page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2020/01/01

様々な体験が出来る科学のミュージアム〜Science world Vancouver〜

バンクーバー万博の際に建てられた建物で、今では子供だけではなく、大人も1日楽しめる科学博物館「サイエンス・ワールド」として現地の人たちに親しまれているミュージアムです。次世代にも通じる科学、技術、工学、数学などの分野の教育に力を入れることや、科学や自然を通して子供たちの興味や可能性を引き出し、未来に繋がる力を与えようと工夫が凝らされた様々な展示を楽しむことが出来る場所です。

カテゴリ:スポット エリア:北アメリカ  カナダ  バンクーバー キーワード: 絶景 博物館 おみやげ キッズ 観光地 人気 アクティビティ

大人も子供も体験を通して学べます

大人も子供も体験を通して学べます

このミュージアムのすごい所は、年齢に関係なく、それぞれの楽しみ方が出来ること!「サイエンス」とありますが、展示や体験できることの幅はとても広く、大人も子供も楽しめる展示がたくさん用意されています。

目の錯覚やデザインで遊べる「パズルとイリュージョン」コーナー、人間の体を様々な角度から学べる「Bodyworks」などの常設展示の他に、様々な特別展示も開催されています。またセンターステージでは一日に何回も様々なテーマでライブショーも開催。子供も大人も楽しめる科学実験を間近に見られる楽しいショーです。ショーの内容や詳細スケジュールはHPで確認してください。

◆センターステージのライブショー案内
https://www.scienceworld.ca/centrestage

行かれる前にHPでプログラムをチェックしていく事をお勧めします。

キッズスペースや、映像体験もあり!

キッズスペースや、映像体験もあり!

また小さい子供向けのスペース「Wonder」もあり、想像力を育てる遊びや、様々な体験が安全に楽しめるようになっています。子供が好きなように動けるスペースがあるのも小さなお子さん連れには嬉しいポイントですね。

「Science Theatre」 1日中色々なフィルムを観る事が出来ます。ショーのスケジュールはHPに載っています。ショーは入場料に含まれているので、追加で料金はかかりません。
◆サイエンスシアターのプログラム
https://www.scienceworld.ca/sciencetheatre

また「OMNIMAX」という半球状のスクリーンに迫力の画像を楽しめる映画館もあり、こちらは入場料とは別に料金がかかります。入場料に追加でOmnimaxを観たい方は6,5カナダドル、そしてOmnimaxのみの入場も出来て、その場合は12,75カナダドルで観る事が出来ます。スケジュールや上映作品は下記のHPでチェックして下さいね。
◆オムニマックスシアターのプログラム
https://www.scienceworld.ca/omnimax

ショップも併設!

ショップも併設!

サイエンスワールドにはギフトショップも併設しています。パズルや家で様々な実験が出来るキット、おもちゃや本など科学と遊びを結び付けたグッズをたくさん扱っています。ショップはミュージアムに入場しなくても入る事が出来ます。サイエンスワールド入り口の左側へ行って、お店のドアをノックするとスタッフが開けてくれます。ちょっと変わったお土産やギフト探しにもいいですね。

また絶景が楽しめるレストランや、持ち込んだものを食べられるピクニックスーペース、スナックスタンドなどもあるので、本当に一日過ごせてしまいます。それでも全部楽しみ切れないほどのプログラム満載ミュージアム、バンクーバーに住んでいたら絶対年間チケットを買って通いまくっていること、間違いなし!です。寒い日や悪天候の日を過ごすのにもピッタリの場所なので、是非チェックしてみてくださいね。

詳細情報

詳細情報

住所:1455 Quebec Street、Vancouver, BC
電話番号:+1 604 443 7440
営業時間:10:00〜(閉館時間は季節や曜日によって変わるので、HPでチェックして下さい)
入場料:大人27,15カナダドル、13〜18歳の子供と学生、65歳以上のシニア21,70カナダドル、3〜12歳の子供18,10カナダドル、3歳以下無料
HP:https://scienceworld.ca/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索