page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「eかもめ」の見どころ情報

eかもめに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

セント・トーマス病院内にあるフローレンス・ナイチンゲール博物館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
近代看護学の草分け、そして看護師の鑑として知られるフローレンス・ナイチンゲール。現代では考えにくいことですが、看護婦という職業は下層階級の無教養な女性が就く仕事と考えられていた時代に、家族の反対や階級社会の壁を超えて看護婦となった意志の強い女性でした。またナイチンゲールは、ロンドンのセント・トーマス病院内に看護学校を設立して後継者の育成にも努めたのですが、その看護学校跡に開館したのがフローレンス・ナイチンゲール博物館。彼女の子供時代やクリミア戦争での体験、看護学についてなど興味深い展示があります。

この記事の続きを見る


北欧の人気路線ベルゲン鉄道。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ヨーロッパ内はシェンゲン協定(※)加盟国であれば国境を超えるのに入国審査の必要がなく、楽々と各国周遊の旅が楽しめます。島国の日本にいると、海外旅行は一大イベント感がありますが、たとえば中欧などは国が小さいために、各都市の距離も近く、日本の国内旅行のような感覚で旅できます。ただ、日本ほどではないにしても鉄道料金はそれなりにかかります。2区間でもあっという間に100ユーロは行ってしまうので、ぜひ活用したいのが欧州鉄道の乗り放題パス「ユーレイルパス」です。このパスが1枚あれば、どの国でも町でも乗り降り自由。個人旅行には欠かせないパスでしょう。1959年に誕生して、今年で60周年を迎えました。(※)シェンゲン協定とは、ヨーロッパ各国間の人や物の移動に関して、国境検査なしで越えることを許可するもの。

この記事の続きを見る


世界中から集めたコレクションが並ぶミュージアム内
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
1949年公開のイギリス映画「第三の男」は第二次世界大戦直後のウィーンで撮影されたものです。その映画に魅了されたオーストリア人のご夫婦が映画関連グッズを集め始め、そのコレクションを元にこのミュージアムを設立しました。世界20か国以上から集めた2300以上のコレクションが展示されています。その中にはアントン・カラスが実際にテーマ曲を演奏したチターもあり、世界中からの映画ファンがやってくる場所になっています。2019年は映画公開からちょうど70年の記念の年!それを記念して2020年1月までは特別企画展も開催中です。

この記事の続きを見る


日中の眺め。夜間はネオンがキラキラで雰囲気も変わります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
毎年、春から初夏にかけてヴァンセンヌの森の敷地内に遊園地 Foire du Troneが開設され、多くの人でにぎわいます。ヨーロッパ最大のお祭りとも言われ、近隣からだけでなく、復活祭の休みを利用して、国内の遠い地方や、ヨーロッパ諸国からわざわざやってくる人もいるようです。この期間限定・移動型遊園地の歴史は、957年までさかのぼります。サンアントワーヌ修道院(現在のサンアントワーヌ病院)が、受難週の期間、守護聖人の記念として、スパイス入りのパンをナシオン広場からトローヌ通り、ヴァンセンヌに向かう通りにかけて売っていました。これがFoire aux pains d'epices(スパイス入りパンの展示会)と呼ばれるようになり、現在のFoire du Troneの起源と言われています。1965年から現在の場所で開催されるようになりました。

この記事の続きを見る


一見普通の壁に見えますが、この中に立つと目の錯覚が起きるから不思議です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2017年にウィーン1区に登場した新スポット「Museum der Illusionen」。普段、私たちが目にしている世界とは違うイリュージョンの世界を楽しめるミュージアムで、子供だけではなく大人も本気で楽しめるスポットです。とは言っても、実際に何が出来るのか・・・名前だけでは分からないと思うので、その内部を少し見てみましょう。

この記事の続きを見る


教会内部ドーム天井に描かれたフレスコ画。間近で見られる美しいフレスコ画は圧巻の一言。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
神聖ローマ帝国の皇帝だったカール6世がペストの鎮静を祈願して建てさせた美しいバロック建築のカールス教会は、1739年に完成しました。正面に建つ巨大な2本の円柱と、緑色の大きな屋根が目を引く豪華な教会ですが、内部のフレスコ画も見事!修復に必要だっため足場を組んだのですが、この足場にあるエレベーターを使って天井のフレスコ画のすぐそばまで行けるようになっています。以前は結構揺れていたりしたのですが、2018年、足場を新しくして揺れが少なくなり、そして新たにドーム天井にある窓の1つまで行けるようになりました。もちろん今まで通りドーム内部に描かれたフレスコ画も間近で見ることが出来ます。普通は遠くからしか見ることが出来ないフレスコ画が、この教会ではじっくりと近くで楽しめます。

この記事の続きを見る


グエル邸の内部。オーディオガイドを聴きながら見学する
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナにあるアントニ・ガウディの建築物で、「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産に登録されているのは7つ。そのうちサグラダ・ファミリア、グエル邸、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カサ・ビセンスは市内にあり、コロニア・グエル教会は郊外にあります。どれも見逃せないものばかりですが、唯一、旧市街にあるのがグエル邸です。これはガウディのパトロンだった実業家グエルの邸宅で、1886年から1888年にかけて建てられました。今回は、このグエル邸の入場方法についての最新(2018年)情報をお届けします。なお、グエル邸自体の歴史や建築については、別記事の「ガウディの作品群/旧市街に建てられた初期の傑作、グエル邸」その1〜5に詳細に解説を書いたので、そちらをご参照ください。

この記事の続きを見る


大サロンにあるタピスリー。1829年から1987年まで飾られていた後、人手に渡ってしまい、2001年に元の居場所に戻ってきました
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/セルジー・ポントワーズ 
今回ご紹介するのはパリから西に78キロの距離にある村、La Roche-Guyon(ラロッシュギヨン)です。印象派の画家クロードモネが暮らした家があるGiverny(ジヴェルニー)から車で10分ほどなので、これら2つの村の同日観光をお勧めします。さて、フランスには大小さまざまな規模の城や宮殿が残されていますが、この村の城はどうでしょうか。内部は各サロン、食堂、図書室、中国風の壁紙が見られる小部屋などからなり、率直に言って特別華美な印象は受けませんが、4枚のタピスリーには見入ってしまいます。18世紀に活躍した画家、ユベールロベールの作品も展示中です(2017年11月26日まで)。内部を見終わったら城の上に上りましょう。期待を裏切らないのがここからの絶景と、そこにたどり着くまでの階段です。では行ってみましょう!

この記事の続きを見る


現在世界中にあるレゴランド。2017年にオープンした名古屋を含め、ドイツのギュンツブルク、UKのウィンザー、UAEのドバイ、USAはカリフォルニアとフロリダ、アジアにはマレーシアにもあります。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/ビルン 
レゴが生まれたデンマークのビルン。世界初のレゴランドは今でもその街にあるのをご存知ですか?レゴの工場の近くに宣伝用のためにレゴブロックの公園が作られたのが始まりです。現在は、45エーカー(東京ドーム約4個分)の1日たっぷり楽しめる子供向けのレゴ遊園地となりました。デンマークへ旅行される家族におすすめです!

この記事の続きを見る


マドリッド・アトーチャ駅構内。緑がきれい
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
ヨーロッパを旅するのに、バス、鉄道、飛行機とありますが、なんといっても鉄道が一番いいなと気に入っています。鉄道は、わりと小さな町でも、町の中心地に停まります。鉄道駅と町とが一体化して、町造りが行われたからです。バスだと高速道路を使って、郊外を走ることが多いので、町と町との関係や町の様子も見えないことが多いのです。飛行機ではもっとそのことが顕著で、LCC(格安航空会社)の台頭で、低価格で、しかも速く移動できるようになっていますが、旅行でヨーロッパを訪れた身としては、じっくり地面を這うように風景を楽しみたいものです。ところが鉄道を使うと、やはり旅行費用がかさみます。バスの3倍くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。その代わり、鉄道駅は各都市の地下鉄や市バスとも連結しており、また鉄道駅そのものに歴史と風格があるので、行くだけで楽しくなります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。eかもめに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介