page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「香辛料 胡椒」の見どころ情報

香辛料 胡椒に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「香辛料 胡椒」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果15

1 2 末尾 次へ


スペキュラースの名前の由来は、聖ニコラスを意味するラテン語のspeculatorや、スパイスを意味するオランダ語のspecerijなど諸説あります。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
スペキュラース (speculaas) はキャラメルの香ばしさのなかに、生姜やシナモン、ナツメグなどのスパイスがふんわり香る、オランダ伝統のスパイスクッキーです。スペキュラースが生まれた17世紀のオランダでは、オランダ東インド会社の香辛料貿易によって豊富なスパイスが流通していました。スペキュラースの生地には、クローブ、アニス、カルダモンなど、様々なスパイスが練りこまれています。スペキュラースはもともと、聖ニコラスの日 (12月5日に祝うオランダのクリスマス) のために焼かれていたクッキーで、シンタクラース (Sinterklaas) や侍従のズワルト・ピート (Zwarte Piet) など、クリスマスにちなんだ押し型で作られていました。現在ではスーパーでも手軽に購入でき、風車型のスペキュラースはオランダのお土産としても人気です。一年中食べられるスペキュラースですが、クリスマスシーズンに向けて家庭での手作りもお勧めです。

この記事の続きを見る


オランダのドロップは日本語のドロップの語源とされています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
【前編】の続きです。オランダのスイーツのうち、最もユニークな見た目と味を持つのがドロップ (drop) です。リコリスと塩化アンモニウムで味付けされ、北欧ではサルミアッキと呼ばれます。生薬としても使われるリコリスには抗炎症作用等があり、ドロップには咳を鎮める効果もあります。オランダでは子供から大人まで幅広く愛されているスイーツですが、外国人の間では「世界一まずい」と話題になることもしばしばです。カーボンブラックで着色された真っ黒な見た目、強い塩味とアンモニア臭、タイヤのような食感は、美味しい!といただくことが難しいです。ただし、色々な種類を食べ比べているうちに、美味しいと思えるドロップが見つかったり、次第にそのクセのある味にはまったり、ドロップには奥深い魅力があります。とりあえずは「世界一まずいキャンディー」として日本に持ち帰り、「やっぱりまずい!」と皆で笑ってお土産話に花を咲かせるのも楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


独特の食文化を持つネワール料理をぜひ食べてみよう
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒマラヤの国ネパールは多民族国家ですが、数ある民族の中でも独自の文化をもっているのがネワール族。現在ネパールの首都があるカトマンズ盆地には、古くからネワール族が住み着いていました。中世の時代から都市文明を築いていた彼らは、食においても洗練された独自の文化を持っています。カトマンズを訪れたなら、ぜひ一度はネワール料理を味わってみましょう。

この記事の続きを見る


色とりどりで形も可愛らしいジンジャーブレッドが店内に並ぶ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
レープクーヘンというお菓子をご存知だろうか。クリスマス時期にドイツへ行ったことがある人なら必ず目にするし、食べたことがある人も多いのでは。ドイツではニュルンベルクがレープクーヘンの町として知られている。ここへ来れば一年中レープクーヘンを買うことができるが、他の町ではクリスマスの時期にだけ売られることが多い。ドイツ語のレープクーヘンと同じものは英語でジンジャーブレッド、あるいはペッパークッキーなどと呼ばれている。それなら、ああ、あれか!と想像が付くかもしれない。香辛料の入った個性的な味がするクッキーだ。ここプラハでは、ジンジャーブレッドを一年中味わうことのできる店がある。場所はネルドヴァ通り。マラー・ストラナ地区から城へ上がっていく坂道の途中に、ジンジャーブレッド・ミュージアムというショップがある。

この記事の続きを見る


シンタクラースの歓迎パレードに始まるシンタクラース祭は、12月6日まで約1ヶ月間続きます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
クリスマスといえば、イエス・キリストの降誕を祝う12月25日ですが、オランダには、もうひとつのクリスマスがあります。12月6日の聖ニコラスの命日を祝う「シンタクラース祭 (Sinterklaasfeest)」です。聖ニコラスはオランダ語で「シンタクラース (Sinterklaas)」と呼ばれ、11月半ばの日曜日に、従者の「ズワルト・ピート (Zwarte Piet)」を引き連れて、スペインからオランダへ蒸気船でやってきます。オランダ人は国をあげてシンタクラースを歓迎し、各地で歓迎パレードが開催されます。アムステルダムでは水上パレードの後、白馬に乗ったシンタクラースが市街地を巡り、ズワルト・ピートたちが集まった子供たちにお菓子を配り歩きます。アムステルダムの歓迎パレードは40万人もの人々で賑わい、毎年テレビで生中継されています。

この記事の続きを見る


黒いスレート板でサービスされるチョコレートケーキ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/エルフルト 
ゲーラ川の畔に開けた古都エアフルト。ゲーラ川とは聞いたことのない川だが、テューリンゲンの森から湧き出でるウンシュトルート川の支流で、ナウムブルクでザーレに合流し、最後は大河エルベに流れ入る。13あるドイツワインの栽培地域の一つがザーレ・ウンシュトルートで丁度この辺りだ。旧市街を流れていくゲーラ川は、場所によっては子供が水遊びできるほど浅くて川幅も狭い。そのゲーラ川に架かっているのがエアフルトきっての観光名所クレーマー橋である。この橋のすぐ近くに有名なチョコレート屋さんがある。店の名はゴールド・ヘルム。黄金の兜、という意味だ。手作りチョコレートの店で、エアフルトではゴールド・ヘルムを知らぬ人はいない。老舗ではなく、創業は2005年という近年オープンの店なのに、美味しさと新しい試みですぐに有名になった。

この記事の続きを見る


階段をのぼったところにあるハンティング・トロフィー。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
1878年創業のレストラン「Le Louchebem」は肉専門店。かつてパリの中央市場「レ・アル」があった地区に位置しています。パリの中央市場といえば、フランスの作家、エミール・ゾラ(1840〜1902年)が中央市場を舞台にして書いた小説「パリの胃袋」が有名です。この物語が書かれた19世紀後半、中央市場は当時としては珍しいガラスと鉄で作られた建築内にあり、肉、魚、野菜、果物などが積まれていた活気あふれる場所だったといわれています。その中央市場で働く人や野菜や花などを運び少額の収入を得た住民が周辺のレストランで食事をしました。因みにここにあった中央市場は1960年代にパリ郊外のランジスに移築し、今はショッピングセンター「フォーラム・デ・アル」があります。

この記事の続きを見る


レストラン“ゼンフシュトゥーベ(辛子の部屋)”があるバウツェンの町並み
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
ドレスデンから電車で北東へ50分ほど。ラウジッツ地方と呼ばれるこの辺り一帯の中に、バウツェンという大変可愛らしい町がある。数あるドイツの歴史的な町の中で決して知名度は高くはないが、知る人ぞ知る興味深い町なのだ。地元では辛子の町として知られている。ラウジッツ地方では古くからカラシナの栽培が盛んで、良質の辛子が大量に生産されている。もちろん辛子はドイツ各地のみならず世界中で造られているのでバウツェンだけ特別、というわけではない。しかし、これほど辛子を大切に、誇りに思っている町はないであろう。町には辛子だけを売る専門店や、辛子博物館もある。博物館ではカラシナの説明から始まり、収穫した種子を挽いて粉末にし、酢などを加えてマスタードにする過程が解説されている。辛子はドイツ語でゼンフSenfと言う。

この記事の続きを見る


眺めているだけで楽しくなるカラフルなスパイス
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
私たち日本人が思う「いかにもスパイス!」という感じの目が覚めるような黄色いものは、ターメリック。隣に並ぶのは唐辛子です。透明のボトルに可愛くパッケージされた香辛料たちが、お店に入った瞬間楽しく出迎えてくれます。

この記事の続きを見る


マルケン島の緑色の家
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
生まれが田舎のせいか、最近は海外に行っても町より田舎が好きですね。アムステルダムに長期滞在していたときも、ですからちょくちょく列車に乗って、あちこち行ってみました。アムステルダムから一歩外に出ると、まったく違った景色が広がってきます。中でもオランダを代表する田舎が、ザーンセ・スカンスでしょう。アムステルダム中央駅からわずかに15分、コーフ・ザーンデイク下車。徒歩15分、ザーン川を渡ればで到着です。そこには木造の昔ながらの家々が建ち、沼沢地のそばには緑色の風車が回っていました。ただし生活感はゼロです。17世紀に700機以上の風車が回っていたこの近辺は、香辛料の製粉、塗料の生産、材木の切断、油の製造が盛んに行われていたそうです。いわゆる風力発電ですね。しかしそんな産業もなくなり、いまでは観光村となっているのです。しかし風車の写真を撮るのに、これほどのロケーションもありません。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。香辛料 胡椒に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介