page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・バンクーバー・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バンクーバーから行く、おすすめ日帰りアドベンチャートリップはここ!


掲載日:2008/05/29 テーマ:観光地・名所 行き先: カナダ / バンクーバー

タグ: 夏にオススメ 美しい


ニックネームはハッピーアイランド!

豊かな自然が広がるボーエンアイランド 豊かな自然が広がるボーエンアイランド

バンクーバーからちょっと足を伸ばしてアドベンチャー気分のone day tripに出かけたい。そう思ったら、おすすめなのが、ハッピーアイランドの愛称を持つボーエンアイランド(Bowen Island)。バンクーバーのフェリーターミナル、ホースシューベイからフェリーでなんとわずか15分で到着するという近さ。バンクーバーに住む人にとっても旅行者気分を手近に楽しめる小さな島です。フェリーを降りてまっすぐ歩けば、レストランやアトリエなどが集まっている一角があります。

まずは地図をゲットしよう!

インフォメーションセンターも小さくてかわいい インフォメーションセンターも小さくてかわいい

とことこ歩いてすぐに右手に見えてくる図書館の奥にあるインフォメーションセンターで、まずはマップをもらいましょう。地図を手に入れたら、さあ、お次は腹ごしらえに、フィッシュアンドチップスにビールはいかが? かわいい魚の絵が付いたFish & Chipsの看板を左手に見つけたらテラス席を確保してゆったりとブランチを楽しみましょう。お腹がいっぱいになったら、ギャラリー巡りもよし(小さい島なのでそんなにありませんが)、ハイキングやカヤックなどのアクティビティーを思い切り楽しむのもよし

おすすめギャラリーはこのふたつ!

ギャラリー巡りも楽しい! ギャラリー巡りも楽しい!

ギャラリーでおすすめなのは、フィッシュアンドチップスのお店のすぐ近くにあるBundra Art Works。ここは見逃しそうなくらい小さな、小さなギャラリーなのですが、緑に囲まれてひっそりとたたずむ雰囲気が素敵です。あとはメインストリートをまっすぐのぼったところの右コーナーにあるPurple Door Gallery。ここには別の島に住むユニークなアーティストが作ったユニークな洋服がおいてあり、必見です! 見ていてわくわくするようなものばかり。オーナーの女性もフレンドリーな方ですので、会話もぜひ楽しんでください。

海もよし、森もよしのボーエンアイランド

シーカヤックのお店は船着場から徒歩10秒 シーカヤックのお店は船着場から徒歩10秒

そして、そして、ボーエンアイランドの魅力はアウトドアスポーツを楽しめるところ。シーカヤックを楽しみたいなら、フェリーの船着場のすぐ右手へ。トレッキングを楽しみたいなら、マップを見て、ぴんときたコースを歩いてみましょう。私も先週の日曜日、最高のお天気のもと、ピクニックを楽しんできたところです。Killarney Lakeという湖の近くを2時間ほど歩いて、森のエネルギーをたーっくさんもらって帰りました。小さいながら楽しみ方いろいろのボーエンアイランド、ぜひこの夏バンクーバーを訪れたら、足を伸ばしてみてくださいね!

関連情報

ディナーはぜひこのイタリアンレストランTuscanyで。夜の雰囲気バツグンです! ディナーはぜひこのイタリアンレストランTuscanyで。夜の雰囲気バツグンです!

■ボーエンアイランド(Bowen Island) バンクーバーのダウンタウン、ジョージアストリートからバス#250で最後のホーシューベイまで。そこからBCフェリーで15分ほどで着きます。バス代、フェリー代含めて、約13ドルという手軽さです。お店も住所を調べずともすぐにわかる徒歩圏内です。フェリーは1時間に1本程度。
BCフェリー: http://www.bcferries.bc.ca/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索