page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「1965年 リンカーンコンチネンタル」の海外旅行・ツアー情報

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!

海外旅行

「1965年 リンカーンコンチネンタル」の海外情報が見つかりませんでした。
以下の情報がおすすめですので、ぜひご覧ください。

1965年に関するツアー情報一覧は こちら


「1965年」に関するツアー情報一覧

合算燃
18.30
32.30

9日間

成田発

ホテル:
メルキュール・ウィーン・ウエストバーンホフ(ウィーン)、ホテル・ゴール...
航空会社:
エミレーツ航空 指定

日程表を見る

旅行会社/ブランド: 株式会社ファイブスタークラブ/ファイブスタークラブ☆

ツアーポイント

●名作の舞台の古城ホテルのスイートルームに泊まる
●美しき中世の町チェスキークロムロフにも滞在
●東欧2ヵ国の4大世界遺産シティを周遊
●百塔の町プラハに2連泊
●音楽の町ウィーンに2連泊
●モーツァルトが生まれた古都ザルツブルグの町歩きが楽しい
●人気のエアライン エミレーツ航空利用

合算燃
22.30
29.70

9日間

成田発

ホテル:
アンジアナ・ホテル・ヴィエナ(ウィーン)、ホテル・ゲルマニア(ミュンヘ...
航空会社:
カタール航空 指定

日程表を見る

旅行会社/ブランド: 株式会社ファイブスタークラブ/ファイブスタークラブ☆

ツアーポイント

●名画の舞台の古城ホテルのスイートルームに泊まる
●サウンド・オブ・ミュージックの舞台・ザルツカンマーグートを専用車にてご案内
●湖畔の絶景「ハルシュタット」にも滞在
●絶景の古城 ノイシュバンシュタイン城観光
●モーツァルトゆかりの世界遺産の町ザルツブルグ滞在
●ドイツの人気都市ミュンヘンに2連泊
●音楽の都ウィーンに2連泊

合算燃
28.20

6日間

成田発

ホテル:
ジェットウィング・ライトハウス(ゴール)、ジェットウイング・ラグーン(...
航空会社:
スリランカ航空 指定

日程表を見る

旅行会社/ブランド: 株式会社PINK/Love&Travel

ツアーポイント

「光と影」の生み出す空間や「風を感じる」ジェフリー・バワの建築を
本当に味わうのなら、ゆっくり連泊しないと、わかりません。 当コースは、滞在してこそわかる、刻々と時間と共に表情を変えるバワ建築の魅力やふとした空間から覗く見事な借景など、バワを代表する2つのホテルに宿泊しながら、アーユルヴェーダも同時に楽しめるプランになっています。。
また、バワスポットとして、さらにバワの桃源ともいえるルヌガンガの見学やパラダイスロード・ギャラリーカフェでのランチなども組み込んでいます。

<建築家 ジェフリー・バワ>
アラブ、ヨーロッパ、スリランカの血を引く上流階級出身で、イギリス留学、世界放浪の後、建築に目覚め、亡くなるまでの約40年間スリランカを中心に活動をした。
インフィニティプールや回廊風の造りなど、今や世界中のリゾートホテルのあるスタイルの基調となったともいえるアマンリゾートの創設者や建築家にも多大な影響を与えたと言われている。

■<ジェットウイング・ラグーンが皮切り>
1965年バワが初めて設計したホテル ( 旧ブルーオーシャニック・ビーチ・ホテル)。しばらく閉鎖されていたが、バワの愛弟子・ビノッド・ジャヤシンゲにより、バワ・コンセプトを踏襲しながらさらに発展させた形で2012年にリニューアル・オープン。「ラグーンとネゴンボの人々の関係」や 「海外沿いという地域性」を反映させた、バワ初期の作風が味わえる。
■<パラダイスロード・キャラリーカフェで夕食>
旧バワ設計事務所。友人が改築をし、レストランとしてオープン。入口にバワの頭像がある。
■<バワのすべてがある別荘ルヌガンガ>
バワの週末の住処で、バワの理想郷と呼ばれる場所。喧騒から離れ穏やかな時間を感じられる場所で、広大な庭の各所には、椅子やベンチがおかれ、バワが過ごしていた時間や、見ていたであろう景色を追うことのできる場所。
■<ジェットウイング・ライトハウス>
バワ後期の作品。 世界遺産・ゴール・フォートの歴史とインド洋(自然)のもつパワーをホテルのデザインに組み込んだバワだからこそ生まれた「ドラマチィックな空間」が広がる代表的作品。本館はほぼオリジナルがそのまま残る。

合算燃
27.50

7日間

大阪発

ホテル:
ジェットウィング・ライトハウス(ゴール)、ヘリタンス・カンダラマ・ホテ...
航空会社:
スリランカ航空 指定

日程表を見る

旅行会社/ブランド: 株式会社PINK/Love&Travel

ツアーポイント

〜どうしても好き! は止められない〜

■<ジェットウイング・ラグーンが皮切り>
1965年バワが初めて設計したホテル ( 旧ブルーオーシャニック・ビーチ・ホテル)。しばらく閉鎖されていたが、バワの愛弟子・ビノッド・ジャヤシンゲにより、バワ・コンセプトを踏襲しながらさらに発展させた形で2012年にリニューアル・オープン。「ラグーンとネゴンボの人々の関係」や 「海外沿いという地域性」を反映させた、バワ初期の作風が味わえる。
■<ヘリタンス・カンダラマに宿泊>
ジェフリー・バワ設計のホテルで唯一内陸部に建てられたホテル 。ホテル全体が緑の蔦で覆われており、時の流れと共に自然との一体化が進むバワ・ワールド全開のホテル。途中、愛弟子のチャンナ・ダスワッタの手により、改築・増築がされているが、メインの部分はオリジナルがそのまま残っている。
■<世界遺産ダンブッラ観光>
ジェフリー・バワのマスターピース、ヘリタンス・カンダラマを設計する際、バワがインスパイアーされた場所の1つが「ダンブッラ石窟寺院」。
■<世界遺産シーギリヤロック登頂観光>
ジェフリー・バワのインスパイアースポット 
ダンブッラ石窟寺院同様、ヘリタンス・カンダラマを設計する際、バワがインスパイアーされた場所の1つ。
■<バワの息遣いが聞こえるNO11>
バワがコロンボの住居として暮らしていた住宅。もとは4軒の長屋であった家を徐々に購入&改装した。室内はバワのセンスで集めたアンティークやアート作品、ホテルで使用した椅子やテーブルの試作品などがいっぱい。
■<パラダイスロード・キャラリーカフェで夕食>
旧バワ設計事務所。友人が改築をし、レストランとしてオープン。入口にバワの頭像がある。
■<バワ設計のお寺 シーママラカヤ寺院>
バワ設計の仏教寺院(ガンガラマ寺院のアネックス)。仏教が盛んなスリランカにあって、湖に浮かぶように建つ唯一モダンな寺院。
■<バワのすべてがある別荘ルヌガンガ>
バワの週末の住処で、バワの理想郷と呼ばれる場所。喧騒から離れ穏やかな時間を感じられる場所で、広大な庭の各所には、椅子やベンチがおかれ、バワが過ごしていた時間や、見ていたであろう景色を追うことのできる場所。
■<ジェットウイング・ライトハウス>
バワ後期の作品。 世界遺産・ゴール・フォートの歴史とインド洋(自然)のもつパワーをホテルのデザインに組み込んだバワだからこそ生まれた「ドラマチィックな空間」が広がる代表的作品。本館はほぼオリジナルがそのまま残る。

合算燃
27.50

7日間

名古屋発

ホテル:
ジェットウィング・ライトハウス(ゴール)、ヘリタンス・カンダラマ・ホテ...
航空会社:
スリランカ航空 指定

日程表を見る

旅行会社/ブランド: 株式会社PINK/Love&Travel

ツアーポイント

〜どうしても好き! は止められない〜

■<ジェットウイング・ラグーンが皮切り>
1965年バワが初めて設計したホテル ( 旧ブルーオーシャニック・ビーチ・ホテル)。しばらく閉鎖されていたが、バワの愛弟子・ビノッド・ジャヤシンゲにより、バワ・コンセプトを踏襲しながらさらに発展させた形で2012年にリニューアル・オープン。「ラグーンとネゴンボの人々の関係」や 「海外沿いという地域性」を反映させた、バワ初期の作風が味わえる。
■<ヘリタンス・カンダラマに宿泊>
ジェフリー・バワ設計のホテルで唯一内陸部に建てられたホテル 。ホテル全体が緑の蔦で覆われており、時の流れと共に自然との一体化が進むバワ・ワールド全開のホテル。途中、愛弟子のチャンナ・ダスワッタの手により、改築・増築がされているが、メインの部分はオリジナルがそのまま残っている。
■<世界遺産ダンブッラ観光>
ジェフリー・バワのマスターピース、ヘリタンス・カンダラマを設計する際、バワがインスパイアーされた場所の1つが「ダンブッラ石窟寺院」。
■<世界遺産シーギリヤロック登頂観光>
ジェフリー・バワのインスパイアースポット 
ダンブッラ石窟寺院同様、ヘリタンス・カンダラマを設計する際、バワがインスパイアーされた場所の1つ。
■<バワの息遣いが聞こえるNO11>
バワがコロンボの住居として暮らしていた住宅。もとは4軒の長屋であった家を徐々に購入&改装した。室内はバワのセンスで集めたアンティークやアート作品、ホテルで使用した椅子やテーブルの試作品などがいっぱい。
■<パラダイスロード・キャラリーカフェで夕食>
旧バワ設計事務所。友人が改築をし、レストランとしてオープン。入口にバワの頭像がある。
■<バワ設計のお寺 シーママラカヤ寺院>
バワ設計の仏教寺院(ガンガラマ寺院のアネックス)。仏教が盛んなスリランカにあって、湖に浮かぶように建つ唯一モダンな寺院。
■<バワのすべてがある別荘ルヌガンガ>
バワの週末の住処で、バワの理想郷と呼ばれる場所。喧騒から離れ穏やかな時間を感じられる場所で、広大な庭の各所には、椅子やベンチがおかれ、バワが過ごしていた時間や、見ていたであろう景色を追うことのできる場所。
■<ジェットウイング・ライトハウス>
バワ後期の作品。 世界遺産・ゴール・フォートの歴史とインド洋(自然)のもつパワーをホテルのデザインに組み込んだバワだからこそ生まれた「ドラマチィックな空間」が広がる代表的作品。本館はほぼオリジナルがそのまま残る。

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。1965年 リンカーンコンチネンタルに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

iPhone/Androidアプリのご紹介