page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・モントリオール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

観光ベストシーズンのモントリオール!旅行で知っておきたい便利な情報


掲載日:2014/10/17 テーマ:観光地・名所 行き先: カナダ / モントリオール

タグ: レストラン 一度は行きたい 街歩き


世界中の観光客を魅了するモントリオール

まるでパリの街角のようなモントリオールのダウンタウン。フランス系移民が多いモントリオールの街並みはプチパリ!? まるでパリの街角のようなモントリオールのダウンタウン。フランス系移民が多いモントリオールの街並みはプチパリ!?

夏から秋にかけて旅行ベストシーズンとなるモントリオール。夏はモントリオール国際ジャズフェスティバルなど大規模なイベントが立て続けに開催され、秋にはケベック州全域が美しい紅葉に染まり、世界中の観光客を魅了します。カナダ第2の都市、モントリオール。この街を観光しようと思ったらおそらく1週間以上はかかるでしょう。そして海外旅行の魅力はやはり観光や名所めぐり。異国の観光はエキサイティングでもありますが、日本と異なるマナーやその国々での決まり事もあり、旅行時に知っておきたい大切なこともあります。

レストランにアルコールがない!?

カナダでは公園や路上での飲酒は禁止!残念ながら日本のお花見のようなことはできないので気を付けてくださいね・・ カナダでは公園や路上での飲酒は禁止!残念ながら日本のお花見のようなことはできないので気を付けてくださいね・・

カナダ、モントリオールへ旅行する前に知っておきたいマナーや規則で、まずアルコールが挙げられます。カナダは日本よりもアルコールに対して規制が厳しく、州からのアルコール販売免許を持つレストランやバーでしかアルコールを販売することができません。そのため、お酒を置いていないレストランも多いため、アルコール販売免許のないお店ではお酒を持ち込むことができます。リカーショップなどの専門店でビールやワインを買って持参しましょう!

チップを忘れずに!

カナダの携帯にはチップを計算するチップ計算専用アプリも付いているほど! カナダの携帯にはチップを計算するチップ計算専用アプリも付いているほど!

もう一つ大切なマナーとして、チップがあります。チップ制度は各国で異なりますが、カナダはわりとチップにうるさい国。セルフサービスやファーストフードのお店では必要ありませんが、レストランなど少しフォーマルなお店では、料金の10~15%のチップが必要となります。チップが少なかったり、払い忘れた場合など、お店の人からはっきりと「チップを払って下さい!」と言ってくることもあります!またタクシーも料金の10~15%のチップが必要となりますので、現金、特に小銭をいつも持参しておくことをおすすめします。

バイリンガルな街

街の標識やお店の看板はほとんどがフランス語。そのためフランス語辞書があるととっても便利。 街の標識やお店の看板はほとんどがフランス語。そのためフランス語辞書があるととっても便利。

フランス語と英語のバイリンガルなモントリオールの街。モントリオール市内は多くの人が英語を話しますが、ケベック州の公用語はフランス語。街の標識はフランス語表記が原則、そしてバイリンガルとは言え、フランス語が第一言語という人が圧倒的に多いのです。ですが、気さくでフレンドリーなモントリオールの人たち。どちらの言語でも快く対応してくれるので安心!また市内を走る地下鉄内ではアナウンス(フランス語)がありますが、バスは車内アナウンスがありません。事前に運転手さんに行き先を言っておくと降ろしてくれます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/10/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索