page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2019/07/20

カナダ連邦時代の旧首都、セント・ローレンス川沿いの素敵な街〜Kingston〜

首都オタワとトロントの間にある歴史ある街、キングストン。ここは世界遺産になっているリドー運河が始まる所でもあり、オタワまで続く運河沿いは歴史街道としても知られています。1841年から1844年まではカナダ連邦の首都が置かれた場所で、今でも歴史的な建物が残っているキングストンを訪れてみましょう。

カテゴリ:スポット エリア:北アメリカ  カナダ  キングストン キーワード: 遺跡 穴場 観光地 都市 のんびり

歴史的な建物が点在!

歴史的な建物が点在!

現在の「カナダ」と言われる国が建国されたのが1867年、キングストンはそれ以前「カナダ連邦」だった時代の1841〜1844年まで首都が置かれていた場所で、今でもその時代の歴史的な建造物を見ることが出来ます。

街の中心的な存在になっているキングストンの市庁舎は、1843年に建てられたものです。他にもセント・ジョージ大聖堂、クイーンズ大学、カナダの初代首相ジョン・マクドナルドが住んだベルビュー・ハウス、そしてオンタリオ湖を望む絶景を楽しめる展望台もあるマーニー・タワー博物館などもあり、見どころ盛りだくさんの街歩きが楽しめます。

街歩きは観光案内所から!

街歩きは観光案内所から!

キングストンの街歩きは市庁舎の向かい側にある観光案内所から始めてみましょう。見どころやイベント、ホテルやレストランなどの案内はもちろん、建物の前にはイギリス風の赤い電話ボックスや、KINGSTONの文字が設置されているなど、記念撮影を楽しめる場所にもなっています。そして建物内にはお土産ショップも併設されています。

また目の前には観光に便利なキングストントローリーの発着所もあります。乗降り自由なトローリーは郊外の見どころであるフォート・ヘンリーや、中心からちょっと離れたベルビュー・ハウスまでも行けるので、キングストンをたっぷりと見て回りたい方は利用するのもお勧めです。

クルーズやマーケットも要チェック

クルーズやマーケットも要チェック

また市庁舎の裏にある広場、スプリンガー・マーケット・スクエアでは1801年から続く歴史あるマーケット「The Kingston Public Market」が開催されています。地元の農家だけではなく、ベーカリーやアート作品、メープル製品など様々なお店が出展していますので、開催日に訪れる事があれば是非覗いてみてください。

セントローレンス川に面しているので開放感あるキングストンの街ですが、ここからもサウザンドアイランドクルーズに行く事が出来ます。川に浮かぶ多くの島々をゆっくり見て回ったり、お食事やサンセットなどを楽しめるクルーズもあります。クルーズのコースやスケジュールなどはHPでチェックしてみてくださいね。チケットはオンラインで購入する事も可能です。

このように見どころの多いキングストンの街、オタワ〜トロント間の移動の途中に、もしくはツアーなどで機会があれば是非訪れてみてくださいね。

キングストン お役立ち情報

キングストン お役立ち情報

◆観光案内所〜Kingston Visitor Information Centre〜
住所:209 Ontario St, Kingston, ON K7L 2Y7
電話番号:+1 888-855-4555
営業時間:
HP:https://www.visitkingston.ca/

◆サウザンドアイランドクルーズ(Kingston 1000 Islands Cruises)
住所:248 Ontario St, Kingston, ON K7L 5P7
電話番号:+1 (613) 549-5544
HP:https://www.1000islandscruises.ca/

◆The Kingston Public Market
開催場所:Springer Market Square
開催日時:4月〜11月の火・木・土8:00〜18:00
HP:http://kingstonpublicmarket.ca/

◆トローリーバス
HP:https://www.kingstontrolley.ca/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/07/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索