アメリカのベーカリーはケーキ屋さん

日本のベーカリーではバラエティ豊かな惣菜パンが楽しめますが、アメリカのはとってもシンプル。べーグルやクロワッサン、シナモンロールが定番で、店頭に並んでいるパンの種類もさほど多くはありません。そう言えば、以前日本へ遊びに来たアメリカ人の友人たちをベーカリーに連れて行ったことがあるのですが、その種類の豊富さにびっくりされたことがありました。ちなみに彼らのお気に入りは「カレーパン」で、カレーとパンを組み合わせるというアイデアがかなり新鮮だったようです。

日本と同じ惣菜パンやケーキが楽しめる、韓国のおしゃれカフェ「モーツァルト」 日本と同じ惣菜パンやケーキが楽しめる、韓国のおしゃれカフェ「モーツァルト」

あんぱん、メロンパンが恋しくなったら

その後アメリカへ帰国した彼らですが、日本で食べて以来すっかり惣菜パンのファンになったらしく、アメリカでも買えるお店を探したそうです。そしてみつけたのが、韓国系のベーカリー「カフェ・モーツアルト」。すでにアトランタ在住の日本人の間では、「日本と同じ惣菜パンが買える」と評判のベーカリー&カフェだったらしく、メロンパンやあんばん、それにカステラなどがラインナップされて並んでいるそうです。さらに彼らの好きなカレーパンもあったとかで、「日本に行かなくてもいつでも食べられる」と喜んでいました。

まるで「アート」のようなケーキの数々

今度はアトランタを訪ねたわたしが、彼らに連れられて「カフェ・モーツアルト」へ。わたしが行った「スワニー(Suwanee)」店は、「Hマート」という大きな韓国スーパーと同じ敷地内にありました。お洒落で落ち着いた雰囲気の店内には、なるほど日本と同じ惣菜パンが並べられています。でもわたしの目を釘付けにしたのは、レジの横にあったショーケースの中のケーキたち。これこそ日本と同じ、繊細で美しく、食べるのがもったいないほどの完成度です。アメリカのケーキはとにかく大きくて、やたらと甘くて、しかもカラフルなクリームがたっぷりで。アメリカ滞在中はそんなケーキばかりを見ていたので、ここで出会ったケーキには感動すら覚えました。アトランタで日本のパン&ケーキが食べたくなったら、「カフェ・モーツアルト」がおすすめです。