ザイオン国立公園旅行・ザイオン国立公園観光徹底ガイド

ザイオン国立公園旅行・ザイオン国立公園観光徹底ガイド

ザイオン国立公園旅行・観光の見どころ・観光情報

アメリカ西部ユタ州に位置し、グランドキャニオン国立公園と並ぶ人気の景勝地のザイオン国立公園。奇怪で表情豊かなこの公園は、圧倒的なスケールの岩壁、バージン川の浸食によってできた美しい渓谷、豊かな植物が織り成す新緑や黄葉などが目を楽しませてくれる。ここでのおすすめは、そんな大自然に抱かれたトレイルだ。無料シャトルバスが走るザイオンキャニオン・シーニック・ドライブ周辺は観光のハイライトで、トレイルの基点やビュースポットが点在する。終点のテンプル・オブ・シナワバは、リバーサイドウォーク・トレイルの出発地点で、その先に川の中をジャブジャブ歩く人気のナローズ・トレイルがある。(2016年9月編集部調べ)

ザイオン国立公園へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/28現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 111.3330 JPY 約13時間 約-16時間

ザイオン国立公園の人気問合せ情報

ザイオン国立公園の最安値カレンダー

ザイオン国立公園旅行・観光の選び方

ラスベガスから好アクセス! アメリカ有数の絶景スポットをトレイルで堪能しよう

ザイオン国立公園を訪れるツアーは、ツアー期間が8日間前後が主流。ラスベガスから車で2時間半〜3時間ほどの場所にあり、世界遺産であるグランドキャニオン国立公園と合わせて1泊2日で巡るコースや、ザイオン国立公園を含むアメリカ西部のグランドサークルを巡る2泊3日以上のコースもある。ラスベガス滞在型のフリープランなら、オプショナルツアーを利用して日帰りも可能だ。ザイオン国立公園には、初心者から上級者まで楽しめる多数のトレイルがあるので、時間や体力に合わせて選ぶとよい。また、園内には290種を超える鳥が生息しており、バードウォッチングの名所としても知られている。ザイオンロッジには、レストラン、ファストフード店(冬季は閉店)、土産店がある。土産には、着替えにもなるTシャツやトレーナーがおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


ザイオン国立公園のグルメ・伝統料理

公園内で食事ができる場所は、主に宿泊施設の「ザイオンロッジ」に限られる。ここにはレストランの「レッドロックグリル」、ファーストフード店「キャッスルドームカフェ」がある。ファーストフード店では、ハンバーガーやホットドック、アイスクリームなどが気軽に買える。おすすめは、アメリカ料理を代表するハンバーガーとフレンチフライだろう。アメリカグルメに飽きたら、サウスエントランスの外側にあるタイレトランで食事するのもいい。 (2015年編集部調べ)

ザイオン国立公園のショッピング情報

ザイオン国立公園内のショッピングスポットは、公園内唯一の宿泊施設「ザイオン・ロッジ」のギフトショップだ。観光客の買い物の拠点は、サウスエントランスの外側にあるギフトショップやマーケット。無料シャトルバスも停車するので、滞在中はうまく利用したい。ゲートタウンであるスプリングデールから、ザイオン国立公園に向かう9号線沿いには、センスのよいギフトショップやホテル、レストラン、スーパーマーケットなどが点在する。 (2015年編集部調べ)

ザイオン国立公園の気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは、花が咲き乱れる5月、黄葉が美しい10月中旬〜11月。6〜9月は、日中の気温が30℃を超え、ナローズトレイルには最適だが、雷雨など天気が変化しやすい。服装は、トレイルの内容によって準備しよう。 (2015年編集部調べ)

ザイオン国立公園の人気ツアー

ザイオン国立公園旅行・ザイオン国立公園観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 18.50〜19.90万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
18.50
19.90

旅行代金: 17.10〜 18.50

燃油目安燃: 1.40

11日間

大阪発

テーマ情報

アメリカ合衆国 (ラスベガス、グランドキャニオン、モニュメントバレー他) ツアー

ホテル:
エクスカリバー
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

人気度

合算燃
目安
18.50
19.90

旅行代金: 17.10〜 18.50

燃油目安燃: 1.40

11日間

成田発

新着テーマ情報

アメリカ合衆国 (ラスベガス、グランドキャニオン、モニュメントバレー他) ツアー

ホテル:
エクスカリバー
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

2件ヒットしました (1旅行会社 18.50〜19.90万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top