page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・バンクーバー・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

食材は、自分の畑で採れたオーガニック野菜!――大人気の隠れ家カフェ


掲載日:2007/08/21 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: カナダ / バンクーバー

タグ: おいしい カフェ スイーツ


宣伝もしないのに人が集まってくる

ここはまさに隠れ家カフェ。のんびりとした時間を楽しみたい人々が集まってくる ここはまさに隠れ家カフェ。のんびりとした時間を楽しみたい人々が集まってくる

人気の街キツラノの端にたたずむカフェ「アフロディテズ」。4年前小さなパイショップから始まったこの店は、オープンするや否や、みるみるうちに人気が高まり、少しずつスペースを広げ、今や地元で大人気のオーガニックカフェとなっています。
特にメディアに宣伝もせず、ガイドブックにも載っていないため、日本人にもあまり知られてませんが、行ったことがある人はみな、「行ってよかった」と口をそろえる店。場所は賑やかなキツラノの中心部から離れた隠れ家的なロケーションです。

その日の朝に畑で採れた野菜を使っての料理が味わえる

わたくしのおすすめのブランチメニュー、Chef’s Pacific Benny(11ドル) わたくしのおすすめのブランチメニュー、Chef’s Pacific Benny(11ドル)

ドアを開けると、のんびりした雰囲気が漂い、まるでどこか田舎のカフェにいるよう。たのんでみたのはブランチメニューの中のChef's Pacific Benny。イングリッシュマフィンの上にスモークワイルドサーモン、ポーチドエッグが二つと仕上げにはオランデーズソース。マフィンとサーモンと卵、そしてこのクリーミーなソースの四者が、たまらないほど絶妙なハーモニーを口の中で奏でるのです。これはリピーターになりたくなるのも頷ける味。横に添えられたフライドポテトも野菜も含め、食材はほとんどがオーガニックです。

オーナーがファーマーでもある

オーナーのアラン氏は温かい人柄でお客さんたちに親しまれている。出来たばかりのキーライムパイを持って オーナーのアラン氏は温かい人柄でお客さんたちに親しまれている。出来たばかりのキーライムパイを持って

美味しいだけでなく、安心して食べられる素材を使っているゆえに、ナチュラリストが多く住むキツラノの人々に愛されているのでしょうね。
実はこのカフェ、オーナーのアラン氏がファーマーでもあるんです。だから50エーカーのオーガニックファームで朝採ったばかりの新鮮な野菜がその日のうちにカフェで食べられるわけです。「その日に採ったもので、今日のスペシャルメニューを決めて、お客さんを驚かせるのが楽しいんです」と言うアラン氏。

100%オーガニックのパイも最高!

Gold Potato & Chive Crusted BC Wild Salmon(25ドル)はディナーのメインにいかが? Gold Potato & Chive Crusted BC Wild Salmon(25ドル)はディナーのメインにいかが?

ほかにも椎茸とオイスターマッシュルームのキッシュは世界中を旅したお客さんが、世界一と太鼓判を押したほど。ディナーにはGold Potato & Chive Crusted BC Wild Salmonがおすすめ。デザートにはパイをお忘れなく!パイショップから始めただけあり、もちろんパイも人気。14種類の中で特に人気はチョコレート・バナナパイ(6ドル)、ストロベリー・ルバーブパイ(5.7ドル)、ブラックベリー・アップルパイ(5.75ドル)。チョコレート、フルーツ、クリームなど100%オーガニックというこだわり。
午後3時過ぎに取材したにもかかわらず、お客さんが引きも切らないアフロディテ。まさに美と愛の女神の名前にぴったりといったところ。誰かに教えたい、でも秘密にしておきたいような、とっておきカフェです。

【関連情報】

椎茸とオイスターマッシュルームのキュッシュはやさしい味。新鮮なサラダとともに(9.50ドル) 椎茸とオイスターマッシュルームのキュッシュはやさしい味。新鮮なサラダとともに(9.50ドル)

■APHRODITE'S(アフロディテズ)
月〜金:11am〜9:30pm
土・日・祝:10am〜9:30pm(ブランチは週末のみ)
http://www.organiccafe.ca/
3598 W 4th Ave, Vancouver (West 4th×Dunbar St.)
604.738.5879

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索