page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カナダ・ウィスラー・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パノラマ広がるウィスラー・オリンピックパークへ!


掲載日:2009/07/03 テーマ:観光地・名所 行き先: カナダ / ウィスラー

タグ: すごい! 絶景


本番は見られなくても会場見学だけでも見応えあり

左がラージヒル、右がノーマルヒル 左がラージヒル、右がノーマルヒル

2010年の冬季オリンピックに向けて、その舞台となっているバンクーバーもウィスラーも幕開けを約半年後にひかえ、建設や準備のラストスパートといったところです。
本番は見られなくても、会場の見学でも楽しめる場所を紹介しましょう。8会場のひとつ、ウィスラーから南西へ18kmほどの場所にあるカラハン・バレーです。ここでは、クロスカントリー、ジャンプ、バイアスロンが行われます。この3つのノルディック競技が一度に全部同じ会場で行われるのは、オリンピック史上初めてのこと。会場はすでに公開されていて、だれでも自由に見学ができます。

高さにびっくり、ジャンプ台!

ジャンプ台の向こうにはこんな雄大な景色が ジャンプ台の向こうにはこんな雄大な景色が

中でもぜひ押さえてほしいのが、ジャンプ台です。「うわー、なんて高いところから選手たちは飛んでるんだー!」と実際に自分の目で見てびっくりしました。テレビで見るよりも何倍もの迫力が感じられます。特に左手のラージヒルの高さったらありません。そして、その高さに驚きつつ、うしろをぐるりと振り返ってみれば、そこにも絶景が! 雪を頂いた雄大な山々が連なるそのさまはみごと。ジャンプの選手達も、飛ぶ前にこの景色を見るのかなあと感慨深い気分に。

隠れ名所のアレキサンダー滝

アレキサンダー滝もみごたえあり アレキサンダー滝もみごたえあり

そのジャンプ台のすぐそばに、イヌクシャクの石像があり、これもまた絵になる風景です。その奥に進むとクロスカントリーのスキー場があり、さらに奥に進むとバイアスロン(クロスカントリーと途中での射撃の組み合わせで争う競技)のスタジアムが見えてきます。そして帰り道に時間があったら、アレキサンダー滝にも寄ってみてください。ゲートで渡されるカードには書かれていないのですが、ゲートを出て帰り道方向右手にあります。かなりの水量でみごたえがあります。
入り口ゲートは16時に閉まるようになっていますので、行くならお早めに。ウィスラーから車でゲートまで約20分です。

【関連情報】

オリンピックのシンボルマーク、イヌクシャク オリンピックのシンボルマーク、イヌクシャク

■ウィスラーオリンピックパーク(The Whistler Olympic Park)
住所:5 Callaghan Valley Road, Callaghan Valley, BC
電話:604-964-2455 or toll free 1-877-764-2455
営業:8月までは毎日9:00-16:00
http://www.whistlerolympicpark.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索