カルガリー旅行・カルガリー観光徹底ガイド

カルガリー旅行・カルガリー観光徹底ガイド

カルガリー旅行・観光の見どころ・観光情報

カルガリーは人口100万人を超えるカナダ有数の大都会だが、高層ビルが林立するダウンタウンの間をきれいな川が流れ、緑豊かな公園も隣接し、「住みたい都市」で常に上位にランクされているような都市だ。博物館やコンサートホールなどの文化施設、ショッピングモールやレストランなどの商業施設も、カナダ第5の大都会(市街地を含む人口で)だけあり、充実している。町から東約200kmには世界的に知られる恐竜化石の発掘場所があり、南に向かえば世界遺産に登録されている先住民(ファーストネイション)の文化を伝える施設がある。町を通りすぎてカナディアンロッキーに向かう人が多いが、できれば何日か滞在して周辺の見どころを訪れてみたい。(2016年9月編集部調べ)

カルガリーへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 CAD 約9.5時間 約-16時間

カルガリーの人気問合せ情報

カルガリーの最安値カレンダー

カルガリー旅行・観光の選び方

カナディアンロッキーの入り口だが、それだけではもったいない。他の見どころも訪れたい

日本からのツアーはどうしてもカナディアンロッキーが中心で町に滞在するものはあまりないが、カルガリーに滞在して化石研究で世界的に知られるドラムヘラーにある博物館を訪れるものがある。ロッキーを含め、周辺の見どころは散在しているためレンタカーを使うと非常に便利。市街地を出ると道は単純で、海外ドライブの経験がない人でも楽に運転することができる。例えばドラムヘラーにある博物館と世界遺産に登録されている州立恐竜公園は約170km離れており、ツアーで両方を訪れるのは難しいが、車であればカルガリーから1日で回ってくることができる。(2016年9月編集部調べ)


カルガリーのグルメ・伝統料理

カナダのアルバータ州といえば、日本でもグルメをうならせるアルバータ牛の産地。赤みが多く、脂肪分が少ないのでステーキにぴったり。とてもジューシーな肉だ。レストランではアルバータ牛のステーキはポピュラーで、まさに郷土料理といえる。カナダのもうひとつの代表的な料理といえば、サーモンだ。スモーク・サーモンやグリル・サーモンが主流。フライドポテトにグレービーソースとチーズをかけたプーティンは、どこでも見かけるポピュラーな食べ物。中華系の住民が多いカナダでは、中華料理もかなり充実している。食事に困ることはないだろう。 (2015年編集部調べ)

カルガリーのショッピング情報

カルガリーのダウンタウンにある巨大ショッピングモールが、コア・ショッピング。1?4階まで多くの店がある。ステファン・アベニューは、カウボーイの土産が買える。アップタウン17は若者が多いモールで、ブティックが多い。チヌークセンターはチヌーク駅に近い巨大ショッピングモール。フードコートも併設している。パシフィックモールの中にあるスーパーマーケットT&Tは、日本の食料品がよく揃っている。マルボロ駅のすぐ近くにある。 (2015年編集部調べ)

カルガリーの気温・降水量ベストシーズン情報

ハイシーズンは春3月から9月。アルバータ州は春から夏にかけて雨が多い。夏は暑く、冬は厳しい寒さ。カナディアン・ロッキー山岳部は天気が変わりやすく一日の寒暖差が激しいので、服装はきちんと防寒できるものを。 (2015年編集部調べ)

カルガリーのオススメツアー

カルガリー旅行・カルガリー観光徹底ガイド

3件ヒットしました (2旅行会社 11.50〜20.10万円)
  • 1|

合算燃 18.90
20.10

旅行代金: 18.90〜 20.10

燃油燃:旅行代金に含まれています

5日間

成田発

ホテル:
ザ・フェアモント・バンフ・スプリングス、デルタ・ホテルズ・カルガリー・…
航空会社:
エア・カナダ(日本発:午後)

旅行会社/ブランド: かもめツアー

合算燃
目安
11.50
12.20

旅行代金: 10.80〜 11.50

燃油目安燃: 0.70

5日間

成田発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エア・カナダ(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
12.10
12.80

旅行代金: 11.40〜 12.10

燃油目安燃: 0.70

5日間

関空発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エア・カナダ(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

3件ヒットしました (2旅行会社 11.50〜20.10万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top