世界遺産「スカン・グアイ(アンソニー島)」の詳細情報

カナダの世界遺産・名所ガイド

SGang Gwaay

スカン・グアイ

名称:スカン・グアイ(カナダ
英語名称:SGang Gwaay
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1981年

謎めいたトーテムポールが残る集落後

カナダ西部の太平洋岸にあるクイーン・シャーロット諸島の最南端のアンソニー島には、先住民ハイダ族の集落跡が残されている。カナダの先住民族であるハイダ族(「人」の意味)は2000年以上前に住み始めたとされる。現在は、ベイスギの住居跡を含むニンスティンツと呼ばれる集落と、貝塚、生活の痕跡を残す洞窟、墓地などの遺跡が残る。なかでも10m近い高さの32本の巨大なトーテムポールは、文字をもたぬ先住民の文化遺産として貴重。シャチや伝説上の鳥サンダーバード、人間、神話などが彫刻されている。ハイダ族は漁労や狩猟で暮らしていたが、白人が持ち込んだ疫病で激減し、19世紀末にこの島は廃墟となった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!カナダの世界遺産最新情報

2013/10/25 世界遺産

世界屈指の恐竜化石の発掘現場でありながら、訪れやすいカナダの州立恐竜公園

カナダ旅行イメージ-世界屈指の恐竜化石の発掘現場でありながら、訪れやすいカナダの州立恐竜公園 世界屈指の恐竜化石の発掘現場でありながら、訪れやすいカナダの州立恐竜公園

世界には貴重な恐竜の化石が発掘されたスポットがいくつかあります。モンゴルのゴビ砂漠や南米アルゼンチンのパタゴニアなどがその代表ですが、いずれも日本から訪れるには、時間もお金もかかるたいへんな場所にあります。その点、カナダのアルバータ州南部に位置する州立恐竜公園は、世界最大級の恐竜化石層でありながら、日本から直行便が飛んでいるカルガリーから車で2時間ほどで行くことができる、たいへんアクセスのよい場所にあります。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カナダの世界遺産「スカン・グアイ」についてご紹介します。スカン・グアイの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。