page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「10月末に海外旅行に行くなら ベストシーズン」の見どころ情報

10月末に海外旅行に行くなら ベストシーズンに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベストシーズン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


モネが晩年を過ごした場所
  • テーマ:
  • スポット
パリから西へおよそ70kmのところにあるジベルニー村。印象派を代表する画家クロード・モネが晩年を過ごした家が今もそのままあり、4月〜10月末の間だけ一般公開されています。四季折々の花に囲まれたモネのお家では、まるで印象派の世界観に入り込んだかのような豊かな時間を過ごすことができます。美しい自然に囲まれたこの場所から見ることのできる風景こそが彼に大きく影響を与え、たくさんの素晴らしい作品を生み出したと言っても過言ではありません。

この記事の続きを見る


ベストシーズンやプラハのイベントも合わせてご紹介
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
世界で最も美しい都市のひとつにも挙げられる、チェコ共和国の首都プラハ。そんな魅力的な都市プラハに、出来ることならベストシーズンに行ってみたいですよね。そこで、今回はプラハの気候やベストシーズン、プラハで行われているイベントも合わせて、ご紹介いたします。

この記事の続きを見る


GW前に訪れた故宮博物院の太和殿。朝一番に入城しても、国内ツアー客でいっぱい!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
GWが始まる前、4月中旬頃に北京に行くと、寒すぎず、暑すぎず、空気はカラッと気持ちいい。夜は少し肌寒いのでパーカーをはおるとちょうどいい感じ。まさに旅にぴったりの季節!毎年この頃に北京に行きますが、2019年は行くのが遅くなり、下旬になってしまいました。運悪く異常気象にみまわれ、気温は35度から37度!想定外の暑さに泣きました。さて、GWですが、中国にもあります。日本の影響で黄金週とも呼びますが、もともとは労働節と言って、5月1日から3日までが政府が許可している休日です。GWは日本も連続休暇がとれ、北京の気候も良くベストシーズンのはずですが、中国の人々も旅行に出かけるとなると、ベストとは言えないのです。

この記事の続きを見る


常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの首都、バンコクの気候は、年間を通して平均最高気温が30度を超える熱帯性気候です。一年中夏といえますが、暑季、雨季、乾季の3つのシーズンに分かれています。暑季は3月後半から5月まで、その後、6月から10月までは雨季となり、11月から3月前半までが乾季となります。

この記事の続きを見る


652年に建立された大雁塔。その後、修復が何度もあり、明代に現在の姿になった
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
肉体が滅びた後も皇帝の権威を守ろうとしているのか、それとも誇示し続けたいのか。世界遺産「秦始皇帝陵博物館」では、「兵馬俑」と呼ばれる等身大の陶製の兵士が地下坑道にずらりと並んでいます。その秦始皇帝陵博物館がある西安は、中国の真ん中よりやや東に位置する陝西省の古都です。三蔵法師が長い旅を経て、インドから持ち帰った経典を保管するために建てられた大雁塔、唐の高宗と中国でただ一人の女性皇帝の則天武后の合葬墓である乾陵などなど。西安は、まさに歴史遺産の宝庫! 中国史に興味がある人ならぜひ、行ってみたいところです。日本からは上海や北京で国内線に乗り換えると、約2時間で行けることもあり、日本人観光客が多い都市です。初めて西安に行くなら、いったいいつがベストシーズンなんでしょう?

この記事の続きを見る


独特な文化と、親しみやすさで人気の旅先、台北
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
近くて、安く行けて、エアラインの便もたくさん飛んでいて、なによりも観光の楽しさいっぱいの都市といえば…台湾の台北ですね。せっかく行くなら、ベストシーズンに行きたいもの。訪れるのにいちばん快適なシーズンは、いつでしょうか。まずは一般的によくいわれる、季節ごとの特徴をまとめたいと思います。「春(3月〜5月) 過ごしやすい。5月から気温上昇。雨は多め」。「夏(6月〜9月) かなり暑い。台風に注意」。「秋(10月〜11月) 過ごしやすい。雨は少なめ」。「冬(12月〜2月) 寒い。でも東京よりは暖かい」。

この記事の続きを見る


「正濱漁港彩虹屋」の様子
  • テーマ:
  • 観光地・名所
台北からバスで1時間弱で到着できる台湾最北端の港町「基隆」。大型外国船が立ち寄る台湾の北の玄関口でもある基隆は、北海岸の大自然に触れられ、気軽に新鮮な海鮮グルメを堪能できる街として人気の観光地です。今回は、基隆の「和平島観光漁市」付近の人気観光スポットを幾つかご紹介します。まず初めに、インスタスポットとして話題になった「正濱漁港彩虹屋」。カラフルなペンキで塗られた建物と船と入江がポップで可愛いと、若者の間で話題になり、別名「台湾のベニス」とも呼ばれています。「正濱漁港彩虹屋」の一部や対岸にカフェやレストランがあるので、可愛い港街を眺めながらホッと一息付くのもいいかもしれません。

この記事の続きを見る


塩課提挙司の役所。現在は、普通に住民が住んでいる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/大理(ターリー) 
「手作りソーセージを食べに雲南省の白族の村へ」前編からの続きです。諾ドンの村は、雲龍県の中心部から三輪タクシーで登って行ったところにあります。中腹で三輪タクシーを降り、さらに石段を登っていくと、諾ドン村の広場に着きます。雲南省の山奥の村とは思えないような立派な門構えのお屋敷が建っています。門の装飾のみごとさに、諾ドンがただの農村ではなく、塩を生産する特別な村だと言うことが感じられました。明清代には、塩の生産、運搬、販売を管理する「塩課提挙司」と言う官職がありました。広場のお屋敷は、この塩課提挙司の役所だった場所です。この役所の前の広場に村人が集まり、白くて太いソーセージを作っていました。

この記事の続きを見る


元陽の新街鎮から南東に約23キロのところにある多依樹梯田。朝日の撮影スポットとして知られる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/元陽 
棚田に映る太陽の光、早朝の青みがかった棚田に浮かぶ霧。こういう写真もいつか撮ってみたい。中国の西南部、雲南省元陽は「天まで届く」と言われる棚田で知られています。元陽は、雲南省の中でも南部の紅河ハニ族イ族自治州に属しており、「紅河哈尼族棚田群の文化的景観」として2013年に世界文化遺産に登録されました。その後、観光客が急増し、中でも写真愛好家の間で人気が高いところです。ベストシーズンに元陽行きを計画している写真愛好家は、棚田に水が入ったとわかると、待ってましたとばかりに元陽に集まります。皆さん、棚田に張られた水を利用して、幻想的な写真を撮ろうと張り切っています。私は、ベストシーズンと言われる時期に元陽に行ったことがありません。2回ともベストシーズンから外れた時期でした。

この記事の続きを見る


重慶中心部の「十八梯(シーバーティ)」は、再開発で大部分がつぶされてしまったが、昔懐かしの重慶が残っていた場所として知られる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/重慶(チョンチン) 
2016年10月と2017年2月に合わせて、1週間以上重慶に滞在しました。1回目の滞在は、なんて運が悪いんだろうと悲しくなるぐらい雨ばかりでした。重慶は、中国西南部に位置する直轄市です。中心部の渝中区は、高層ビルが立ち並び、一見香港のような雰囲気。その現代的なビル群の中に古びた低層家屋の重慶が紛れ込んでいます。どことなく哀愁を帯び、喪失感が漂う町の雰囲気が好きで、2016年の秋以降、重慶にはまっています。こんなに重慶が好きなのに、お天気に恵まれず、重慶滞在中に青空を一回も見たことがありません。2017年2月の3日間は、雨こそ降らなかったものの、連日どよんとしたお天気。私にとって、重慶と言えば、薄暗い町です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。10月末に海外旅行に行くなら ベストシーズンに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介