「世界一」と言われる水族館へ行こう!

ダウンタウン・アトランタに位置するジョージア水族館は、810万ガロンの巨大タンク、総面積20エーカーを有する世界最大級の水族館。中でも「世界一」と言われる水槽「オーシャンボイジャー(海の航海者)」は圧倒的な水量を誇り、そのダイナミックな風景は必見です! ちなみにこの水族館、地元の名士であるバーニー・マーカス(アメリカのホームセンター『ホーム・デポ』の創業者)という人が、海のない町・アトランタのために2億5000万ドルを寄付し、建設されたもの。今では大人も子供も楽しめる、大人気の施設となっています。

ダウンタウンにあるジョージア水族館 ダウンタウンにあるジョージア水族館

圧倒的なスケールの巨大ウィンドウ

ジョージア水族館いちばんの見どころと言えば、世界一巨大な水槽「オーシャンボイジャー」。幅19.2m、高さ7.92mの巨大ウィンドウから見えるのは、さまざまな魚たちが暮らす海の中の世界。中でも水槽内をゆっくりと泳ぐジンベイザメの姿は、まさに「感動!」のひと言。わたしが見た時はちょうど餌の時間だったため、水面に人が乗ったボートが見えました。そしてそのボートの影の小ささといったら・・・。ジンベイザメがいかに大きいかを、改めて認識した瞬間でした。

魚たちが頭上を泳ぐ! 圧巻の水中トンネル

「オーシャンボイジャー」のもうひとつの見どころは、30.5mにおよぶ水中トンネル。大きなアクリルの壁から眺める海の世界は、まさに圧巻! そのスケールと美しさは、言葉では言い表すことができないほどです。ちなみにトンネル内の廊下は片側が移動式になっているので、頭上を見上げたまま進むことができます。

優雅に泳ぐ姿が美しい「海のカナリア」

ジョージア水族館にはジョージア州近郊の魚はもちろん、珍しい種類の魚たちもたくさんいます。中でもその美しいたたずまいに思わず見入ってしまったのが、歯クジラの一種であるベルーガ。大人になると白くなるそうです。まるで歌っているような声を発するため、「海のカナリヤ」と呼ばれているのだとか。あまりにも優雅に泳いでいるので、しばらく水槽の前で彼らの泳ぎを眺めていました。

ハイクオリティなイルカショーは必見!

屋内ステージで行われるのが、光と音を組み合わせたストーリー仕立てのイルカショー。子供はもちろん、大人からも大人気です。そのクオリティの高さは、イルカショーというよりはまさにエンターテイメントショーといったところ。かわいいイルカたちが大活躍するショーは、一見の価値ありです。