page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・バンクーバー・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一味違う旅を!ユニークな店が並ぶフルフォードハーバー


のびのびと暮らす島の人々

フルフォードハーバーは島の南にある小さなハーバーです フルフォードハーバーは島の南にある小さなハーバーです

夏にバンクーバーを訪れるなら、ウィスラー、ビクトリアだけでなく、ぜひ足をのばしていただきたいのが、ソルトスプリングという島。特に何か一味違うおもしろい旅をしたいという人におすすめの場所です。というのも、この島にはアーティストやヒッピーなどユニークな生き方をしている人々が多く移り住んでいて、豊かな自然の中で楽しい雰囲気をかもし出しているからなのです。言い換えると、変人度が高いと申しますか・・・とにかく、島の人々がのびのびと生きる姿を見るだけでも、ここへ来る価値はあるような気がします。

ビクトリアからすぐという便利さ

サインもユニーク サインもユニーク

このソルトスプリング、ビクトリアからはなんとフェリーで35分という距離。ビクトリアのスワーツベイ(Swartz Bay)という港から出るちっさなフェリーが着くのは、島の南に位置するフルフォードハーバー(Fulford Harbour)という港。島の中心はガンジスという街で、これはもうひとつの港であるロングハーバー(Long Harbour)のほうにあるのですが、このフルフォードハーバーも、多くはありませんが、ちょっとしたおもしろいお店が集まっています。

素敵なカフェふたつ

Rock Salt のパティオ Rock Salt のパティオ

たとえば、船が着いた目の前にあるカフェ、Rock Saltは、ちょっと小腹がすいたなあというときに便利な場所。店の奥のほうにパティオがあるので、天気がいい日にはここでゆっくりするのもいいですね。オーガニックでできるだけ地元で採れたものをというコンセプトのこのお店。私の友達はここに来るたびに、ヤムのケサディア(roasted yam quesadilla)を食べています。お腹はすいてないけど、コーヒー飲んでひといきつきたいというなら、隣の隣にあるカフェ、Morning Sideへ。ここのパティオも楽しい空間です。残念ながらここは店内の撮影はNGです。

オーガニックアイランド

ユニークなものがぎっしりのThe Wardrobe ユニークなものがぎっしりのThe Wardrobe

どちらのカフェもオーガニックにこだわったメニューを提供しています。この島はオーガニックアイランドともいうくらい、生活の中にオーガニックが自然に根付いているような感じです。カフェでゆっくりしたら、このふたつのカフェの間にあるワードローブ(The Wardrobe)をぜひのぞいてみてください。世界のいろんなところからオーナーが買い付けたというユニークな服やジュエリーがぎっしりとみっちりと詰まっているんです。そして値段も手ごろなものばかり。私はオーナーのお母さんが編んだという帽子を12カナダドルで購入しました。
島へ来たらぜひこのフルフォードハーバー探検楽しんでくださいね。まだまだおもしろところがあるので歩きながら発掘してみてくださいね!

【関連情報】

Morning Side Cafの看板も素敵 Morning Side Cafの看板も素敵

■BC Ferry
http://www.bcferries.com/
■Rock Salt
http://www.rocksaltrestaurant.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索