全米で47店舗を展開する大型韓国スーパー

アトランタへ遊びに行く時、必ず立ち寄るのが韓国系スーパーのHマート。1982年、ニューヨークに第1号店をオープンさせてから、現在東海岸を中心に全米で47店舗を展開中。ちなみにアトランタのあるジョージア州には、全部で5店舗のHマートがあります。エリアによって多少大きさの違いはありますが、どのお店舗も十分な広さ。さすが韓国系なだけあり、アメリカのスーパーマーケットでは買えない野菜や果物などアジアンアイテムが目白押しです。

アメリカのスーパーでは手に入らない、日本&アジアンアイテム満載のHマートへ アメリカのスーパーでは手に入らない、日本&アジアンアイテム満載のHマートへ

Hマートに来たら、絶対に購入するもの

アメリカのスーパーマーケットにはないもの、それは豚肉や牛肉など日本のように薄くスライスされたお肉。一応「Thin cut」と明記されたものも売っていますが(精肉コーナーがあるスーパーでは、スタッフに言えばスライスしてくれるのですが)、それでも日本の薄さには及びません。和食を作る時、実はこうしたスライス肉を使用することって意外と多いですよね。アメリカへの長期滞在で自炊する機会があったら、ぜひ。

鮮魚もお刺身も、シーフードが満載!

もうひとつ忘れてならないのが、新鮮で豊富な魚介類。鮮魚はもちろんエビ、蟹など、アメリカのスーパーでは見かけないものがたくさん並んでいます。魚はスタッフに言えば捌いてくれるので、一匹丸ごと購入してもOKですよ。さらに充実した刺身コーナーには、まぐろやサーモンだけでなく、イカやタコ、イクラも。肉料理の多いアメリカの食事にちょっと疲れたら、ここでお刺身を買ってホテルで食べる、なんてこともアリ?

便利な雑貨、日本人の肌に合うコスメも

食料品だけでなく、炊飯器やしゃもじ、菜箸などアジアならではの雑貨も扱うHマート。韓国版「ダイソー」のようなショップも入っていて、便利なキッチンツールなど見ているだけでも楽しめます。さらにスキンケアを始めとするコスメ類は、日本人の肌にも合うものばかり。さすが「美容の国・韓国」なだけあり、化粧水から乳液、美容マスクに至るまで充実のラインナップとなっています。私自身アメリカのスキンケアアイテムには少々抵抗があるので、こうして韓国のものが買えるのは助かります。