page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「dfdsシーウェイズ」の見どころ情報

dfdsシーウェイズに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「dfds」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ここはクリスチャンハウン付近の景色。右も左もヨーロッパの古きよき下町といった雰囲気が楽しめます。運河という低い位置から街並みを眺めるというのもまた趣が違っていいですね!
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
夏になって、水辺での涼みが心地よい季節になると何と言ってもお勧めしたいのがコペンハーゲンの運河ツアー、すなわちカナルクルーズです!ゆっくり進むボートに乗ってさわやかな風を感じながら、運河というかつての一大インフラから街をめぐり、「バスでは気がつかなかったけど、ココとあそこって運河でつながっているんだ!」なんて水の都として発展したコペンハーゲンをしみじみ発見できる、まさに旅の醍醐味!!今回はそんなカナルクルーズについてご紹介します!

この記事の続きを見る


「df」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ソチミルコの自然がいっぱいの水郷
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ 
世界遺産に登録されているソチミルコ。ここは、メキシコの人気観光スポットの一つ。大概の観光客が行く場所は、ソチミルコ地区の中心地に位置する船着場で、そこは、日曜日など休日は、舟が押し合い圧し合いの観光名所。すごくメキシコ的で、マリアッチの音楽も賑やかに聞こえてくるし、お土産屋も軒を並べている。賑やかなのが好きな方にはオススメ。だが、今回紹介したいのは、ソチミルコのもう一つの顔、自然! ソチミルコの中心地区より、ペリフェリコ幹線道路を南東の先に進んでクエマンコ地区まで行く。日曜日でさえ、わずかな人で、平日はほとんど人が居ないので、自然を満喫するにはまさに穴場スポット。メキシコシティの大都会にもまだ、こんな場所があるのだ! それが、本当の世界遺産の姿かもしれない。

この記事の続きを見る


ベルリンの玄関口となる「ベルリン中央駅」
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
2007年夏から続けてきた筆者のサッカー観戦企画も今回が最後。ラストに相応しい町として選んだのが、2006年ドイツワールドカップ決勝・イタリア対フランス戦の行われたベルリンだ。マテラッティのしつこい挑発に切れたジダンが頭突きで一発退場した場面は多くの人の脳裏に焼きついていることだろう。ベルリンの壁が崩壊してから今年で20年。今やドイツが東西に分断されていたことさえ忘れてしまいそうだ。しかし1961年8月13日に一夜にして壁が築かれ、抑圧された東から自由の西へ壁を超えようとして、のべ数百とも数千ともいわれる人たちが命を落とした歴史を忘れてはならない。世界的名所「ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)」も28年間ずっと通行不可能だったという。そんな歴史をしのぶためにも、ブランデンブルク門や「壁博物館(ハウズ・アム・チェックポイント・チャーリー=Haus am checkpoint charlie)」にはまず立ち寄りたいものだ。

この記事の続きを見る


ポルトといえば、ドウロ川。大西洋に流入するドウロ川の北岸の丘陵地帯に開けた町だ
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/ポルト 
前回から通常のサッカー観戦情報に戻ったこの企画。今回は約2ヶ月ぶりにポルトガルを取り上げたい。ポルトガルの3強といえば、スポルティングとベンフィカ、そしてポルト。ジョゼ・モウリーニョ監督(現インテル)率いるFCポルト(Futebol Clube do Porto)が03-04シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)を制覇したのは記憶に新しいところ。このクラブのあるポルトの町の紹介から話を始めたい。人口約26万人の「ポルト(Porto)」はリスボンに次ぐポルトガル第2の都市。英語やスペイン語では伝統的に「オポルト(Oport)」といわれる。列車のゲートウェーは2つあり、1つがカンパーニャ駅(Estacao de Campania)、もう1つがサンベント駅(Estacao de San Bento)だ。リスボンから来る特急列車の多くはカンパーニャ駅に着く。こちらはやや繁華街から遠いので、普通列車に乗ってサンベント駅へ出るといい。

この記事の続きを見る


ポーツマスのスタジアム「フラットンパーク」の最寄駅であるフラットン。ロンドン・ウォータールーから1時間程度の距離だ
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン ポーツマス 
ロンドンのフットボールクラブを紹介してきたイングランド編。次はロンドンから日帰りできる町に目を向けたい。現在のプレミアリーグ所属クラブではレディング、バーミンガムくらいまではその範囲に入るが、やはり我々日本人に馴染み深いのはポーツマス(Portsmouth Football Club)。1905年に日露戦争の講和条約が締結された場所として地名だけは知っている方も多いだろう。このクラブでは2001年シーズンから2年半わたって、日本代表GK川口能活がプレーしていた。そのことを覚えているサッカーファンも少なくないはずだ。

この記事の続きを見る


アズーロジャッロ(黄色と青)に彩られたホーム側のクルバ
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/パルマ 
「エンニオ・タルディーニに行くとなぜか特別な元気が出るの。サッカーって素晴らしいわねぇ」まだ中田英寿がパルマで背番号10を背負ってプレーしていた2003年の秋、日本人の年配女性2人がスタジアムに向かう道中でこんな話をしていたのを聞いたことがある。彼女たちはシーズンに何度かイタリアを訪れ、パルマの試合を見ているという。もちろん中田がいたことは大きかったのだろうが、当時のパルマにはそれだけの熱狂と興奮が渦巻いていた。今回はそんな栄光の時代を振り返りながら、パルマでのサッカー観戦の醍醐味を改めて紹介してみることにする。

この記事の続きを見る


ミラン側のクルバに掲げられたUCL王者を誇るための横断幕
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
セリエAにUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)、イタリア代表戦など毎週のようにビッグマッチが行われるミラノ・サンシーロ。数多く通ったこのスタジアムで見た試合で特に印象に残っているのが、2003年11月のACミラン対ユベントス戦である。もう4年前になってしまったが、2003年5月に行われた02-03シーズンUCLファイナルを戦ったのが両者だった。結果は0−0の末にミランがPKで勝利。屈辱を味わったユベンティーノ(Juventino=ユベントスサポーター)は次戦でミランへのリベンジを期した。2003年11月のゲームはそのUCL決勝の後、最初の顔合わせだったのだ。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

マルシェが開いていない日はオシャレスーパーDELHAIZEの朝食&ランチもオススメ!パン、生ハムや、オリジナルブランドのジュースが安くて美味しい!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
今回は、ブリュッセルの週末(特に日曜日)を格安で楽しめる観光ルートをご提案します! 食事とワッフルとビール、観光を含めて、なんと30ユーロ以下で十分楽しめてしまいます! では早速参りましょう!まずは日曜日の場合、メトロで南駅のマルシェへ。チケットは一日券(4.2ユーロ)を自動券売機で買いましょう。3回乗ると元が取れて、なおかつ土日祝日は1枚で2人分! 南駅では市最大規模のマルシェが毎日曜オープン! フルーツやパンで朝食を済ませ、ついでにランチ分も調達しちゃえます(合わせて4ユーロ程度)。(日曜じゃない場合でも、サンドイッチスタンドで一食2ユーロ程度)

この記事の続きを見る


アルバムの背表紙のようなものに並べられた洋服の留め金ですが、色も形もかわいくならんでいて、そのままインテリアとして使えます!
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
蚤の市やリサイクルショップについてはすでにお伝えしましたが、今回はその中から意外なお土産をご紹介します! お土産のオススメ発掘エリアは蚤の市や古物市、リサイクルショップなどで、基本チープな古物マーケットです。過去お伝えした中ではジュ・ド・バル(Place du jeu de balle/古物市毎日開催、付近にはリサイクルショップ有)、ウォルウェー・サンランベール広場(Place saint-lamber/毎月第一日曜日開催)がありますが、他にも各地で頻繁に開催されています(下記URL参照)。

この記事の続きを見る


ウォルウェー・サンランベール広場。毎月第一日曜日は蚤の市。この日は年に1度の古本市でした。さすがブリュッセル。仏語、蘭語、英語等様々!因みに古本市は9月にブリュッセルのあちこちの広場で開催
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ヨーロッパの主要都市を廻って「ちょっと落ち着いたところで半日か一日のんびりしたいな」と思ったら、まっすぐロードビークへ!ブリュッセル中央駅からメトロ1Bに乗ってたったの10〜15分というアクセスなのに、観光客がほとんどいないブリュッセルに出会えます。ここは住宅地と大きな公園に囲まれた、地元っ子の遊び場。休日には家族連れでくる大きなショッピングモールや、青空市が開かれる広場、毎日地元のおじちゃんやおばちゃんや学生が通うカフェやブラスリー、ちょっと気の利いたワインやデリが買えるおしゃれなスーパーなどがあります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。dfdsシーウェイズに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介