page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ci157便 大阪台北 エコノミー 機内食」の見どころ情報

ci157便 大阪台北 エコノミー 機内食に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エコノミー 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


シンボルカラーの黄色は、空港でもひときわ目立ちます
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
LCCは、世界中で年々利用客数を伸ばし、それに伴って長距離化も進みつつあります。2019年現在、日本からアメリカやヨーロッパなどに直行する便は未だ登場していませんが、いったん他の国へ出てからLCCで11時間以上の超長距離線に乗るなら、選択肢はいくらでもあります。今回は、シンガポール航空グループの格安航空会社「スクート航空」で、シンガポールからベルリンを往復してみました。私は短距離線のLCCなら乗ったことがありますが、12〜13時間という長い飛行時間は初めて!驚くことがいっぱいの長距離LCC、実体験ならではのレポートです。

この記事の続きを見る


機体の尾翼のデザインはコウノトリをイメージしたものという
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
2016年1月14日から、成田〜ワルシャワ直行便の運航を開始したLOTポーランド航空 LOT Polish Airlines。運航開始当初は週3便でしたが、その後増便していき、2018年3月からは1日1往復のデイリー便になっています(冬期は減便あり)。日本からポーランドへの直行便はこの路線のみで、もちろんワルシャワまで最短時間のフライト(往路11時間25分、復路10時間40分)です。今回はこの航空会社の概要と、乗るメリットなどを紹介していきましょう。

この記事の続きを見る


ワルシャワを拠点に100都市に就航しているポーランド航空。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
今年で90周年を迎えたポーランド航空(以下LOTと略)。ヨーロッパのキャリアとしては4番目に古い歴史ある航空会社です。就航は世界100都市。2016年より、成田空港からポーランドの首都ワルシャワまでの直行便を就航させており、他都市への乗り継ぎのアクセスもよく、たとえば人気の中欧都市プラハへは所要13時間と他キャリアに比べて最短で到着します。ワルシャワ空港内もコンパクトなために、乗り継ぎもスムーズでコスパが良いと近年ヨーロッパ旅行の足として人気が高まっています。今年の利用者の数で平均すると、乗客の3割がワルシャワ行きが目的で、7割は他国への経由便として使っているそう。2019年前半期の行き先の上位は、ワルシャワ、プラハ、ウィーン、ブダペストが占めており、なんと搭乗率は約9割という人気のエアラインなのです。

この記事の続きを見る


写真はB777-300ER(写真提供:ユナイテッド航空)
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
各航空会社は、エコノミークラスより快適なワンランク上のエコノミープラスまたはコンフォートプラスといった座席を設けています。オンラインチェックイン時に、座席をもっと良い場所に変更しようと座席表を開いてみると、$マークなどがついている追加支払いが必要なシートがありますよね? これがそのシートです。機内の前方側、ビジネスクラスのすぐ後ろに位置し数千円支払えばそこに座れます。通常のエコノミークラス席よりも座席ピッチ(足元の広さ)が若干広くなり、スリッパや耳栓などのアメニティが付いている場合もあります。このクラスのさらに上を行く「ユナイテッド・プレミアムプラス」が、この春、アメリカ大手航空会社ユナイテッド航空から登場しました。

この記事の続きを見る


英国の国際運輸調査機関スカイトラックス社が認定する「5つ星エアライン」に選ばれているカタール航空。エミレーツやエティハド航空と並び中東を代表するエアラインです
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2018年の春、近年とても人気と噂の高いカタール航空に初めて搭乗してみました。カタール航空は、中東の国カタールの国営航空で、航空券の安さもあってヨーロッパ行きに利用する人も多いエアラインです。今回の旅先はドイツのミュンヘン。行きのQR807便は成田から出発し、途中ドーハで乗り継ぎます。帰りはパリから同じくドーハ乗り継ぎで成田へ。帰路のパリからドーハまでは、今話題の最新鋭機種、2階建てのエアバスA380にも乗れました! まず機内に乗り込むと、天井が高く、足元の広さと座席の座り心地、リクライニングの深さ、座席前スクリーンの大きさに驚かされました。これがタッチパネルの最新型で映画の種類もかなり豊富です。内ポケットには歯ブラシ、ソックス、耳栓、ココナッツの香りのリップクリームのセットが用意され、新しい機内誌がビニール袋に入っています。PCやスマホ充電用のコンセントも各自の席に備わり、嬉しい限りでした。

この記事の続きを見る


アップグレード
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フライトを快適に過ごせたのは、座席をアップグレードしたためです。長時間フライトの為、グランドホステスおすすめの『エコノミーコンフォート』という座席にアップグレードしたのですが、リーズナブルでとっても快適なのです。空席が結構あった為に、チェックインの際にアップグレードできました。

この記事の続きを見る


優雅な白い機体にフィンランドブルーのロゴが映えるエアバスA330。新しいヘルシンキ=福岡路線にも、この旅客機が起用される予定です。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランド航空は、日本とフィンランドをわずか9時間半で結ぶエアライン。成田、中部、関西空港からヘルシンキへの直行便は週21、JALとのコードシェアも含めると週28便も運航しています。さらに2016年5月からは、福岡=ヘルシンキ線も就航予定。ヘルシンキ・ヴァンター空港では、60以上のヨーロッパ都市にスムーズな乗り継ぎでき、そのうち34都市に最短最速で到着します。そのフィンランド航空では、貯めたポイントを使って簡単にエコノミーからビジネスクラスにアップグレードすることができます。(アップグレード方法はこちら→http://www.finnair.com/jp/jp/finnair-plus/use-points/finnair/update-travel-class)

この記事の続きを見る


LOTポーランド航空では成田を含め、北京、ニューヨーク、トロントなどへのすべての大陸間フライトでドリームライナーを使用
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2016年1月14日から、LOTポーランド航空による成田〜ポーランド首都ワルシャワへの直行便が初就航。これにより、日本と中央・東ヨーロッパとのアクセスがいっきにスムースになった。成田空港からヨーロッパへの乗り入れは実に8年ぶり(除く極東ロシア)。ポーランドはもちろんチェコやハンガリー、バルト三国といったデスティネーションへのゲートウェイとしても魅力的だ。機体はドリームライナーの愛称を持つ快適性を追求したボーイング787。クラスはエコノミークラス213席、プレミアムエコノミー21席、ビジネスクラス18席の計252席となる。

この記事の続きを見る


リゾート気分を盛上げるカラフルでポップな機体も人気のヒミツ。自分が乗るシップはどれかな? と探す時間も楽しみです。 写真提供/バンコク・エアウェイズ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
壮大な遺跡群や京都のような趣を感じさせる北のチェンマイやスコータイ、真っ青な海がどこまでも続き、ダイビングスポットとしても人気の南のサムイやクラビ。南北に長いタイにはあちこちに魅力的な観光地があります。せっかくタイを訪れたならバンコクだけに留まらず、ぜひショートトリップしてみませんか? バンコク・エアウェイズならそんな魅力的な都市まであっという間♪ 今回は紺碧の海が待つサムイ島までの1時間ちょっと、快適&安心なフライトをレポートします!

この記事の続きを見る


導入されたB787型機、ドリームライナー
  • テーマ:
  • エアライン・空港
成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ci157便 大阪台北 エコノミー 機内食に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介