page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・ナイアガラ(カナダ)・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【ロングキス・グッド・ナイト】―巨大な滝“ナイアガラ”へ


掲載日:2008/05/22 テーマ:映画のあの場所 行き先: カナダ / ナイアガラ(カナダ)

タグ: すごい! ロケ地 映画 絶景


ナイアガラ瀑布を舞台にした映画

滝の俯瞰 滝の俯瞰

有名なナイアガラ瀑布は五大湖のひとつエリー湖から流れ出た水がオンタリオ湖に注ぐ全長1キロメートル、高さ50メートルの巨大な滝。そのナイアガラが舞台になった映画といえば、マリリン・モンロー主演のその名も「ナイアガラ」(1953)がまず思い浮かぶ。浮気な女性(マリリン・モンロー)が愛人と共謀して夫を殺そうとし、逆に夫に殺されるというサスペンス作品。モンローウォークはこの映画で有名になった。

「ロングキス・グッド・ナイト」のクライマックスシーン

ポンチョ姿 ポンチョ姿

「ナイアガラ」はあまりに古すぎるという声が聞こえてきそうなので「ロングキス・グッド・ナイト」(1996)の話に移ろう。これはレニー・ハーリン監督が当時は妻だったジーナ・デイビスを主役に撮ったアクション映画。記憶をなくして今は平凡な主婦として生活している元情報部員が自分は何者なのかを知ろうとするうちに組織から命を狙われるようになる。この設定からもわかるように、後にマット・デイモン主演で映画になった「ボーン・アイデンティティー」は同じ小説を原作にしている。この「ロングキス・グッド・ナイト」はノンストップ・アクション映画の代表作と言ってもよいほどのすさまじいアクションの連続で、それをジーナ・デイビス自身がほとんどスタントなしで演じているというのにも驚く。そしていよいよ映画のクライマックスの舞台はナイアガラへ移る。アメリカ側とカナダ側を結ぶレインボー・ブリッジに爆弾が仕掛けられて、そこへジーナ・デイビスが乗り込んで行く。

国境を越えてカナダへ

レインボー・ブリッジ レインボー・ブリッジ

ナイアガラへは普通ニューヨークやシカゴなどからバッファロー経由の日帰り観光で行くことが多い。簡単な入国審査を受けてカナダに入る際、パスポートにカナダの入国印が押される。これが観光記念スタンプのように思えるのはここが世界の中で最も平和な国境と言われているからかもしれない。

展望タワーから見るナイアガラの滝

展望塔 展望塔

カナダ側に入ると展望タワーがあり、カナダ滝、アメリカ滝、ブライダルベール滝と大きく3つに分けられるナイアガラの滝のうち、最も大きなカナダ滝を一望の下に見おろすことができる。

ナイアガラのアトラクション

ナイアガラの代表的なアトラクションには滝のすぐそばまで接近する遊覧船「霧の乙女号」や滝の裏側に作られた通路を歩いて通る「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォール」があり、「霧の乙女号」は映画『ナイアガラ』にも登場している。どちらも水しぶきでびしょ濡れにならないよう、フードまでついたポンチョを借りて着用する。
まるで暴風雨のような光景を目の当りにし、ナイアガラ瀑布の水量のものすごさ、自然の力を体感できるこのアトラクションは単なる遊びを超えた貴重な体験になる。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索