷりぷりのエビがつまったワンタンは本当においしい! 中環店より支店は、安いのも魅力!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「あなた、ちょっといいかしら?」と、食堂のおばさんに話かけられました。口調からして、なんだか嫌な予感。いったい、何を言われるのかしら。今、私がいるのは香港の九龍側佐敦にある超がつくほど有名なエビワンタン麺のお店です。旅行者には、香港島の中環にある本店のほうが知られていますが、佐敦に支店があるのです。本店は立派な外観ですが、佐敦店は、みるからに安食堂といった感じの本当に小さなお店です。丸テーブルの数も少ないので常にひざに荷物をおいて相席しなくちゃいけません。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港島に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介