ミッドウェイ環礁旅行・ミッドウェイ環礁観光徹底ガイド

ミッドウェイ環礁旅行・ミッドウェイ環礁観光徹底ガイド


ミッドウェイ環礁旅行・観光の見どころ・観光情報

北太平洋のハワイの北西にあるミッドウェイは、複数の島からなる環礁で、総称してミッドウェイ島、ミッドウェイ諸島、ミッドウェイ環礁などと呼んでいる。島の面積は狭く無人島だったが、軍事的には重要な場所で、太平洋戦争時には日米の制海権を巡るミッドウェイ海戦がこの島の付近で行われた。戦後はアメリカ軍の基地が置かれていたが、自然保護の立場から1996年に閉鎖されている。アホウドリやアジサシなどの繁殖地として知られ、稀少な生き物の観察がおすすめだが、現在はアメリカの海洋国家遺産として、島への立入りは制限されている。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ミッドウェイ環礁の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 USD 約10.5時間 約20時間

ミッドウェイ環礁旅行・観光の選び方

まれに動物観察とゴミ収集のボランティアツアーが催行される以外は、島は事実上立ち入り禁止になっている

アメリカ軍基地の閉鎖以降、一時的に観光客の受け入れをしていたが、それも2002年に中止。残念ながら、現在は観光客の立ち入りが禁止されている。それでも行きたい場合は、ごくまれに現地調査や、漂着ゴミの収集ボランティアツアーが行われることがあるので、それらの団体に連絡を取るか、ウエブサイトをこまめにチェックするしかない。その場合、ツアー期間は8日間で、ミッドウェイには7泊する。チャーター機で向かい、全食事付きなので料金は高めだ。(2016年9月編集部調べ)


現地ガイド発!ミッドウェイ環礁の観光最新情報

2015/09/24 大自然

数年に一度の限定ツアー? 一度は行ってみたい、海鳥の楽園ミッドウェイ諸島(後編)

ミッドウェイ環礁旅行イメージ-数年に一度の限定ツアー? 一度は行ってみたい、海鳥の楽園ミッドウェイ諸島(後編) 数年に一度の限定ツアー? 一度は行ってみたい、海鳥の楽園ミッドウェイ諸島(後編)

前編からの続きです。人がほとんどいないミッドウェイ島は、まさに動物天国。生き物は保護されており、観光客は釣りさえ禁じられているので、動物たちに警戒心はあまりありません。外敵となる補食動物もいないので、アホウドリたちはここでゆったりと繁殖活動ができます。ところが大きな問題が見つかりました。島や浜辺に散らばるペットボトルのキャップや使い捨てライターなどのプラスチックゴミです。浜辺にあるのは漂着ゴミでしょう。しかし島の内部まで、ゴミがたくさんあるのはなぜでしょう。このゴミは、いったい誰が出しているのでしょうか?続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ミッドウェイ環礁旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ミッドウェイ環礁観光情報が満載。
ミッドウェイ環礁旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。