page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

カリフォルニアのディズニーランドへはじめて行くなら、これは知っておこう(前編)


本場のディズニーランドへ行ってみよう!

カリフォルニアのディズニーランドへはじめて行くなら、これは知っておこう(前編) カリフォルニアのディズニーランドへはじめて行くなら、これは知っておこう(前編)

カリフォルニアのアナハイムにあるディズニーランド。日本にあるディズニーランドのファンなら、一度は行ってみたいと思う人もいるでしょう。ただし、そこは外国。行くにはどうしたらいいいか、ベストシーズンはいつか、どのくらいお金がかかるのかなどなど、気になることはいろいろありますよね。エイビーロードのツアー欄を探してみると様々なツアーがありますが、だいたい10〜15万円ぐらいのツアー価格が多いですね。これにチケット代や飲食費、お土産代がかかります。もしくは自分で航空券とホテルだけのフリープランを利用していくという方法もあります。アナハイムのディズニーパークでは、お隣のディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーも見て欲しいので、せっかく行くなら最低2日間はまるまる過ごして欲しいところです。

到着空港からホテルまではシャトルバスで

日本から行く場合、最寄り空港はロサンゼルス空港で、成田や羽田からは約10時間。ディズニーランドを観光のメインと考えるなら、ディズニーランド近くのホテルに泊まった方がいいでしょう。空港からディズニーランド周辺ホテルまでは、乗り合いシャトルバス(スーパーシャトル)が便利です。WEB予約ができ、約1時間で滞在先ホテルまで送ってくれます。料金は片道16ドルから(チップ別)。チップもWEB予約時に払えるようになっています。帰りは予約をしておけば、ホテルにピックアップに来てくれます。

時差ぼけは辛いが仕方がない

日本とアナハイムの時差はマイナス16時間。ハワイやアメリカ方面に行ったことがある方ならわかると思いますが、日本と昼夜が逆転しているので、着いた初日はかなり時差ボケが辛いでしょう。長時間のフライトで体も硬直しているので、体調も万全とは言えません。なので、できたら初日から張り切りすぎないほうがいいのですが、やっぱり時間がもったいですよね。悩ましいところです。

入園チケットの種類と料金は?

入園チケットの種類や料金は、公式ページ(日本語disneyparks.disney.go.com/jp/disneyland/tickets/)に出ています。両方楽しむなら2日券は必要ですね。レギュラーシーズンなら、1日券が大人110ドルなので、2日間行くなら2日券の199ドルのほうがお得です。また、チケットを「パークホッパー」にアップグレードすると、同日中にディズニーランドとカリフォルニア・アドベンチャーの両方のパークを行き来できます。ショーやパレードの時間に合わせて見たりするには便利ですね。この場合2日券だと244ドルになります。しかし、1日1パークだと結構忙しいし、また時差ボケもあるので、3日券ぐらいで挑みたいところです。

一般より1時間早く入れる特典とは?

「マジックモーニング」は、3日券以上についてくる特典で、火木土曜のうち、滞在中に1回だけ、一般より1時間早く入園できるというもの。これは試してみたいですね。他にもディズニー直営ホテルの宿泊客のみ実施している「エクストラ・マジック・アワー」という、やはり一般より1時間早く入園できる制度もあります。ただし曜日により入園できるパークが交互に変わるので注意です。(後編に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/01/31)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索