ダウンタウン西部、グランドパーク内に位置

1500頭にもおよぶ動物たちが暮らすアトランタ動物園は、ダウンタウン・アトランタから比較的近い、歴史的名所「グランドパーク」内にあります。実はここ、何かとスケールの大きいアメリカにおいてはやや小さめの動物園。総面積はおよそ16ヘクタールなので、日本の上野動物園や旭山動物園とほぼ同じくらいの広さなのです。とは言えアジアの森林からアフリカの平野まで、さまざまな環境で生きる動物たちを多数飼育。中でも動物園の人気者と言えば、なんといってもパンダ! かわいいパンダたちが暮らす「パンダ舎」は、いつも多くの人でにぎわっています。

かわいい動物たちがお出迎え! 人気のパンダに会いにアトランタ動物園へ かわいい動物たちがお出迎え! 人気のパンダに会いにアトランタ動物園へ

フラミンゴ、象、美しい鳥たちがお出迎え

正面入り口からすぐ、まず最初にゲストを迎えてくれるのが、鮮やかなピンクが美しいフラミンゴ。そのまま左へ進んでいくと、アフリカの平野で暮らす動物たちに出会えます。2ヘクタールのサバンナでは、ライオンやイボイノシシ、シマウマ、さらに絶滅危惧種のクロサイを見ることができますよ。またカラフルな鳥たちが暮らすバードハウスも必見です。

見応え十分! アメリカ最大級のゴリラ施設

アフリカコーナーの隣には、アメリカ最大級のゴリラの飼育施設があります。たくさんの緑が生い茂る施設では、20頭ほどのゴリラが飼育されています。動かずにただジッと座っているゴリラもいれば、活発に動いているゴリラもいてなかなか見応え十分。しばらく観察していると彼らの力関係が垣間見える瞬間もあり、かなり興味深いです。

パンダの親子が暮らす「パンダ舎」が大人気

そして動物園の北の端、「アジアンフォレスト」内にあるのがアトランタ動物園でいちばん人気の「パンダ舎」。ここはアメリカに4つあるパンダの飼育施設のひとつで、7頭のパンダが暮らしています(2015年5月現在)。ガラス張りになっている屋内では、パンダを間近に見ることも。わたしが訪ねた時はちょうど一頭のパンダがガラスの壁にもたれているところだったので、ガラス一枚隔てただけの距離で見ることができました。

動物と直接触れ合えるコーナーも

その他園内にはヒツジやブタ、カンガルーに餌付けができる「ふれあい動物園」もあって、こちらは子どもたちに大人気でした。ところで、わたしがアトランタ動物園を訪れたのは、午前中の早い時間。動物たちは日中をほとんど眠って過ごすそうなので、活発に動く朝がオススメです。