page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/08/12

道路からそのまま川の中へ!?オタワ川に飛び込む水陸両用のバスでエキサイティングな市内観光を!

良くある市内バス観光?違います!バスに乗って市内観光開始。川を渡ってケベック州に着いたと思ったら、そのまま川の中へ!水陸両用のバスでエキサイティングなオタワ観光をしてみませんか?川の上から見る国会議事堂やリドー運河は格別!普通のバス観光もいいですが、お得感たっぷりの水陸両用バスでの観光をご紹介します。

カテゴリ:スポット エリア:北アメリカ  カナダ  オタワ キーワード: 珍しい 絶景 ドライブ 観光地 アクティビティ

出発地点は国会議事堂の斜め前

出発地点は国会議事堂の斜め前

空港やホテル、市内の観光案内所では市内観光のパンフレットがたくさん置いてありますが、その中でもお勧めなのがこれ!水陸両用のバスで陸から川の上から!市内観光が出来てしまうLady Diveというバスに乗っての観光です。出発地点は分かりやすい国会議事堂の斜め前。国会議事堂の見学ツアーのチケットを配っている正面ではなく、国立劇場側の角が出発地点。住所は59 Sparks Street、Sparks StとElgin Stのコーナーです。このスタンドでは同会社のツアーチケット販売、予約などもしています。出発20分ほど前までに着くようにしましょう。バスが到着する前からみんな並んで待っています。他のツアーの出発地点もこちらなので並ぶ前にどのツアーの列か確認してから並びましょう。

主要観光スポットを回れるコースは約1時間

主要観光スポットを回れるコースは約1時間

国会議事堂前を出発すると最高裁判所と国立図書館の前を通り、オタワ川に浮かぶビクトリア島の上を走るポルタージュ橋を通ってケベック側に渡ります。オタワは英語とフランス語のバイリンガルですが、ケベック側に渡ると道路標識などもフランス語に変わります。そんな変化もチェックしながらガティノ側を走り、カナダ歴史博物館の横からオタワ川にダイブ!します。今までタイヤで道路を走っていたバスがそのまま水の中に入って行くのはみんなドキドキ、そしてワクワク!フワッっと浮く感じがしてクルーズの始まりです。国会議事堂や世界遺産のリドー運河、歴史博物館などを見ながらオタワ川のクルーズを楽しんでください。

水陸両用バスツアーの続き、そして違うツアーもあり

水陸両用バスツアーの続き、そして違うツアーもあり

そしてクルーズ終了後は美しいアレクサンドラ橋を渡りオタワ側に戻ってきます。その後、日本大使館などを見ながらリドーホールまで行ってUターンし、カナダ国立美術館やノートルダム聖堂などを見ながら出発地点まで戻って来て終了です。観光中はガイドが付き、英語とフランス語で面白楽しく解説してくれます。ツアーが終了し、バスを降りる時に気持ちでもいいのでチップを忘れずに。
また同じコースに加えて自然史博物館や航空博物館、チューリップフェスティバルが開催されるダウズレイクまで回るバスツアーもあり。

運行期間、料金情報

運行期間、料金情報

水陸両用のバスツアー、Lady Diveは毎年5月から10月までの運行。料金は大人32CAD。12歳以下の子供は22CAD、2歳以下の子供は11CAD、シニア料金やお得なファミリー割引などもあります。(料金に13%の税金が加算されます)
スケジュールは時期によっても変わりますが、10時半〜16時半の間に5回、夏休み期間中は10時半〜19時までの7回運行しています。混んでいる時もあるので出来れば早めに予約した方がいいでしょう。予約は電話でもHPからオンラインでも可能です。

会社詳細&ツアー問い合わせ先情報

会社詳細&ツアー問い合わせ先情報

住所:59 Sparks (Sparks通りとElgin通りの角)
Ottawa ON Canada K1A 0R7
Office電話番号 : 0001 613 524 2221
Kiosk電話番号 : 0001 613 223 6211
Email : info@ladydive.com
URL:https://ladydive.com

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索