page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香港映画 ロケ地」の見どころ情報

香港映画 ロケ地に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香港映画 ロケ地」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


龍の背のようにうねるハイキング・トレイル、「ドラゴンズ・パック」から臨む夕暮れの石澳の村
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港島の南東部に位置する小さな海辺の村、石澳。ここは本当に「集落」と言った方が似合うほど小さな村なんですが、夏には大勢の人を魅きつける白いビーチ、見る人を圧倒する大きな奇岩、そして香港映画『喜劇之王』(周星馳・1999年)のロケ地でもあるという、小さな村にしては盛りだくさんの場所なんですよ。また、香港でも指折りの海辺の絶景を望むハイキングトレイル、「ドラゴンズ・バック」の終点としてもにぎわうところ。小さな村なのでサクッと歩けてしまいますが、華やかなリゾート地とは一味違った素朴な風情を味わうにもピッタリです。では、早速石澳の魅力をご紹介していきましょう。

この記事の続きを見る


ここから長〜いエスカレータ・ライドが始まります!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港といえば、旅人ゴコロをくすぐる飲茶に買い物、夜景にエステ。それに加えて、イギリス植民地時代の名残で西洋と東洋が交差した雰囲気を味わえるのも、香港の魅力の一つでしょう。香港島のセントラル地区では、そんなエキゾチックな空間をたっぷりと味わえます。ここは別名「西洋人街」と言われるだけあって西洋人の姿も多く、どこもかしこも英語が通じて当たり前。また、高級ホテル、ブランドショップ、お洒落なレストランやバーも密集し、他の地区とは一線を画した独特な雰囲気を持っています。

この記事の続きを見る


「香港映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

友達と行くのもいいけど、ひとりで静かに過ごしたい人にもぴったり
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
50年代の香港なんて、実際には知らないけれど、このお店にいるだけでレトロな雰囲気は十分すぎるほど伝わってきます。壁に貼られたメニューの猥雑な雰囲気が昔っぽい1階、緑の窓枠からこぼれる木漏れ日が落ち着く2階。どっちでくつろぎタイムを過ごすか、迷いに迷って2階にあがります。ああ、また2階に来てしまいました。ここ「美都餐室」は50年代の香港の雰囲気を伝える、伝説的老舗カフェです。ドリアや焼きそばも食べられるので、カフェという呼び方はあってませんが、地元の人たちから愛され続けているお店です。

この記事の続きを見る


中国の世界遺産(8)中洋折衷の不思議な楼閣が見られる開平
  • テーマ:
  • 世界遺産
田んぼのど真ん中に現れた洋風と中華風が混じった不思議な建築物が、開平の「楼(ディヤオロウ)」群です。時代がかなり新しいにも関わらず、2007年には世界文化遺産に認定されました。この「楼(ディヤオロウ)」とは楼閣のことです。開平は香港に近い広東省の中南部の江門市にあります。江門は元代末期から明代初期にかけて集落が形成され、17世紀になると商業地として栄えました。その後、この地の住民は海外に進出するようになり、江門は多くの華僑を排出しました。その華僑が故郷に錦を飾る時に、渡航先の国々で見た建築様式を中国に持ち込みました。それが開平の楼群です。

この記事の続きを見る


香港愛護動物協会は、こんな活動も
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
その国のペットや野生動物に目を向ける活動の活発さというものは、社会の成熟度に比例すると私は思います。香港では、「愛護動物協会(SPCA)」という団体が、この捨て犬シェルター「DOG×GOD」の運営に代表されるように、真剣に、しかもおしゃれでカッコよく、活動を展開しているのでした。SPCAは、捨て犬の保護や新しい飼い主斡旋の他、ランタオ島で増えすぎた野良牛に去勢手術を施したり、香港映画スターが犬を抱いているポスターで「最後まで責任を持ってペットを飼おう」という啓蒙活動もしています。そればかりでなく、なんと東日本大震災当時も、被災地の困っている動物を救うための活動をしてくれていたのです。ありがとう、SPCA!

この記事の続きを見る


香港のナイトライフを楽しみに、様々な人が集まるLKF
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
ぐんぐん気温が高まって、夏のような日差しも感じる最近の香港。こうなると、ナイトライフを楽しみたい人達も増えてきますよね。今回は、変貌を遂げつつあるセントラル周辺のナイトライフを簡単にご紹介。ずっと以前はナイトライフといえばランカイフォン(以下、LKF)一辺倒な感じもしましたが、今はWyndam StreetやPottinger Street、Peer StreetにSOHOなど等、グッとエリアが広がっています。あまり飲まない人でも、この界隈の雰囲気を味わうだけでも楽しいかも?では、早速ご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


美味しい広東料理が待つ人気の『西苑』
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
ジャッキーチェンを始め、香港映画を代表する監督の一人、ウォン・カーウェイ等の有名人も訪れたという人気の『西苑』。コーズウェイベイ、上環、太古に店舗がある『西苑』は、その素材と味へのこだわりが人気の秘密。各店舗でシェフが違うためメニューも少々異なり、それぞれの個性を味わえそう。特にコーズウェイベイ店はショッピングのメッカという場所柄もあって、予約必須の人気店。予約、または時間をずらすして訪れることをオススメ。今回は、夕食時よりも少〜し手頃に食べられる『西苑』の飲茶ランチをご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


独特のテイストが光るGODの書店版、『香港書店』
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
日本に帰った後も香港旅行を思い出させてくれるものと言えば、写真や本。イラストや写真を眺めるだけでも楽しくて、読めない中国語にもそこはかとなく香港情緒を誘われて。旅先で買った本って、いい思い出になりますよね。でも、どうせ持ち帰るなら手軽に持ち帰れて、お洒落で香港らしさを感じる本がいいと思いませんか?そんな本を探している人にピッタリなのが、独特のテイストで人気のインテリア雑貨ショップ『GOD』が運営する本屋さん、『香港書店』。本以外にも、なぜか昔懐かしい素朴な駄菓子やカードまで並んでいる、お土産探しにもピッタリのGODの書店版。ちょっとのぞいてみませんか?

この記事の続きを見る


カフェのガラスの壁には色んな作家や監督の名前が
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「香港にはアートがない」とはよく聞くフレーズ。でも、そんな香港でもささやかながら、映画・本・アートを程よく融合させて発信しているカフェがあるんです。それが、『Kubric』。ここは映画好きには有名で、その場所も映画館の隣という正にこのカフェにピッタリのロケーション。カフェの名前も、映画監督のスタンリー・キューブリックにちなんだものなんですよ。映画・本・アートなど気軽に文化に親しめるこのカフェ、では早速ご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


王府井大街に面した「FAB」の門
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
中国の旅を通じて、中国語や中国のエンターテインメントに興味を持つ方も多いのではないでしょうか。旅をした街が舞台になっている中国映画を見たり、街角で流れていた中国語のポップスが歌えるようになったりするも、旅の楽しいおまけだと思います。今回は、中国映画のDVDやポップスのCD、人気のベストセラーがそろう「FAB精彩無限」へ。ここは、実際に商品を購入しなくても、見ているだけで、今の中国の流行が分かる楽しい専門ショップです。北京の映像、音楽好きの間でも、その品揃えに定評があるショップです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香港映画 ロケ地に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介