page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「s7 エアライン」の見どころ情報

s7 エアラインに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「s7」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


盛りだくさん!のアフタヌーンティー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
アフタヌーンティーと言えば、タワーで出てくる盛りだくさんのサンドイッチやスイーツたち!ここのアフタヌーンティーも3段のタワーに盛りだくさん乗って来る他、スコーンまで付いてきます。かなりお腹を空かせて行っても、食べきれないほどのボリュームで、見た目だけではなくお腹も大満足する事間違いなし!どれから食べようか迷ってしまいますが、たくさんの種類を少しずつ食べられるのも嬉しいですね。

この記事の続きを見る


有名な観覧車のすぐそばで開催されるイベント。駅からも近く、アクセス便利。イベント会場の外にも様々なレストランあり&アトラクションありなのでこの辺をまとめて観光してしまうプランを立てて回ってくださいね。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ドイツ、ミュンヘンでのビール祭り「オクトーバーフェスト」は世界的にも有名で、日本でも各地で本場さながらのオクトーバーフェストが開催されているのを耳にしますが、ここウィーンでもオクトーバーフェストならぬ「Wiener Wiesen Fest」が時期を同じくして開催されます。オーストリアの人もビールやお祭り大好き!開催中は毎日たくさんの人が伝統衣装のレザーホーゼやディアンドルに身を包みフェスティバルに出かけていきます。開催場所はプラーター公園の敷地内。観覧車の横のスペースにテントやAlm(山小屋)が設置されビールに音楽、オーストリア料理などを楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


抜群のスタイルでハイレベルな踊りを見せてくれる女性ダンサーたち
  • テーマ:
  • 劇・ミュージカル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ベルリンの名所や名物は色々あるが、これほど伝統的でベルリンらしいものはそうそう無い。ミッテ地区にあるレヴュー劇場フリードリヒシュタットパラストだ。ダンスが好きな人なら、一度行ったら病みつきになってしまう。非常にダンスのレベルが高く、衣装も美しい。そして常に新しい企画のショーが楽しめる。最寄駅はSバーンのフリードリヒシュトラーセ。駅の前から北へ延びるフリードリヒ通りを5分ほど歩くと右手に劇場が見えてくる。1980年代、まだ東ドイツだった時代に建てられた建物なのに、外観は今に通じるモダンなもの。暗くなると、ネオンのように色が変わる光の演出がファサードに見られる。

この記事の続きを見る


郊外の住宅地らしい緑豊かなグルーネヴァルト駅
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ベルリンの西端にあるグルーネヴァルト地区。ドイツ語でグリューンは緑、ヴァルトは森の意味。「緑の森」の意味のグリューネヴァルトが訛ってグルーネヴァルトになったと言われている。その名の通り、ここは緑の森だった。19世紀後半に巨大都市となったベルリンでは、中心部の喧騒を嫌って政治家や貴族、芸術家たちが静かなグルーネヴァルトに移ってきた。19世紀末からたちまちグルーネヴァルトは高級住宅地になる。現在でも相変わらずここは高級住宅地。ベルリンっ子たちの間ではグルーネヴァルトに居を構えることがステータスになっている。かつて貴族が住んでいた館がシュロスホテルになるなど、今も高級な雰囲気の地域である。

この記事の続きを見る


長い改修工事も終わり、美しさを取り戻したブランデンブルク門。今日も大空の下でベルリンの平和を見守っている
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
テレビ画面にはブランデンブルク門前の壁に上がって大きなハンマーで壁を壊す人の姿が映し出された。突然の映像に、世界中の誰もが目を疑ったに違いない。そう、1989年のベルリンの壁崩壊時の映像だ。ヨーロッパが西側と東側に分断され、自由に行き来できなかった時代のことを知っているだろうか。第二次世界大戦直後にソ連が支配した占領地はそのまま社会主義国となり、ドイツは二つに分かれて西ドイツと東ドイツに。首都だったベルリンは、東ドイツの中にありながら西ベルリンと東ベルリンに分断した。東西冷戦時代、ベルリンのブランデンブルク門は悲劇の象徴だった。1961年8月13日、東ベルリンが境界線に突然壁を構築した。ブランデンブルク門はぎりぎりのところで東ベルリンに入ってしまった。以来、ベルリンの観光名物は「壁」であり、人々はブランデンブルク門前にやって来て壁の向こうの門をながめた。

この記事の続きを見る


ウィーン、プラーター公園の中にある1897年から回り続けている「大観覧車」。1つのゴンドラの大きさはバスくらい!お天気の良い昼間に乗るのがオススメです
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
日本の大型連休の1つ「ゴールデンウィーク」。この時期はウィーンもいい季節を迎えています。そしてイベントもたくさん。今回は2つのおすすめイベントをピックアップ!まず1つめは連休の真ん中、5月1日に行われるメーデーのフェスティバル「Maifest」。そしてもう1つは世界中からランナーが集まる「Vienna City Marathon(ウィーン市マラソン)」。ゴールデンウィークは普段味わう事の出来ないウィーンを楽しむチャンスです。

この記事の続きを見る


「エアライン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


デリー空港には計5ヶ所のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
デリーのインディラ・ガンディー国際空港に夜到着し、夜明かしすることになったあなた。どこでどうやって過ごしますか? 床やベンチで朝を待つ? 体力に自信のない方には向きません。空港付近にホテルもありますが、そもそもデリーでは、夜は空港の建物から外に出ない方がよいでしょう。少し値段は張っても安全で確実に休みたいのなら、ラウンジにある宿泊施設に泊まるのがおすすめです。インドの旅は体力温存が何よりも大事ですからね!

この記事の続きを見る


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


検索サイトは24時間、いつでも航空券を探すことができる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空券を探すときに多く利用されているのが航空券検索サイトである。日程、目的地などを入力すれば、さまざまなルートの航空券が提示され、安い順や所要時間の短い順などに並べ替えられることができ、「複数都市の周遊」「直行便のみ」「航空会社指定」「時間帯指定」などもできる。さらに「この航空会社以外」といった表示もでき、かなりカスタマイズして航空券検索ができるようになっている。運賃も燃油サーチャージ、諸々の空港での保安料の類も含められているので、総額で表示される。 検索サイトは航空会社や旅行会社のサイトとリンクしていて、いわば検索サイトは航空券を探すだけで、検索サイトと契約して航空券を購入するわけではない。予約をクリックすると、その航空券を扱っている航空会社や旅行会社のサイトへ移動する仕組みになっている。 1円単位の総額表示であるが、空港の保安料などは外貨建てのものを日本円に換算しているので、実際に予約をすると、若干の数字の誤差は生じる場合はある。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。s7 エアラインに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介