アトランタの公共交通機関「マルタ」

アトランタの観光に便利なのが、市内とその周辺都市を地下鉄と多数のバス路線で結ぶ「MARTA(Metropolitan Atlanta Rapid Transit Authority)」。アトランタ・ハーツフィールド空港にも直結しているので、着いてすぐこのマルタにお世話になる人も多いはず。ちなみに路線は全部で4つ。空港〜「ノース・スプリングス」駅間を結ぶレッド・ラインと、同じく空港〜「ドラヴィル」駅間を結ぶゴールド・ライン、「ハミルトン・ホームズ」駅〜「インディアン・クリーク」駅間を結ぶブルー・ライン、そして「バンクヘッド」駅〜「エッジウッド/キャンドラーパーク」間を結ぶグリーン・ラインです。

アトランタを観光するなら、便利で快適な交通システム「マルタ」利用がおすすめ! アトランタを観光するなら、便利で快適な交通システム「マルタ」利用がおすすめ!

最寄りの駅で「ブリーズカード」をゲット

まずは最寄りの駅に設置されている自動販売機で、「ブリーズカード(Breezecard)」を購入します。ちなみにカードには紙製の片道切符と(どこまで乗っても2.5ドル)、プラスチック製のワンデーパス(8ドル)、ウィークリーパス(15ドル)などがあります。その後は改札口にある読み取り機に、カードをタップするだけ。パスを購入すれば地下鉄やバスへの乗り換えもスムーズにできますよ。

近代的なデザインの駅構内、車内も清潔

アトランタでは車移動が多いわたしですが、先日宿泊ホテルのある「サンディー・スプリングス」駅から、「ワールド・オブ・コカコーラ」などがある「ピーチツリー・センター」駅まで初めてマルタを利用してみました。近代的なデザインの駅構内は、広い空間の割に利用客が少なかったからかとても静かで、ゆったりとした雰囲気でした。構内も車内もとても清潔で、座席は硬かったもののなかなか快適でした。

運行時間や気になる治安について

平日は午前4時45分から深夜1時まで、週末は午前6時から深夜1時まで運行しているマルタ。電車は平日の午前6時から午後7時までは10分おき、午後7時以降と週末は20分おきにやってきます。昼間は比較的利用者も多いようですが、夜間は人影もなくひっそりしているとか。またバスの場合は路線によってかなり治安の悪いエリアを通っているそうなので、いずれも夜間の利用は避けたほうが良さそうです。