page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・バンクーバー・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バンクーバーのおしゃれな台所「グランビルアイランド」


掲載日:2007/06/29 テーマ:ショッピング 行き先: カナダ / バンクーバー

タグ: おもしろい ショッピング


色々な楽しみ方をどうぞ!

青空の下、のびのびと気持ちよさそうに演奏するミュージシャン達 青空の下、のびのびと気持ちよさそうに演奏するミュージシャン達

グランビルブリッジの下に広がる小島、グランビルアイランド。
春から夏に向かうこの季節、このスポットはいろんなイベントも多く、ますます賑わいを見せます。
散歩によし、食材の買い物によし、飲みに行くによしで、三拍子揃ったグランビルアイランドは私もお気に入りの場所。日本から来た友達を連れて行くと、必ず喜んでくれる場所でもあります。

路地裏探検もこのアイランドのおもしろさ!

いろんな国の料理が食べられるフードコートは、いつも大賑わい。買い物でお腹が空いたら、気軽にランチを楽しもう いろんな国の料理が食べられるフードコートは、いつも大賑わい。買い物でお腹が空いたら、気軽にランチを楽しもう

100以上のショップが建ち並ぶこのエリアは、70年代までは工場だったそう。再開発によって、キュートなお店が集まるおしゃれなスポットへと大変貌を遂げました。
ヨットハーバーを通り、アイランドに入っていくと、小さなギャラリーや工房が軒を連ねていて、歩いているだけでも楽しめます。小さな路地がくねくねといろんな場所につながっていているので、行き当たりばったりで色々なお店を見るという楽しみ方もできます。
ミュージシャンが音楽を奏で、エミリー・カーという地元の画家の名前を配した美大もあるこの街。小さなシアターもあり、アーティストを育てる街といった感じです。
ここはビールの醸造も行われていて、グランビルアイランドのペールエールは、地元でも大人気!

パブリックマーケットは豊富な食材の宝庫!

まさにバンクーバーの台所。地元の人達も質のいい食材を求めてやってくる まさにバンクーバーの台所。地元の人達も質のいい食材を求めてやってくる

ここに来たら是非のぞいてほしいのが、パブリックマーケット!大きい建物なので、見逃すことはないでしょう。
いつ来ても、新鮮な野菜や果物であふれ、生ハムに、生パスタ、メープルシロップに、サーモン、美味しいパンなど豊富な食材の宝庫です。ビールやワインのつまみにしたいものがいっぱいで、お酒が好きな私には、興奮のあまり、めまいがするほどです。
そしてこの季節にはぜひ、朝食用にブルーベリーやラズベリーを買ってみてはいかがでしょう。お手頃な値段で山盛りゲットできますよ!
新鮮さに加え、このマーケットの食材はオーガニックのものが多いのも特徴。それゆえに観光客だけでなく、ヘルシー志向の地元の人にも愛されているマーケットなのでしょう。レストランでの食事だけでなく、こういうマーケットで実際に何か買って新鮮なものを食べてみると、バンクーバーの街がもっと身近に感じられるかもしれませんね。
7月1日のカナダデー(祝日)は、ここはジャズフェスティバルの会場のひとつになるので、買い物と一緒に素敵なジャズを楽しみにくるのも良いかもしれません。

■ Granville Island Public Market(グランビルアイランド・パブリックマーケット)
住所:Granville Island, Vancouver, B.C.
URL:www.granvilleisland.com/en
営業時間:24時間 (お店は9:00〜19:00)
定休日:年中無休
その他:ダウンタウンからはバスで10分もかかりません。グランビルブリッジを渡ったすぐのバス停で下車。バス停の裏に下にくぐる道があるので、そこをくぐり、公園を通り抜けたらすぐそこです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/06/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索