アトランタで本場さながらの飲茶に舌鼓

アトランタへは年に2〜3回ほど遊びに行くのですが、必ずと言ってよいほどランチに訪れるのがドゥルース(Duluth)というエリアにある「ゴールデン・ハウス(Golden House)」というチャイニーズレストランです。ここではランチタイムに飲茶(ちなみに英語では「ディムサン/Dim Sum」と言います)を提供していて、本場で味わうのと同様、バラエティ豊かな点心たちがワゴンに乗って運ばれてきます。

アトランタで本格的な飲茶を味わおう アトランタで本格的な飲茶を味わおう

香港出身の点心シェフが作る、絶品の数々

実はここ、インターネットのレビューや口コミで「おいしい」と評判のレストラン。それもそのはず、提供される点心はすべて、香港出身の点心シェフが作っているのだそうです。アトランタには他にもいくつかの飲茶レストランがありますが、「おいしいお店はどこ?」とアトランタ在住の中国人に訊くと、最初に名前が挙がるほど人気のレストランなのです。

派手な内装が、気分をさらに盛り上げる?!

赤いカーペットに赤いカバーのかかった椅子と、「これぞ中国!」と言わんばかりの派手な内装の店内。このレストランはお客さんのほとんどがアジア系なので、ここがアトランタではなく香港かどこかにあるレストランだと思わず錯覚してしまいます。案内されたテーブルに着いたら、席までやって来るワゴンを呼び止めてさっそく注文開始です。「これとこれ」、というように食べたい点心を指させば、ワゴン係のお姉さんがどんどんテーブルに置いていってくれます。

おすすめはエビ餃子、ごま団子も外せない!

いつもわたしが必ず注文するのは、小ぶりのセイロに入ったシュウマイや餃子などの点心。中でもプリプリの食感がたまらない、エビ餃子がおすすめです。後はちまきやチャーシューまん、ポークリブや青菜炒めなど、目に付いたおいしそうなものを好きなだけ注文します。そして〆のデザートは、あんこが入ったごま団子。表面のごまがとても香ばしく、無料で提供されるジャスミンティーによく合います。ちなみにスイート豆腐なるものもありますが、これは通常の豆腐に砂糖水をかけたもの。初めて注文した時は杏仁豆腐の味を想像していたので、そのギャップに驚きました。勇気のある人はぜひ。