page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・ビクトリア・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本場とはひと味ちがう、カナダならではのアフタヌーンティーを


掲載日:2011/08/23 テーマ:グルメ 行き先: カナダ / ビクトリア

タグ: おいしい 紅茶 素晴らしい


ロケーション、雰囲気、お値段の3拍子がそろった場所

こんなにゴージャスなのに35カナダドルというリーズナブルなお値段がうれしいですね こんなにゴージャスなのに35カナダドルというリーズナブルなお値段がうれしいですね

バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア,ビクトリア州の都ビクトリア。イギリスの植民地だったこの街でのお楽しみときたら、ずばりアフタヌーンティーでしょう。
有名なのは、フェアモントエンプレス(結構いいお値段)だったり、オークベイにあるホワイトヘザー(ちょっと郊外)だったりします。
そんな中、ダウンタウンにおしゃれなティースポットが誕生しました!その名もVenus Sophia(ビーナス・ソフィア)。チャイナタウンのど真ん中というロケーションの中、陽気なエジプト人のサリーとスイス人のアランというカップルが経営するベジタリアンビストロです。

五感が喜ぶ至福時間

スタイリッシュな空間で身も心もリラックス スタイリッシュな空間で身も心もリラックス

焼き立てのスコーンに、フレッシュな地元のオーガニック野菜を使ったサンドイッチ、甘さをひかえたスイーツからなる三段のプレートは、香りといい、色のバランスといい、もうゴージャス。これに見た目も鮮やかなフルーツも別皿で供せられるときたら、たまりません!五感を刺激してくれます。
お茶も30種類ものオーガニックのリーフティーをそろえ、ふたつとして同じものはないティーポットで味わえるのもうれしいサービス。
自転車が壁の上に飾られてあったり、インテリアもモダンでスタイリッシュ。重厚感あふれる本場英国とはちがったアフタヌーンティーが楽しめる場所です。

ホスピタリティーあふれるサービス

ふたりの出逢いと店を始める経緯は驚きの連続。まるで物語のよう。 ふたりの出逢いと店を始める経緯は驚きの連続。まるで物語のよう。

オーナーのアランはスイス人で、奥さんのサリーはエジプト人。いろんな国々のカルチャーを知り、ホスピタリティーを実地で学んできたこのふたりの醸し出す雰囲気は、楽園そのもの。時間を忘れて、ソファでクッションにからだを預け、くつろぎながら、ゆっくりとお茶とお菓子を楽しめる場所です。
カナダでありながら、中東、中国、ヨーロッパの歴史や文化をいっぺんに味わえるビーナス・ソフィア。移民が多いカナダならではの良さがここにあふれています。ビクトリアを訪れたら、ぜひ足を運んでみてください。アフタヌーンティー以外のフード類も充実しています。

■関連情報

このおしゃれな看板が目印 このおしゃれな看板が目印

ビーナス・ソフィア(Venus Sophia)
住所: 540 Fisgard Street, Victoria
電話: 1-(250) 590 - 3953
営業時間:火〜日:10:00〜18:00 月曜休み
http://venussophia.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/08/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索