page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「paul フランス」の見どころ情報

paul フランスに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「paul フランス」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果20

1 2 末尾 次へ


創立900年のSaint
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスの作曲家、エリック・サティ(1866〜1925)をご存知でしょうか。彼の曲はテレビ番組やCM、ゲームなどに使われているので、顔や名前を知らなくても、耳にすればきっと聴いたことがあるはずです。エリック・サティは1866年にノルマンディー地方のオンフルールで生まれました。パリ音楽院を辞めたあとは、1887年にパリのモンマルトルのキャバレー『黒猫』の専属ピアニストとして活動したり、舞台曲や歌曲なども創作しています。しばしばサティは謎めいていて、つかみどころがないと表現されます。多くの著名人らの裕福な生活ぶりとはほど遠い、質素な生活を続けていたようです。そんなサティが1925年に亡くなるまで過ごしたパリ郊外の街、アルクイユを歩いてきました。

この記事の続きを見る


世界遺産の街リヨンは散策するだけでもすばらしいアクティビティ。ホテルは街歩きにぴったりのロケーションを選びたい
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/リヨン 
“いいホテル”の条件は人それぞれですが、世界遺産の街・リヨンに来たのならやはり旧市街を散策するのに適したホテルがありがたいのではないでしょうか。 リヨンには2つの大きな川が流れており、その中州にローヌ川のほとりに建つホテル オッコ(Hotel OKKO)はどのエリアにも歩いて行けるという好立地。リヨンで1番のおいしいものばかりを集めたフードマーケット「Halles Paul Bocuse」やヨーロッパ1の広さを誇る「ベルクール広場」へも15分ほどの散策で着いてしまいます。すぐ目の前には川沿いの遊歩道があるので、毎朝お散歩をするのもいいでしょう。

この記事の続きを見る


洗練されたブロカントが集まる場所
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ブロカントとは、日常生活で使われてきた古道具のこと。美しいガラクタという言葉が語源になっているようです。また、それらを取り扱うお店もブロカントと呼ばれています。ヨーロッパの暮らしに根付く『物を愛し、長く大事に使用する』という文化が今でも受け継がれ、セカンドハンドならではの味わいのある品々は今でも大変人気があります。

この記事の続きを見る


オフシーズンに行くと寂しい雰囲気が漂うガイヤール城
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/セルジー・ポントワーズ 
今回は歴男・歴女の皆さんにオススメ、ガイヤール城のご紹介です。フランス北西部のノルマンディー地域圏のレザンドリという小さな村にあります。パリから車で行くと混み具合にもよりますが、約2時間。電車とバスで行けなくもないですが、乗り継ぎが微妙です。同地方にあるジヴェルニー観光などと組まれているツアーに参加する方法もあります。このお城はイングランド王兼ノルマンディー公爵だったリチャード1世が建てた要塞です。1196年に着工され、1198年に完成しましたが、翌年リチャード1世は亡くなってしまいます。その後、フランス王のフィリップ2世が攻め落としましたが、英仏百年戦争で再びイギリスのものに。1449年にフランスが取り戻し、1862年に国の文化財に指定されました。現在は滅びた城の姿が残っています。

この記事の続きを見る


おしゃれなピッツェリア
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するのは、パリ7区にあるピッツェリア『MARZO』パリでイタリアンを食べる機会は多くはないのですが、イタリアンを食べるならここというくらいのお気に入り。パリジャン・パリジャンで賑わう店内は、白を基調としながらもあたたかみのある店内。居心地の良いおしゃれな空間です。金土日のディナータイムは予約客で席が埋まっていることがほとんどなので予約必須。スタッフのほとんどは英語OKなので、電話予約の際も安心ですね。スペースの関係からベビーカーのままの入店は難しいですが、子連れでも大丈夫です。

この記事の続きを見る


博物館は地下にあり、不思議なマジックの世界が広がっています。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリには無数の博物館がありますが、その中でもユニークな博物館「手品博物館」をご紹介しましょう。歴史的なパリの中心部に位置するこの博物館は、18世紀から現在までの手品に関するものを世界中から集めていて、これらを通して手品の歴史を教えてくれます。フランスは特に手品のイメージがない人も多いかと思いますが、「近代奇術の父」とよばれるロベール・ウーダン(1805-1871)や、ステージに置いた椅子に座っていた女性が一瞬のうちに消えてしまう「消える貴婦人」を考案したビュアティエ・ドコルタ(1845-1903)、トリック撮影を始めて驚かせたジョルジュ・メリエス(1861-1938)がいるので、実は手品はフランス深い関係があるのです。

この記事の続きを見る


大人も顔負け!有名デザイナーの子供服に注目
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ここ十年ほどで、欧米の有名ブランドが次々に子供服のラインを本格的に発表しています。「Baby Dior」、「BUEBERRY Children」、「KENZO Kids」、「Little Paul」など。いずれも大人の服をそのまま小さくしたような、感度のいいデザインが揃っていて、確かな素材、丁寧な縫製などは、さすがハイブランドの仕事と見とれてしまいます。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2009-11-30
王妃の館。正面は王様の館
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
マレー地区といえば、今でもファショナブルな人々、クリエイティブな人々が集る場所ですが、14世紀から17世紀までは王侯貴族が住んでいた地区。そして、その中心となるヴォージュ広場は、歴史を通じていつも時代の先端を行っていました。今も、ギャラリー内は画廊や高級ブティックが立ち並んでいます。ミシュラン3つ星レストランとしても有名なランブロワジー L'Ambroisieも、その一角にひっそりと佇んでいます。

この記事の続きを見る


丸天井から射し込む光が美しい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
16世紀末から17世紀にかけての装飾過多気味なアートのことを、後世の人々は侮蔑を込めてこのように呼んでいましたが、20世紀以降、再評価されるようになりました。建築にかんしては、主にイタリアやスペインで見かけるスタイルで、フランスでは、南仏には現存しているものの、パリではただひとつサン・ポール・サン・ルイ教会があるばかり。当時、王侯貴族が住んでいたマレー地区の真ん中にあります。

この記事の続きを見る


ル・プルチエ・ド・サン・ファルジョー館の中庭.小さいながらもフランス庭園のエスプリの結晶
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ市立カルナヴァレ博物館は、ヴォージュ広場から数分、マレー地区の中心にある博物館で、紀元前から今日までにいたるパリの歴史資料を展示しています。でも、堅苦しくなく、とくに知識がなくても楽しめてしまうので、滞在中にぜひ寄ってみてください。昔のパリジャンってこんな生活してたんだな、っていうことを身近に感じることができます。常設展だけだったら無料で入場できるし、ルーヴル美術館ほど大きくもないので、残り時間が少ない方にもお勧めです。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。paul フランスに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介