page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・ビクトリア・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

晴れた日はハーバーのデッキで絶品シーフードを


掲載日:2010/03/20 テーマ:グルメ 行き先: カナダ / ビクトリア

タグ: おいしい グルメ 行列のできる店


お店はなんとコンテナ!

晴れた日のランチタイムともなれば、地元の人や観光客で大にぎわい 晴れた日のランチタイムともなれば、地元の人や観光客で大にぎわい

1849年、イギリスの植民地になり、時の女王の名をとって名付けられたビクトリア。カナダでありながら、英国の情緒漂うこの街を訪れたら、ぜひ味わってほしいのがフィッシュ&チップス。そのフィッシュ&チップスの人気の店が、ビクトリアの中心部、インナーハーバーにあるのです。輸送用のコンテナーを再利用したというこのお店には、晴れた日のランチタイムともなれば、長い行列ができ、シーフードをほおばるたくさんの人々でにぎわいます。

絶品、オイスター・タコーンズ!

これがオイスター・タコーンズ。ひとつ6ドル、ふたつで10ドル これがオイスター・タコーンズ。ひとつ6ドル、ふたつで10ドル

もちろんフィッシュ&チップスも人気ですが、私のおすすめはフィッシュ・タコーンズ(Fish Tacones)。トルティーヤ(柔らかいタコスの皮)にシーフードを巻いたものなのです。Oyster TaconesとSpicy Pacific Fish Taconesとがっつり2種類挑戦してみましたが、私的にはアイオリソースの味が絶妙なオイスターのほうに味の軍配があがりました。どちらもコールスローがついてきます。サラダやクラムチャウダー、サンドイッチやBBQなどもあって、どれもオリジナリティーにあふれ、美味しそう。値段も5カナダドルくらいからなので、気軽に食べられるのもうれしいですね。

環境を考えた取り組み

オレンジ色のコンテナが目印 オレンジ色のコンテナが目印

おいしさに加え、このお店は、環境のことを考えたサステナブルな取り組みをしています。オーシャン・ワイズ(Ocean Wise)というバンクーバー水族館が提唱する環境保護活動に賛同し、それに則ったメニューを提供しています。スプーンやフォークも木製で、リサイクルなどにも熱心です。
場所は、ハーバーの奥の奥、水上飛行機の会社の少し先にあります。晴れた日は、ハーバーのデッキで、美味しいシーフードを堪能あれ!

関連情報

Red Fish Blue Fish
住所: 1006 Wharf Street in Victoria, British Columbia
電話: (250) 298 6877
営業: 毎日 11:30 - 17:00 (春時間) 
http://www.redfish-bluefish.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/03/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索