さん(する)

掲載日:2017/10/28

地元トロントの人にも大人気!新鮮な野菜やフルーツから美味しい食事、お土産まで揃うSt. Lawrence Market

1803年にオープンしたトロント最大級の屋内マーケット「St. Lawrence Market」。様々な人種溢れるトロントにあるマーケットだけあって、中に入っているお店も本当に様々!新鮮な農産物はもちろん、肉やシーフード、チーズに加工品、パン屋さん・・・などなどたくさんの食料品店を始め、名産のメープル製品やカナダのお土産屋さんもあり、美味しいお食事も楽しめる!と魅力満載のトロントのマーケットをご紹介します。

カテゴリ:スポット エリア:北アメリカ  カナダ  トロント キーワード: おいしい フルーツ おみやげ 専門店 食べ物 人気 マーケット 地元

ABガイド:Ai

Ai
12年のオーストリア、ウィーン生活の後、2016年夏よりカナダの首都オタワに在住。長年のヨーロッパ生活とトラベルコンサルタントなどの経験を活かし、フリーのフォトライターとしても幅広い分野において多数の媒体に執筆、寄稿。カナダでもどんどん新しい素敵な事を見つけてお届けします。

ナショナル・ジオグラフィックのランキングで世界1に!

ナショナル・ジオグラフィックのランキングで世界1に!

トロントの中心部にあるこの大きなマーケットはナショナル・ジオグラフィックのフードマーケットでなんと世界1にランクされました。色々な国の色々な都市に行ってマーケットを見てきましたが、確かにそれだけの事はあって活気あるとても大きなマーケットでした。私が行ったのは週末だったので、本当にたくさんの人で賑わっていました。新鮮な旬の野菜やフルーツ、チーズに加工品、シーフードにメープル製品、いい香りのするベーカリーやコーヒー専門店まで。フロア面積もかなり広く、2階建てのマーケットには様々なお店と人々の熱気が詰まっていました。

各レストランも揃っているのでお食事やテイクアウトも可能

各レストランも揃っているのでお食事やテイクアウトも可能

旅行者に嬉しいポイントとして挙げられるのが食べ物も多いこと。ベーカリーがあったり、サンドイッチなども売っていますが、アジアンからエスニック、シーフードにモントリオールのスモークミート、そしてオイスターバーなどなどその場で食べられたり、テイクアウト出来る食べ物を売っているお店もたくさんあります。マーケット内や2階のテラスにはテーブル席も設けられていて、買ってすぐに食べられるスペースもあるので、観光ついでにランチ、なんて事も出来ちゃいます。カップケーキにマカロン、チョコレートなどのスイーツを扱っているお店やコーヒー専門店などもあるので、ティータイムやデザート休憩まで出来ちゃいます。カナダのお土産が揃うお店もあるので、観光に、買い物に、そしてお食事にとたっぷり楽しめるマーケットとなっています。

土日には曜日限定のマーケットが登場

土日には曜日限定のマーケットが登場

マーケットの建物はFront Stを挟んでノースマーケットとサウスマーケットに分かれています。上で紹介したメインのマーケットプレイスはサウスマーケット。ノースマーケットでは曜日限定でマーケットが開催されています。土曜日には近隣農家がお店を出すファーマーズマーケット。生産農家直売の新鮮な野菜や肉・魚、そしてベーカリーの焼き立てパン、生花などを買う事が出来ます。日曜日にはアンティークマーケットを開催。建物の外の道にもお店が並び、こちらもたくさんの人で賑わいます。
様々な魅力と活気溢れるSt. Lawrence Market、トロント観光で見逃せないお勧めスポットです。

マーケット詳細情報

マーケット詳細情報

住所:92- 95 Front St East、 Toronto, Ontario, M5E 1C3
電話番号:+1(416) 392-7219
マーケット営業時間
South Market:火〜木8:00〜18:00、金8:00〜19:00、土5:00〜17:00
ファーマーズマーケット:毎週土曜5:00〜15:00
アンティークマーケット:毎週日曜5:00〜15:00

日月は休業。その他各祝日(イースター、カナダデ―、サンクスギビングデ―、クリスマスや年末年始)は営業状況が変わるのでHPで確認してください。
HP:http://www.stlawrencemarket.com/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/10/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索