page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「3泊4日 関空発 シンガポール」の見どころ情報

3泊4日 関空発 シンガポールに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「関空発 シンガポール」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


柿って、欧米人が食べるイメージがわかない日本のフルーツ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
2017年11月下旬、友人が関西国際空港の中にあるショップで不思議な注意書きを見つけてきました。「店内で食べないでください」と書かれた貼り紙と一緒に売られていたのは、どういうわけか柿です。りんごやミカン、いちごじゃあるまいし。これがいちごならちょっと理解できます。日本の高級いちごは、香港、台湾、シンガポールなどの富裕層に非常に人気があります。関空で高級そうな割には、お得な値段のいちごを見つけたら、思わず買ったその場で食べちゃうかもしれません。でも、柿ですよ! 柿なんて皮をむかないと食べられませんし、、、。

この記事の続きを見る


スクートScootとは「活発にかけ出す」という意味がある。元気いっぱいのビタミンカラーの機体がそれを象徴する
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2012年に就航、シンガポール航空を母体にシンガポールを拠点とする新しいLCC(格安航空会社)として話題のスクート。日本からは東京(成田)からシンガポールへ、さらにシンガポール経由でシドニー、ゴールドコーストなどオーストラリア、バンコク(ドンムアン)、香港、台湾各都市に就航。そのスクートが2015年7月8日から待望の大阪(関空)に就航!就航先はシンガポール、バンコク、台湾の高雄。新機体ボーイング787ドリームライナーを導入して関空〜シンガポール間を週6便、バンコクと高雄は週3便の体制で結ぶ。

この記事の続きを見る


フライングカンガルー(空飛ぶカンガルー)がロゴ。まさにオーストラリアを象徴するエアライン。日本へは1947年から就航。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
カンタス航空(Qantas)は1920年、オーストラリアのクィーンズランド州で設立。ユニークな企業名は実は「Queensland and Northern Territory Aerial Services Limited」の頭文字から。日本から南半球のオーストラリアへの直行便を運航するエアラインとして知られる。現在、他社運航コードシェア便で成田、関空からオーストラリア主要都市に運航。成田・羽田からは同じく他社運航コードシェア便でシンガポール経由でオーストラリアへ、というスタイルも提案。また、オーストラリア全土への幅広いネットワークで、国内移動の足としても欠かせない存在だ。

この記事の続きを見る


「3泊4日」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

同じ目的地に行くにも直行便、乗り継ぎ便と様々な行き方がある
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行の航空券には、直行便以外にも、乗り継ぎ便と呼ばれるものがあります。直行便が出発地からダイレクトに最終目的地に行くのに対し、乗り継ぎ便は、途中で別の国の空港に立ち寄り、そこで違う飛行機に乗り換える必要があります。途中で乗り換えるなんて、不安だとか面倒とか思う人もいるかもしれませんが、私は個人的もっぱら使用するのは乗り継ぎ便。その理由や、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


パース行きに使われているのはボーイングの最新鋭機787
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/パース 
ANAが2019年9月からオーストラリアのパースへ直行便を毎日運航している。往路は成田発11時10分、パース着20:15分、復路はパース発21時45分、成田着は翌日の8時25分である。所要時間は約10時間、機材はボーイング787-8型機、座席数はビジネス32席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー138席の計184席である。近年、ANAはウイーン、メキシコシティ、そしてインドのチェンナイへの路線も新規に就航するなど、積極的に就航都市を増やしているが、パースもその一環である。これら新たな就航地には787型が使われているが、787型の特徴として「中型で長距離を飛べる」という部分があり、それほど多くの需要がない都市でも、毎日、直行便を飛ばすことができる。ANAは787のローンチ・カスタマーで、多くの787を運航するが、就航地を増やせているのも787導入の効果といっていいだろう。

この記事の続きを見る


開館200年を迎えたスペインを代表する美術館。シーズン中は混雑するのでチケットの事前購入を
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
この2019年の夏、私は長期の中欧旅行の途中にマドリードへ3泊4日のサイドトリップをしました。目的は音楽フェスでしたが、せっかくなので普通の観光も。その中で楽しみだったのがプラド美術館です。前回行ったのはかなり前。調べると、その間に修復中だったフラ・アンジェリコの『受胎告知』が公開されているようです。また、企画展のベラスケスやルーベンスなどの「フランドル絵画特集」も気になります。友人の話ではチケット売場は混むので、事前にチケットをネット購入したほうがいいというのです。では、どうやって購入するのでしょうか。

この記事の続きを見る


8000m級のヒマラヤを眺めながら歩くネパールでのトレッキング
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ゴレパニ 
ヒマラヤ山脈の南側の麓に東西に細長く位置するネパール。南アジアの小国ですが、ヒマラヤ登山やトレッキングのため、世界中から多くの人が訪れる国です。日本の登山家や山歩き愛好家にとっても、いつかは行ってみたい憧れの地という人は多いのでは? でも、海外トレッキングというと敷居が高く、勝手がわからなく不安という人も多いはず。そこで今回はネパールのトレッキングについて素朴な疑問にお答えします。

この記事の続きを見る


国際線フライトから見たヒマラヤ山脈。飛行機の航路によってはエベレストが見えることもある
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
東西に細長いネパールですが、北側の国境は中国と接していて、この国境のラインにそってヒマラヤ山脈が東西に連なっています。世界最高峰のエベレストは首都カトマンズから150キロほど東、中国との国境線上にあります。中国やタイ経由の飛行機で東側からネパールに入る国際線の場合、運が良ければエベレストを遠くに望められることもあります。飛行機の航路というのは気象状況やその他のフライトとの兼ね合いで、必ずしもいつも同じではないのですが、ネパール国内に飛行機が差しかかったら気をつけて窓の外を眺めてみてください。航空会社によってはエベレストが見えた場合、アナウンスしてくれることもあります。

この記事の続きを見る


ツーリストに大人気のシャクナゲトレック
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ゴレパニ 
ヒマラヤの国ネパールでツーリストに人気のアクティビティといえばトレッキングでしょう。トレッキングとは頂上を目指すのではなく、ヒマラヤを眺めながら、ふもとの丘(丘と言っても3,000mレベルですが)を歩くというもの。ネパールでは日帰りから2週間以上のコースまでバラエティに富んだトレッキングルートが揃っています。今回は、数あるトレッキングルートの中からシャクナゲトレックと呼ばれる人気のコースをご紹介します。ネパールでは、トレッキングのハイシーズンは、春と秋の2回ですが、シャクナゲトレックは春限定の人気のコースです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。3泊4日 関空発 シンガポールに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介